宇良 復帰がヤバい!怪我した動画は?原因は?過去の動画集

スポーツ
スポンサーリンク

大相撲の人気力士、宇良が復帰します。

宇良の過去の怪我の動画を見てみましょう。

また過去の動画もどうぞ。

スポンサーリンク

宇良 復帰

出典headlines.yahoo.co.jp

宇良 復帰のニュースは、次のように報道されています。

 右膝を再手術し長期離脱している大相撲の元幕内、西序二段106枚目の宇良(27)=木瀬=が5日、九州場所で5場所ぶりに復帰する意向を示した。「出ながら慣らしていけばいい」。希代の業師がいよいよ再起ロードを踏み出す。

胸も下半身もムキムキ。「準備しかしてこなかった」と長いリハビリで肉体は鍛え上げられた。相撲を取る稽古は10月末に福岡入りしてから再開。この日も三段目以下と約20番取って調整した。

「緊張しますよ」。稽古と本場所は違う。2度の手術。3度目はないだけに「ケガをしないように」と無事に場所を過ごすことが第一だ。

出典headlines.yahoo.co.jp

最高位が東前頭4枚目の宇良。

3度目は無いと言っていますが、

十分に鍛えてから復帰して欲しいものですね。

スポンサーリンク

宇良 怪我 動画

2017年の7月場所10日目に高安に敗れた際に右ひざを痛めました。

その後無理して夏巡業に参加しましたが途中休場。

2017年9月場所2日目の貴景勝との取組で膝を負傷し、

以降休場となり手術をすることになりました。

こちらがその時の動画です。

スポンサーリンク

宇良 2度目の怪我 動画

宇良は2018年9月場所で復帰しました。

復帰2場所目となった昨年の九州場所で三段目優勝しています。

しかし2019年の初場所、5番目の相撲での取組の際に、古傷の右膝を負傷しました。

この取組で古傷の右膝前十字靱帯(じんたい)を断裂し、

修復の手術を受けていました。

その後懸命なリハビリを行い復帰を目指していました。

スポンサーリンク

宇良 動画

高安との取り組みで宇良は膝を痛めましたが、

この取組は宇良の本領を発揮した一戦で、

観客からは大きな歓声が上がりました。

動画を見てみましょう。

宇良はスピーディーでアクロバティック、

多彩な攻め技を持って高安を切り崩しに行きました。

これだから宇良は人気がありますよね。

 

学生時代の宇良にその原点があります。

こちらの動画を見てください。

 

スポンサーリンク

宇良 復帰に世間の反応は?

かつて千代の富士が脱臼癖のある肩を筋肉の鎧で纏ったように素晴らしい下半身ですね
握力も120キロ近くあるらしいですし
1年後には関取に戻れるように頑張ってほしいです

 

年齢的に今からまた怪我すると厳しいから身体のケアをしっかりして頑張って下さい。

 

急激に体重を増やすことにはメリットはありませんし、そもそも宇良の身体には合わない。
相撲に合った身体を身につければ、大きな怪我は予防できます。宇良がいつか上で炎鵬や照強と激闘を繰り広げることを期待しています

 

宇良関、復帰おめでとう! 二度の重い怪我で腐らず、ホンマに苦しいリハビリを頑張り、無事に土俵に帰って来てくれてありがとう! 膝の怪我は完治は難しいので、緩んだ靭帯を筋肉で固めて、保護するしかないとの事、怪我した膝とうまく付き合いながら、技でカバーして欲しいと思う。地道にコツコツと勝ち星を重ね十両や幕内に戻ってくるのを宇良の取組を見れる事を楽しみに待っている。また相撲が取れる喜びを土俵の上で噛み締めてくれ!

 

アンチウェイトが根強い世界ですが、
個人的に好意的に見ています。
見せ筋はパワー負けする
柔軟性が悪くなる
筋肉のボリュームのせいで動きが制限される。
恐らく経験に裏打ちされた事ではあると思うんです。
ただ、半分正解で半分間違いなような、
そこまで突き詰められてないのでは?とも思ってしまいます。
朝稽古がほぼメインで、しこふんでぶつかりげいこして
あとは食って寝て体を大きくするトレーニング方法が
何よりも一番効率が良い鍛え方とか、納得し辛い部分がある。
脂肪と筋肉両方必要という特殊な競技ですが、
恐らく理想的なバランスがあると思うんです。
科学的なアプローチが遅れている世界なのもまた
事実なのではないかと、、、
伝統と化学融合してストイックに突き詰めた
超強い力士が一人くらい現れて欲しい。

 

あの動きはかなり身体に負担はかかっているはず。私もスポーツで膝の大怪我をして手術し復帰したが怪我前とは違いパフォーマンスがかなり落ちた。それを2度もしているので相当な怖さもあると思う。凄い力士なので期待はしています。頑張って下さい。

 

膝を怪我した時は毎場所体が大きくなってたから怪我の心配はしていました。
その矢先怪我をしてしまいました。
流石に大きくなるペースが早すぎでした。
もう体重は増やしたらアカンで

 

速攻主体の正攻法で相撲を取ればケガの心配も少なくなるし体力も温存できる。
かつての名横綱・栃錦もアクロバティックな相撲から速攻主体の正攻法に変えてからケガも少なくなって一気に横綱に駆け上がりました。
まだまだ終わってほしくない好感度バリバリの力士だけに、また幕内で暴れまくる姿を1日も早く見たいです。
頑張って!

 

アクロバチックな相撲だからケガしやすい。頑張って欲しいが無理な態勢での相撲は封じたほうが良い。時間かかるだろうが幕内に戻ってきてほしい力士ですね。

スポンサーリンク

宇良 復帰 おわりに

とにかく復帰はめでたいです!

しかし無理だけはしないで欲しいと思います。

もう昔のような取り口は難しいかもしれませんが、

長く見ていたい相撲取りとだと思います。

 
スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント