テレ朝 やらせ謝罪がヤバい!「10万円でできるかな」のやらせ暴露

芸能
スポンサーリンク

テレ朝がやらせを謝罪しました。

「10万円でできるかな」のヤラセは2点ありました。

スポンサーリンク

テレ朝 やらせ謝罪

テレ朝 やらせ謝罪のニュースは、次のように報道されています。

 テレビ朝日の亀山慶二社長は25日の定例会見で、バラエティー「10万円でできるかな」(月曜後8・00)について“やらせ”を指摘したデイリー新潮報道に対して、「これは不適切な演出であり、視聴者の皆様、関係者の皆様には深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

テレ朝 やらせ謝罪の理由は?

テレ朝が「10万円でできるかな」のヤラセ問題で、

謝罪したのは次の2点のヤラセについてです。

 同番組はKis-My-Ft2が10万円を使って体を張ったロケに臨み、サンドウィッチマンがVTRを検証する内容。深夜放送時代の企画「10万円ランド」では、10万円で土地を借りてキノコ栽培を試み、キノコが育たなかったため、スタッフがスーパーでシメジを購入し、接着剤で地面に張り付けていた

また「宝くじ企画」では事前に10万円分以上の宝くじを購入したことがあったが、「当たりの傾向や法則を少しでも確認し、スクラッチの開け方をどう見せるかなどを検討するため」と釈明。「本番では新たにロケ中に購入したスクラッチ宝くじを使用しており、事前に傾向と法則の確認のために削ったスクラッチ宝くじを実際の撮影で使用することはありません」とした。

スポンサーリンク

10万円でできるかな ヤラセ発覚?

テレビ朝日 報道否定のニュースは、次のように報道されています。

 月曜日のゴールデン帯に概ね隔週で放送される「10万円でできるかな」(テレビ朝日系)は、Kis-My-Ft2(キスマイ)とサンドウィッチマンをレギュラーに起用した人気バラエティである。キスマイとゲストらは、資金10万円を元手に試行錯誤し、その様子をスタジオのサンドウィッチマンが盛り上げる……という趣向だが、そんな番組の根幹を揺るがすヤラセが発覚した。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

10万円でできるかな ヤラセの手口は?

いったい「10万円でできるかな」で、

どんなヤラセをやったのでしょうか?

ヤラセが明るみに出たのは、番組の人気企画のひとつである「宝くじ」を買うチャレンジ。ナンバーズ、スクラッチなどを購入し、どれだけ当たるかを検証するというものだが、実際は10万円の数倍の資金が費やされていたという。

「私達スタッフはチーフディレクターの指示で、当たりくじを仕込むため事前にスクラッチを買い込み、削る作業に当たっていました」

と証言するのは、昨年7月15日に放映された「スクラッチ宝くじ削り旅」回でやらせに加担した番組関係者である。この時は東山紀之らのゲストチームとレギュラーのキスマイチームがそれぞれ5万円のくじを買い、当選額を比べるという企画だった。

この関係者がスクラッチ削りを指示された理由はというと、

「削り続けるうち当たりがおのずと見えてくる。つまり、全部を削る前にどこにどの柄が出たら当たりになるかという“法則”が見つかるのです」

あとは法則に関わる箇所だけ処理して、当たりと分かるくじは削る余地を残したうえで、撮影用に“ストック”していたという。こうした仕込み作業には、本来の資金10万円の数倍の額が注ぎ込まれたという。

もっとも出演陣に対しては、

「『手間を省くため途中まで削っておきました』と、当たりが確実な“ストック”と、買ったばかりのくじとを差し替えていたのです」

というから、キスマイやサンドの2人には、こうしたからくりは知らされていなかったようだ。

スポンサーリンク

テレ朝 やらせ謝罪に世間の反応は?

宝くじで10万円かって必ず元が取れるなら、宝くじは廃業ですよ。

宝くじの還元率は45%で毎回元が取れてるってどう考えてもおかしい事。

 

この手の「〇〇チャレンジ」とかって実験・検証とかがうまくいかない場合は多々あるはずだよね。
他局だと普通はその後スタッフが出来るまでやってみた~的な映像を最後に入れて番組を成立させてた印象だけど、テレ朝はフェイクに強いこだわりがあるんだろうなあ。

 

バラエティ番組だから、この手の「ヤラセ」も「演出」ということで済まされるならば、ほとんど全てのバラエティ番組は「演出」と言い訳ができる。
例えば、グルメレポートなんてタレントが突然店に入って交渉しているような「演出」かもしれないし、街中のアンケートやインタビューだって、番組の主旨に沿った意見だけを放送するような「演出」かもしれない。
ひょっとしたら「ポツンと、、」だって予め住人に撮影の了承を得ているかもしれないし、疑いだしたらキリがない。

 

スーパーでシメジを購入して接着剤でつけるってもう何でもありだな。テレビのドキュメントでストーリーっぽくなってるのはほぼ台本があるんだろう。そりゃテレビ離れも進むよ。

 

「スタッフが頑張って成功しました」「今回は無念に終わったが、次の機会があるならまた挑戦してほしいものだ」みたいにナレーション入れて終わればいいのに。
だって視聴者が見たいのって成功したかどうかじゃなくその過程じゃないの?結果だけ知りたいならずっと見てないよ。それこそ今の時代番組終了後にちょっとネット検索すれば結果だけならいくらでも知れるし。

 

特番で観て胡散臭い番組だなと思っていた。10万で勝てる程、宝くじは甘くはない。ヤラセは無くても過剰な演出はあったはずである。
いちいち宝くじを並べる必要はないはずだと思っている。

 

製作現場の判断力が完全に失われているね。内容は下らないが実際は根の深い問題だと思う。現場の体制から変えないとまだまだ起こると思う。

 

こう言う時は変に脚色せずに「頑張りましたがキノコが育ちませんでした」で良いと思う。
自然に左右される物は映像が撮れなかったり結果が残念であっても見ている側も『まぁ、自然だからしょうがないよね。』でちゃんと納得してくれる訳だから、無理をして映像を取ろうとしない方が良いし、むしろそれが当然で当たり前だからね。

 

タカトシの路線バスのロケを見たことがあるが、ギリギリにバスに飛び乗って、、、という感じでロケしてたが、そこは1時間に何本もバスが来るバス停で、しかも歩いて行けるような距離ですぐ降りていた。
地元の人が見れば明らかにおかしい。よく平気で放送するなーと思っていた。
これも「演出」の範囲なのか。

スポンサーリンク

テレ朝 やらせ謝罪 おわりに

昔のテレビはもっとヤラセがひどかったと思いますが、

昨今は厳しい目にさらされるので、

この演出もヤラセと認定されても仕方ないですね。

今の時代に合わせるために、

接着剤で貼っちゃいましたー、

実はスクラッチこんなに買って検証していましたー

と暴露するのもアリかと思います。

視聴率は厳しくなると思いますが。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント