岡平健治 現在がヤバい!10代は無敵だった!19解散、その後は?

芸能
スポンサーリンク

「19」の岡平健治の現在が話題になっています。

19解散の理由は?

現在はお金持ちになっていた?

スポンサーリンク

岡平健治 現在

1999年、岡平率いる「19(ジューク)」は「あの紙ヒコーキ くもり空わって」で一世を風靡しました。

岡平健治は現在、実業家として活躍し、当時を上回る収入を得ています。

スポンサーリンク

岡平健治 19解散理由は?

「10代って、“無敵”じゃないですか。みんなも、そうだったはず」
岡平健治は中学からプロミュージシャンを志し、高3で出会った岩瀬敬吾とフォークデュオ「少年フレンド」を結成。
その後、イラストレーター・作詞家の326(ミツル)を引き入れて1998年に「19(ジューク)」としてデビュー。2枚目のシングル「あの紙ヒコーキ くもり空わって」が大ヒットし、デビュー2年目で紅白歌合戦出場など、華々しい実績を残した。

しかし2002年2月、人気絶頂時だったにも関わらず同年3月で解散することを突如発表した。結成からわずか3年4ヶ月。

19の解散理由は、

いきなり売れ過ぎたためでした。

岡平の話です。

「ファンのみんなにはいまでも、申し訳なかった思いはあるんです。気持ちとしては長く続けたかったけど、めまぐるしい毎日の中で、何も考えられないほど忙しくて……いちばんいいときに、ケジメをつけてやめてしまった。あれほどのムーブメントを起こして、あれ以上の楽しい時間はなかったですよ」

スポンサーリンク

岡平健治 なぜ経営者に?

19解散後の岡平健治はバンド活動をしていましたが、

なぜ経営者になったのでしょうか?

岡平健治は現在、「RockFord Records」という不動産会社の会長をしています。
ライブハウスをはじめ、スタジオやカフェバーなど全国に計5拠点ある不動産を経営しています。

19解散後、バンド「3B LAB.☆S」を結成しますが、
所属レコード会社から契約終了を告げられ、
岡平自身もバンド活動を終了しました。

2010年にRockFord Records株式会社を設立し、千葉をはじめ、3B LAB.☆Sのメンバーを社員登用した。一方、自身はソロベストアルバムをリリースし、2008年以降も毎年自走ツアーを続けるなど、精力的に音楽活動を続けた。

スポンサーリンク

岡平健治 現在に世間の反応は?

そうですよねぇ。その分野の真の実力者が表向きの勝者にならない事っ往々にしてあるなぁって思います。いわゆるシガラミとかの方が大きく影響する事が多いとも感じます。
この記事を読んで良かったです。

 

当時の人気は確かに凄かった。そして解散も急過ぎた。ただ、バンド・デュオは本人達の気持ち・考えが通い合って成立しないと、上手くやっていかないからな。こればかりは、第三者があーだこーだ言えない事だ。

 

19の曲ほんとに好きでした。当時中学生で、果てのない道を爆音で聴いてたな〜。青春だった!もちろん今も好きです!テレビで19の曲が流れてくると、テンションあがります。

 

結局は成功なのか分からないよね。
同じようなコンセプトのバーあったけど足を運んでまでってニーズに合わず潰れました。
この人は恵まれてるのだと思う。

 

初めて曲を聞いて
弾きもしないギターを買いに行き
弾くきっかけになった人
ライブに行くようになり
そこでは友達がたくさんでき
恋人と出会いました
別れてからも友達で
その彼女も今年結婚し、
自分の事ようにとても嬉しかった
健治の曲の中で全て表すことのできる
何年経っても一生青春です

 

なんかいつのまにか解散して、いなくなってしまった。
あの青春も夢だったんじゃないかと思う。
そんな感じがある。

 

こういう人生は、個人的には憧れる。
憧れるけど、音楽やエンタメの世界はやっぱりヤクザな世界なのでどこから横やりが入ってどこから邪魔されるかわからない。
なかなか夢だけではできない話。ミュージシャンが居住するビルを持ってるとのことですが、ごめんなさい、もうオッサンになった今の僕から見たイメージはエッチと酒と薬物の拠点、というイメージになっちゃいます・・(笑)。
ミュージシャンって、性格的にはだらしなくて、変なところに固執してゆがんでる人が多いですからねぇ(笑)

 

よくわかんないな。前は再結成したいようなことをテレビで匂わせていたから期待してしまっていたんだけど…

 

かねてから二十歳になったら解散って宣言してたしな。

スポンサーリンク

岡平健治 現在 おわりに

またどこの潮目が来たら再結成も良いと思うのですが、

またその時を期待します。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント