若槻千夏 激論がヤバい!動画は?モンペになった?

未分類
スポンサーリンク

若槻千夏が深夜の激論でモンスターペアレント化してるとネットで話題になっています。

動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

若槻千夏 激論

出典headlines.yahoo.co.jp

若槻千夏 激論のニュースは、次のように報道されています。

 第25回参院選で各放送局が生放送の特別番組を組む中、「news zero」の特番「zero選挙2019新時代の大問題」第2部にゲスト出演した若槻千夏の発言が“モンペ”(モンスターペアレント)的だと一時ネットは炎上状態となり、一夜明けて若槻が自身のインスタグラムで謝罪コメントを発表する事態となった。

同番組では参院選の激戦模様を深夜まで速報で報じる中、教員不足問題を特集。ある小学校では先生が一人辞めたことでトイレにも行けないレベルの深刻な教員不足となり、「午前7時半ぐらいに来て午後8時ぐらいまでは毎日残っている」「授業の時数が増えてやることがすごく増えた」「保護者対応が莫大に増えた」、また別の中学校では先生2人が産休と病欠で休んでいるため、「2年生の国語の授業ができない」「毎日だいたい12時間ぐらい学校にいる」「そもそも先生方のなり手が少ない」といった、教師たちの学校現場からの“悲鳴”が取り上げられた。文科省によると精神疾患による休職者が20年前の約3倍の5077人(小・中・高2017年度)にのぼるなど、厳しいデータも紹介された。

また、実際にスタジオにも現役教師がコメンテーターとして出演。業務が多すぎ2人分の仕事を1人の教員が抱えていたり、プライベートの時間も削って対応しているなど、過酷な状況をコメント。留守番電話等を活用して勤務時間外の対応をなるべくやめ、18時以降は電話に出なかったりしている、など教師の負担を減らす対応策について言及した。

そんな中、コメンテーターの一人として出演した若槻は、「何かあったらどうするのか。18時以降対応しないで、もし子どもが帰ってこなかったらどうする」などと教師に反論。教師は「それは学校の役目ではなく、たとえば万引きがあったら警察の役目、他に何かあっても親の役目と思う」と意見を述べるも、若槻は「寂しい。もし子どもが帰ってこなければ心配になってさがすが、見つからなかったら学校に電話する。(時間外なら)それも対応してくれないってことですね」と疑問を呈した。

若槻が「寂しい」といった感情論や「『ごくせん』観て育ったでしょ、みんな『金八先生』観たでしょ」とドラマを引き合いに出したこともあって、ネット世論は炎上状態となった。「教師が責任放棄を正当化して腹が立った」「義務教育の場合、帰宅前の保護責任は教師にあるのでは」「学校が勉強だけ教えてたら教師なんか全員クビになるだろ」「時間で決めるのは冷たい気もする」など、若槻寄りの意見もあるが、「学校に授業以外の意味はない、教師は授業だけきっちり教えてほしい」「保護責任は校舎を出るまで。だから親が通学路で見守りしてる」「帰ってこなかったら親が警察に相談して探すのが普通」「時間外報酬毎日10時間なら年収も億いける」「モンペ(モンスターペアレント)の特徴、何でもかんでも学校に求めすぎ」と、一夜明けても若槻に反対する意見が多数噴出している状況だ。

「時間の限られた番組で、コメンテーターにはどうしてもわかりやすい発言が求められます。それにともない、ネット世論もどうしても賛否が極端に分かれがち。若槻も教師の対応に『気持ちはわかりますが、別に減らせばいいところがあるのでは』『子どもの話になって熱くなってしまった』など、何が何でも全面的に教師の意見を否定したいわけではないようです。ただ、各ジャンルで働き方改革が問われる昨今、子どもかわいさの感情が先走って発言内容が時代に合っていない面があったのと、バラエティーではなく選挙特番ということもあって炎上したのでしょう。いずれにしても番組を観て議論が起きるのであれば、コメンテーターとしての役割は果たせたとも言えるのでは」と話すのは、スポーツ紙の40代男性記者。

(略)

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

若槻千夏 モンペ news zero 選挙 動画

若槻千夏がモンスターペアレント(モンペ)と叩かれたnews zero選挙速報の動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

若槻千夏 謝罪 インスタ

しかし騒動になり、

若槻千夏はインスタでこの番組での発言を謝罪しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

news zero における発言について この度は、自分の発言により、 先生や先生に関わる方々、 また視聴者の皆様に 大変不快な思いをさせてしまう内容に至ってしまいました。 軽はずみな発言を反省しています。 私の発言の意図は、 「先生の負担を増やしたい」 「先生に過重労働をして欲しい」 「先生に自分の子供の責任をおしつける」 という意味では全くございません。 毎日ご一緒する 先生方のとの繋がりが、 子供達や保護者にとっての 安心のよりどころになっている事もあり、 そこをきっぱり割り切ってしまわれるというお話に対して、 一個人として、 悲しさを覚えてしまったのは事実です。 ただ、このような発言が、 過重労働で大変な思いをされている 先生方の心や身体の負担に繋がり、 そのようなプレッシャーから 先生になりたい方が減少してしまうという 日本の「教師」という職業の 現実問題と大変さを改めて痛感しました。 課題になっている「教師」いう職業の現状の労働環境をしっかり理解して、 先生方の負担をどうやったら減らしていく事ができるのか? 自らも意識して考えていこうと思いました。 この度は 私の軽はずみな発言から 一生懸命働く先生方達を傷つけてしまった事、 心から申し訳ないと思っています。 丁寧なご指摘感謝いたします。 これからも、 未熟な私にご指摘宜しくおねがいします。

若槻千夏さん(@wakatsukichinatsu)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

若槻千夏 激論 おわりに

深夜の激論でちょっと興奮されたのでしょう。

今後、若槻千夏の教育論を聞いてみたいと思いました。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント