杉原杏璃の結婚式報告!夫はドンの息子の周防で、顔画像あり

芸能
スポンサーリンク

タレントの杉原杏璃が2019年6月12日に挙式報告をしました。

杉原杏璃の夫は、芸能界のドンの息子「周防彰悟」氏と噂されています。

結婚式の様子と夫の周防彰悟氏の噂をまとめました。

スポンサーリンク

杉原杏璃 結婚式を報告

   出典headlines.yahoo.co.jp

杉原杏璃の挙式報告のニュースは、次のように報道されています。

 昨年10月に40代の大手音楽出版社社長と結婚したタレント、杉原杏璃が37歳の誕生日だった今月12日に東京・神田明神で挙式したことを翌13日付のブログで報告。「白無垢は人生初で着たことがなかったので、日本で、日本らしいことができて嬉しかったです」と喜びをつづった。

関係者によると、その後の披露パーティーには所属事務所の先輩タレント、大原かおり(43)をはじめ、グラドル仲間の葉加瀬マイ(32)、岸明日香(28)ら約100人が参列。ブログにはグラドル仲間や新郎も写った写真を掲載し、「大好きなグラビアのみんなも来てくれて嬉しかったです」と明かした

出典headlines.yahoo.co.jp

こちらが杉原杏璃さんの結婚式、披露宴に参列したグラドル仲間ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ANRI SUGIHARA(@anri.sugihara.anri)がシェアした投稿

岸明日香さんのインスタには、結婚式のことが書いてありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸明日香(@aspoo02)がシェアした投稿

スポンサーリンク

杉原杏璃 夫は周防彰悟?画像あり

杉原杏璃の結婚相手については、40代の音楽出版会社代表取締役としか報じられていません。

しかし噂では、バーニングプロダクションの周防郁雄社長の息子の周防彰悟(すほうしょうご)さんではと噂されていいます。

 

今までの報道を見ると、

「芸能界の実力者の1人のジュニアと結婚してしまったようです。そのジュニアは将来的には父親の跡を継いで芸能界を牛耳ることになりそうですが、おそらく、杉原は裏方に回って夫をサポートすることになりそう。今後、事務所から杉原の売り込みがあった場合、まず断ることは難しいでしょうね」(テレビ局関係者)

引用wjn.jp/article/detail/3234455/

 

 なぜ、素敵な相手がいながら結婚までに時間がかかったのか。

「相手の芸能プロの社長は業界の大物で、関係者周辺への挨拶回りなどの準備に時間が掛かったのでしょう」(芸能関係者)

引用www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/240411/2

 

杉原杏璃の結婚相手は、

1.年齢は40代

2.誕生日は入籍日の10月20日

3.大手音楽出版社社長

ということで、

周防彰悟氏は、1975年10月20日生まれの40代、

音楽出版社「バーニングパブリッシャーズ」の社長で、

条件に合うのです。

杉原杏璃の旦那である、周防彰悟氏が社長を務める「バーニングパブリッシャーズ」は、「バーニングプロダクション」の関連会社として、楽曲の著作権管理などを行っています。

 

周防郁雄社長は芸能界のドンと言われる人物で、その息子の嫁となれば、杉原杏璃は将来、バーニングの社長夫人になるわけですね。

 

ちなみにこの写真が、周防彰悟氏です。

スポンサーリンク

杉原杏璃 結婚式報告に世間の声は?

 

相手がかなりブラック

 

和にこだわるところは素敵な感性だと思います。

 

結局、周防の息子だからね。どうなるんだろう。

 

おめでとうございます。末永くお幸せに。

 

旦那様がブラックとこちらでも書かれていますので、
なんだか胡散臭い家庭というか夫婦になりそうな予感。
まぁ、本人達が良いなら良いのかな。。

 

杉原杏璃ちゃんおめでとうございます。幸せになって下さい。あなたは勝ち組ですよ。これからも応援します。

 

キレイじゃん!お幸せにね。

 

相手はバーニング、そしてバツ2、大丈夫か?と心配する人も多い

 

うまく玉の輿に乗れて良かったですね。

 

この人絶対社長と結婚すると思った。顔が意地汚い。

スポンサーリンク

杉原杏璃結婚式報告 おわりに

周防彰悟氏は女癖が悪くバツ2だと言われています。

杉原杏璃はどこまで我慢できるのか、初めからあきらめているのかわかりませんが、お幸せになって欲しいと思います。

 

そう言えば、杉原杏璃は株で儲けてセレブアピールしていましたが、裏はそういうことかなと思いました。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント