「ひねくれ女のボッチ飯」5話のネタバレ&感想【あらすじ】(タイ料理でひねくれる)

TV番組・映画
スポンサーリンク

飯豊まりえ主演のドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」、5話のネタバレ、感想、あらすじをまとめました。

スポンサーリンク

「ひねくれ女のボッチ飯」5話あらすじ(タイ料理でひねくれる)

嘘が苦手な川本つぐみ(飯豊まりえ)、バイト先のコンビニで客の新沼聡子(鈴木亜美)に正直に喋り過ぎて失敗してしまう。店長の三好哲也(ダンディ坂野)が取り繕うも、聡子は帰ってしまう。バイトの先輩岡林早苗(片桐はいり)に「嘘も必要」と諭されるも、納得できない。

そんな時、ホワイトホースこと白馬の王子のインスタが更新された!
「ビューティフルライ」というポエムとともにアップされたのは、見たことのない魅力的なタイ料理。夜道、つぐみはその店に導かれていく。つぐみは、大人の階段を一歩上がっていくように、店への階段を上がっていく…。

引用https://www.tv-tokyo.co.jp/hinekure/

スポンサーリンク

「ひねくれ女のボッチ飯」5話のネタバレ

コンビニ店員の飯豊さん、お客様に「この大福は、美味しい?」と聞かれて、答えられない。なぜなら、食べたことがないからという、素直さは今の時代に生き難い正直さでもある。美味しいですよ!柔らかくて、甘さも程よくてと云えない彼女の真っ直ぐさが良いです。そんな彼女に店長や先輩パートさんは、嘘も方便!と、アドバイスするのも解ります。

 

そして今回も王子からインスタがアップされ、浅草にあるタイ料理店。入口が狭い2Fの店で、大人の階段を登ると懐かしいフレーズの言葉と共に、タイ料理に挑戦。王子が頼んだノンアルコールのカクテルと、パクチーの香り豊かなヌードル。店内はタイ人のカップルで、ちょっとうらやましい気分。ドリンクの甘さと、ヌードルの辛味、その後に頼んであったタピオカクレープのココナッツアイス添えで、満たされる飯豊さん。苦手なパクチーも克服!タイ人のカップルはサプライズなのか?プレゼントを男性が彼女に渡すシーンを見て、言葉がわからないのでうらやむ気持ちだったが、実は借金の申し入れ?というオチが面白い。

 

まだ見ぬ王子のおかげで、ちょっと気分が大人になった?飯豊さんがコンビニの大福のPOPを作り、おすすめ!と、彼女が変わっていく姿が印象的でした。

スポンサーリンク

「ひねくれ女のボッチ飯」の5話感想

スポンサーリンク

「ひねくれ女のボッチ飯」を無料で観る方法」

「ひねくれ女のボッチ飯」は、動画配信サービス「Paravi」を使えば無料で視聴できるのです。

 

Paravi(パラビ)は国内最大級のドラマアーカイブ数の動画配信サービスで、

 

会員登録から14日間は会費が無料で視聴できるのです。

 

14日を過ぎると、月額1017円(税込)です。

 

こちらが2021年7月現在配信されているドラマの一部です。

 

「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。

 

無料でもらえる600円分のポイントを使って、マンガの最新作やアニメ、映画を無料で楽しむことができるのです。

 

解約はトライアル期間中ならいつでもOKです。料金は発生しません。

 

こちらが2021年7月現在配信されているドラマの一部です。

 

 

Paraviに登録すれば、今すぐに見放題のドラマやアニメ、映画が視聴できます。

登録には電話番号なども不要で3分あれば終わりますし、2週間以内に解約すれば1円もかからないので、今すぐParaviを視聴してみてください。

 

TV番組・映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント