ビビット 後番組決定がヤバい!志らくの「グッとラック!」スタート

芸能
スポンサーリンク

ビビットの後番組が決定しました。

立川志らくが朝の顔になります。

動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

ビビット 後番組決定

   出典headlines.yahoo.co.jp

ビビット 後番組決定のニュースは、次のように報道されています。

 落語家、立川志らく(56)が30日スタートのTBS系情報番組「グッとラック!」(月~金曜前8・0)でMCを務めることが1日、分かった。現在、コメンテーターを務める同局系「ひるおび!」(月~金曜前10・25)にも引き続き出演。新番組でも持ち味の毒舌でニュースを斬る。“令和のご意見番”は「とにかく思ったことを自分の言葉にして伝えていきます」と意気込んでいる。

歯にきぬ着せぬコメントで話題の毒舌落語家が、TBSの“午前の顔”になる。

「グッとラック!」は、10月改編により4年半で幕を閉じる「ビビット」の後番組。月~木曜は午前9時55分から放送されている料理番組「おびゴハン!」も終了し、午前8時~10時25分の約2時間半にわたる生放送で、家庭的なネタから社会派ネタまで、さまざまなニュースを届ける。

この新番組のMCに抜てきされたのが、高座だけでなくテレビでも“舌好調”の志らくだ。2016年10月から「ひるおび!」の午前の部にコメンテーターとして出演。その舌鋒(ぜっぽう)鋭い発言が度々ネットニュースになるなど“令和のご意見番”として注目を浴びている。

制作側はこうした“発言力”に期待。正木敦プロデューサーは「平日は毎日『ひるおび!』に出演されている志らくさんですが、ご本人いわく『まだまだ話し足りない!』とのこと」と起用理由を明かし、「各方面からご指摘、ご指南、ご批判を頂戴すること、覚悟しております」と話す。

志らくは放送終了後、これまで通り「ひるおび!」に出演。立て続けに生放送をはしごするのは極めて異例で、今後は「テレビ番組出演本数ランキング」でも上位に食い込みそうだ。

平日の午前8時台といえば、フジテレビ系「とくダネ!」など人気番組が並ぶ激戦区。志らくは新番組に向けて「私のポリシーとして嘘をつきたくないので、今回始まる番組でも思ったことをそのまま視聴者のみなさまに伝えていきたい」と意欲をみせる。「そのコメントに喜んでくれる方、ご立腹される方もいるとは思うのですが、素直な気持ちで発信できれば。言葉を生業としている者ですが、精いっぱい真面目に取り組んでまいりたいと思います」と真摯に臨む覚悟だ。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

グッとラック! 動画

「ビビット」が終了し、「グッとラック!」がスタートしますが、

さっそく制作の情報が動画で出ています。

スポンサーリンク

ビビット 打ち切り理由 視聴率

引用tbs.co.jp

TBSの『ビビット』は打ち切りです。

視聴率戦争で他のワイドショーに比べて一人負けいしているからです。

 

羽鳥慎一アナが司会を務める『モーニングショー』(テレビ朝日系)の視聴率8%前後、

『とくダネ!』(フジテレビ)と『スッキリ』(日本テレビ系)が6%

『ビビット』が3%台

スポンサーリンク

ビビット 後番組決定に世間の反応は?

個人的にはなぜこの人に需要があるのかよくわからない。

 

志らくさんは朝向き&司会には向いて無いと思う。従来のコメンテーターで十分だと思う。

 

MCは調整力が求められるから自分の意見は前面に出せなくなる。カットごとにコメンテーターを主役にしてあげて、それでいてMCのカラーを番組に持たせる技量が求められるから、ストレスがすごいよ。この人の最も苦手とする立ち振る舞いだね。そのストレス抱えたままひるおびで発言するわけだから、暴言の頻度は増え、恵と険悪になり、スタッフや局と一悶着という行く末で空中分解かな。TBSはまたまたまたこの時間帯を定着できないことになります。

 

MCは無理があると思う
コメンテーターは好き勝手言えるけど、MCはそれをまとめないとね
コメンテーターの発言は一方方向じゃなくて正反対の意見も聞いてまとめる必要があるのに、MCが一方的な意見だけを推したら番組がまとまらないよ

 

国分さんのビビットより
数字取れないと思う
朝に見たい人じゃないし仕切れないと思う

 

日中に長々と見たい顔ではない

 

本業をメインに置くのが一番だと思うけどなぁ。

 

別に朝からMCとして見たい顔ではないが・・。
本業の落語の方も頑張って下さい。

スポンサーリンク

ビビット 後番組決定 おわりに

はっきり物を言うタイプですから、

好き嫌いが別れると思いますが、

志らくさんが朝の顔になります。

「グッとラック!」は9月30日からスタートです。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント