井上尚弥 カシメロ戦熱望がヤバい!テテをKOした動画は?ドネアより強いの?

スポーツ
スポンサーリンク

ボクシングバンタム級王者・井上尚弥が次戦にカシメロを熱望しています。

新王者となったカシメロの動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

井上尚弥 カシメロ戦熱望

出典headlines.yahoo.co.jp

井上尚弥 カシメロ戦熱望のニュースは、次のように報道されています。

 WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=が2日、次戦にWBO世界同級王者ジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=との3団体統一戦を熱望した。

暫定王者だったカシメロは30日(日本時間1日)に正規王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)を3回TKOで破って王座を統一した後、尚弥戦を熱望。尚弥もこの日、いとこの浩樹の試合が行われた後楽園ホールで「ターゲットにしています。ボクも。(大橋)会長にもやらせて下さいと言っています。ここまで来ると、ランカーと試合してもしらける」と要望したことを明らかにした。

11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝でノニト・ドネア(フィリピン)に勝利した後は、弟の拓真を破ったWBC同級王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)との対戦を希望していたが、「あれは拓真が行けばいい」と、今は拓真に雪辱を託す考えだ。契約した米大手プロモーターのトップランク社からは次戦は来春に米国で行う見通しを伝えられているという。カシメロは世界3階級制覇王者で、33戦29勝(20KO)4敗のハードパンチャー。実現すれば、KO決着必至の注目カードとなる。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

テテ vs ジョンリール・カシメロ 動画

それではチャンピオン・テテをKOして、

WBO世界同級王者になった、

ジョンリール・カシメロの試合を見てみましょう。

ジョンリル・カシメロは、フィリピンのプロボクサー。
元WBO世界ライトフライ級暫定王者、
元IBF世界ライトフライ級王者、
元IBF世界フライ級王者、
現WBO世界バンタム級王者。
3階級制覇をしています。

29勝4敗、20KOです。

スポンサーリンク

井上尚弥vs.ドネア戦 11R ダウンシーン 動画

井上尚弥とドネアの試合は、

初めて見る井上尚弥のピンチに興奮しましたが、

見事にKO勝利しました。

それでは勝敗を大きく決定づけた11Rのダウンシーンの動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

井上尚弥vs.ドネア戦 勝利!動画

 

 

スポンサーリンク

井上尚弥 カシメロ戦熱望に世間の反応は?

ドネア戦を見て「これなら俺もイケるかも」と思ってくれる選手が増えたのはむしろ良い事。スーパーフライ級の頃と違い、対戦相手との交渉はスムーズに行きそう。ただカシメロが一方的にボコられたら、また逃げる選手が続出しそうだけど…

 

テテが勝って当たり前みたいな空気だったけどそもそもカシメロの実績が凄い。ライトフライ級から飛び級含めバンタム級までの三階級制覇。井岡に黒星をつけたムエンロンにKO勝ち、そして今回テテにもKO勝ち。相手に不足なし。

 

まあ会長もできるだけ勝たせてやりたいと思うだろうがもう井上尚弥のやりたいようしてあげて。それで負けても悔いはないだろうし。ドネア戦なんてドキドキな試合だったし大場政夫の試合見ているようだった。

 

今まで対戦を避ける奴ばかりだったのに、この階級になってから真逆になったよなぁ…
やっぱり3階級制覇した新王者ってのが、かなりのアピールポイントだから、話題性も有るしいいんじゃないの?

 

観たいからありがたいけど、今は怪我の完治を優先させてください。

 

3階級制覇王者同士の戦いになるから話題性がある。いま考えられるベストカード。

 

カシメロは好戦的なスタイルだしスリリングで面白い試合になりそう!
アメリカで開催される次戦の相手にはもってこいだね。

 

はっきりいって井上の敵じゃない。もうバンタム級では相手できるのいないんじゃないか。

 

井上は直ぐ油断するから、そこ直さないといけない。ドネア戦も前半イケると勘違いし、フックを貰ったし、最近は焼肉ばかりで不摂生で油断している。元ボクサーに聞いたが、肉は胸肉が良いらしい。そこを直さないと…。ピンチに成りますよ

スポンサーリンク

井上尚弥 カシメロ戦熱望 おわりに

井上尚弥は防衛記録を伸ばすなら、

ランカーの弱い相手とノラリクラリとやっていれば良いのですが、

井上尚弥は強い相手とやりたがっていますので、

カシメロ戦は決まりだと思わます。

来年春と言われていますので、

今から楽しみです。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント