高岡早紀 自称28歳役がヤバい!サイコスリラー?「リカ」の動画は?

芸能
スポンサーリンク

高岡早紀の自称28歳役が話題になっています。

どういう事でしょうか?

動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

高岡早紀 自称28歳役

引用https://www.tokai-tv.com/rika/

高岡早紀 自称28歳役のニュースは、次のように報道されています。

女優高岡早紀(46)が2日、都内で主演連続ドラマ「リカ」(5日スタート、土曜午後11時40分)の制作発表に出席した。

高岡が演じるのは、経歴、現住所、年齢など全てを詐称する“永遠の28歳”雨宮リカ。運命の相手と信じた男性を手に入れるためなら手段を選ばない“恋愛モンスター”を描くサイコスリラー。第1部の全4話で小池徹平(33)が、第2部の全4話で大谷亮平(39)がターゲットとなる男性を演じる。

高岡は「何を言っても恥ずかしいんですけど“永遠の28歳”ということで、運命の赤い糸を信じて疑わない“恋愛モンスター”です。『28歳の役です』と言われた時から、どのような役になるのか想像もつきませんでした。一時は断ることも考えました。いろいろ悩みましたが、私が演じることでどのような化学反応が起きるのか、今までにない高岡早紀を見せられたら」と話した。

リカに迫られる医師を演じる小池は「ストーカーされて、どんどん追い詰められていく。リカの圧が、話を重ねる度にエスカレートしていて、すごく奇妙です」。リカとマッチングアプリで出会う、映画製作会社のプロデューサー役の大谷は高岡の目を見られなかったという。「リカのフィルターがかかって、高岡さんの笑顔の裏に何かあるんじゃないかと怖いです。リカの怖さにびびっています」と話した。

凄惨(せいさん)な場面が随所に出てくるサイコホラーだが、現場は明るいという。高岡は「リカを演じることで、私自身がおかしくなるのではと思いましたが、そんなことはありませんでした。明るく、楽しく切り替えられて、あ~、私も意外と大人だったんだなと思いました」と笑った。小池は、高岡について「普段はメチャクチャいい“姉さん”。気配りがあって、話しかけて盛り上げてくれる。ホラードラマなのに現場は盛り上がっています」と話した。

現在、46歳の高岡は28歳を詐称するリカを演じることについて「迷いとか不安を乗っけていくことが、リカをうまく演じることにつながるかと。自分を28歳だと信じ込んでいる経験を、28歳に落とし込んでいきたい」。リカの前髪を真っすぐに切りそろえた髪形は、高岡が自ら発案した。「体力は今更、28歳に戻れないので、髪形にこだわりました。誰にも好かれない、嫌われるしかない役ですが、彼女の悲しみだったり、怒りだったり、内面に秘めている深みの部分を感じ取ってもらえれば」と話した。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

高岡早紀 年齢は46歳

高岡早紀の年齢は46歳です。

役では「自称28歳」ですが、

どう見ても28歳には見えない設定です。

つまり「永遠の28歳」なわけです。

そこがサイコホラーなところですね。

スポンサーリンク

高岡早紀 雨宮リカ 動画

「リカ」の動画がアップされているので、見てみましょう。

 

スポンサーリンク

高岡早紀 自称28歳役 おわりに

高岡早紀の役はなかなかサイコです。

花山病院にやって来た謎の看護師。職歴や現住所、年齢など、すべて詐称。

好物はスパゲッティ・ミートソース。

男性への愛は一途そのものだが常に一方的。

運命の相手と信じた男と、自分だけの理想の世界を作ろうとする。

そのためなら、「障害物」とみなした相手を殺すことも辞さない。

「女は28歳で結婚し、家庭に入るのが一番幸せ」という結婚観の持ち主。

男性からの“自己肯定感”を満たしてくれる言葉には弱く、「運命の相手」だと勘違いしてしまう。

孤独な生活の中、心に闇を抱えたまま、毎回真剣に恋をしては生涯のパートナーを追い求めている。

引用https://www.tokai-tv.com/rika/

このドラマ、

かなり楽しみです!

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント