阿部寛 夏川結衣がヤバい!まだ結婚できない男、視聴率悪い理由は?

芸能
スポンサーリンク

「まだ結婚できない男」が苦戦中?

やはり夏川結衣が出てこないから?

スポンサーリンク

阿部寛 夏川結衣

阿部寛 夏川結衣のニュースは、次のように報道されています。

 阿部寛(55)主演「結婚できない男」の13年ぶりとなるシリーズ第2弾「まだ結婚できない男」(関西テレビ制作/フジテレビ)が放送中だ。偏屈で独善的な皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家を演じる阿部ちゃんの面白さは相変わらず……だが、何かが足りない、と思わせるのはなぜなのか。

スポンサーリンク

「まだ結婚できない男」 視聴率は?

「まだ結婚できない男」の初回視聴率は11.5%、

第2話7.7%、

第3話10.0%

2話が苦戦した理由は、

男子バレーボールW杯放送で1時間以上繰り下げ、

裏番組はサッカーW杯の2次予選でした。

 

前シリーズの平均視聴率は16.9%でした。

スポンサーリンク

「まだ結婚できない男」 問題はキャスティング?

「今回は、基本的に前シリーズと同じキャスティングですが、変わったのはヒロインたち。前シリーズで阿部ちゃん演じる桑野に、好意を寄せる女性は3人いました。この3人がいずれも今回は出演していません。」

 

ヒロインのキャスティングに問題があるのでは?と記事は指摘しています。

 

前作のキャスティングと今作のキャスティングを比べると?

 

国仲涼子が深川麻衣

夏川結衣が吉田羊

高島礼子が稲森いずみ

になっています。

スポンサーリンク

「まだ結婚できない男」 問題は、阿部寛の加齢?

「そして、阿部ちゃんです。当時、42歳で独身だった阿部ちゃんが『結婚できない男』を演じるということで、“地でいける”と話題にもなり、ドラマもコメディとはいえ、リアルさが生まれました。しかし、ドラマが終了して2年後の08年に彼は結婚。もちろん、めでたいことなんですが、結婚してしまった阿部ちゃんが『まだ結婚できない男』を演じてもねえ、という気にもなりますね」

出典headlines.yahoo.co.jp

 

阿部寛は前作44歳でしたが、現在は55歳です。

さすがに55歳だと笑えない、という所でしょうか。

スポンサーリンク

阿部寛 夏川結衣に世間の反応は?

吉田羊は夏川とは違った魅力かあるし、存在感もさすが。
国仲涼子の役回りをなぜ深川?
全く存在感もないし、演技もヘタ。
キャスティングミスはここでしょ。

 

いろいろ感じるけど、ダントツは深川のキャスティングミスやと思う。演技がもひとつでもビジュアルでカバー出来てたらいいけど、そこももひとつやから全く合ってない。

 

配役もだけど脚本が少し違うかなって感じ。
桑野さんがかなり積極的に人との関わりを求めているように見えるのが違和感強い。
13年経ったから性格に変化があったと言えばそれまでだけど、前シリーズの素晴らしい最終回を壊してまでも続編をやるならもっと良い作品にして欲しかったかな。
まだ序盤だからこれからに期待はしてるけど。

 

前作は完璧すぎましたね。エンディングも非の打ち所がない。仕方ないですね。

 

今の時代に前回の数字と比較するのは違うと思うけど
それでも内容的に物足りない
夏川さんだけじゃなくて隣人の国仲さんと対等な関係の仕事仲間の高島さんの不在が大きい
事務所でもせっかく塚本くん続投でも、若い子とただ遊んでるみたいな描写で前回みたいな感じもないし

 

面白いです。面白いんですけど、大きく違和感があるのが桑野が桑野じゃない・・・前作だと人と関わりたくない、一人でいたいが前面に出ていて、もっとクールでしたね。そんな桑野が時折ポップになってしまうから面白かったんですけど、今回はずっとポップですよね。そして大事なのが仕事に対する部分で、家族の生活空間をとても重視していた気がします。若干そこが変化してしまっていて、筋が通っていない気が・・・まあ10数年経っているわけですからしょうがないとは思いますが、土台が揺らぐと全体がずれるので、まさしく建築のようであります。はい。

 

俳優というお仕事なんだから、役柄と私生活は結びつけなくてもいいのに。
設計事務所に出入りしている桑野さんを嫌う若い子が不愉快に思える。
何だか昔の昼ドラを思わせる軽さ。
13年前のドラマとは全然違う感じがする。

 

夏川さんの出演は最終回のサプライズと見た。
それとは別に、夏川さんが演じた早坂?先生が
富豪と結婚したとかいうウワサはガセであってほしい。あの先生のキャラじゃない。

スポンサーリンク

阿部寛 夏川結衣 おわりに

一作目と連続性があるドラマなのに、

その後の関係が描かれずに、

また新しいヒロインですから、

もやもやしている人も多いと思います。

もういっそ別の世界観でやったら?

という意見もありますね。

でもまだ始まったばかりですのでこれからですね。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント