「#家族募集します」3話のネタバレ&感想【あらすじ】

TV番組・映画
スポンサーリンク

重岡大毅主演の「#家族募集します」第3話のネタバレ感想、あらすじをまとめました。

スポンサーリンク

「#家族募集します」3話のあらすじ

 

めいく(岸井ゆきの)と大地(三浦綺羅)親子が暮らし始めて賑やかになった“にじや”。 なんだかんだ言いつつも、俊平(重岡大毅)と礼(木村文乃)も頻繁ににじやに顔を出すようになっていた。蒼介(仲野太賀)は、俊平と礼に、改めて「ここで一緒に暮らそう」と提案!しかし、礼は「誰にも頼りたくない」と蒼介の申し出をあっさり却下。一方の俊平も、みどりと一緒に住んでいた家を引き払う気にはなれず、にじやに住むことをためらっていた。

俊平は妻・みどり(山本美月)が亡くなったという事実を、息子・陽(佐藤遙灯)に伝えることができず、思い悩んでいた。そんな俊平の思いを汲み取ったにじやの面々は、お節介な蒼介を筆頭に、それぞれの方法で俊平に寄り添うことに。

“家族”の優しさに背中を押され、俊平は陽に向き合おうと心に決めるが……

引用https://www.tbs.co.jp/kazokuboshuu_tbs/story/ep2.html

 

スポンサーリンク

「#家族募集します」3話のネタバレ

未だに、妻【ママ】の死を伝える事が出来ていない、100日と1週間の日々。言わなければならない気持ちと、先延ばしにしてしまっている現実。蒼介は、お好み焼きの繁盛の為に子供向けパンケーキ風お好み焼きを披露したが、みんなの評判はいまいち。

 

 

俊平、礼、めいく達の繋がりも少しずつ深まりつつあり、お互いがお互いを思いやりつつある。みんなが一緒に助け合い、一緒に生活をすることで家賃の軽減とお好み焼き屋の家賃収入も期待しつつ、そして家族のような関係を築きたいと思っている蒼介。

 

 

子供の気持ちを考える3人のシングルの親たち。ママの死を伝えられるのか?自分自身が、逃げているだけではないのか?自分をガードしているような礼、大らかに振る舞っている、めいく。礼の娘の雫は、幼稚園でみんなとの食事を家族ということで、彼女の閉ざした気持ちに変化が少し現れる。子供同士の共有している時間、子供同士の絆も生まれてきた。

 

 

礼が蒼介に、自分の考えではなく調べた結果「真実を正直に伝えることが重要」と書かれていたことを伝え、どう伝えるかより伝えた後の方が重要だとお互いの今を考え発言した。そして、みんなに見守ってもらう中で、陽にママの死を告げた。

 

 

ママは月になった、天国にいる、寂しい時悲しいは一緒に泣こう! 支えあうシングルたち、乗り越えていく心の壁、めいくのギターでみどりの絵本の詩を歌った。そしてみんなでの共同生活、子供の成長を感じた礼も参加し始まっていく。

【関連記事】

http://erimakee.com/kazokubosyuu/


「#家族募集します」3話のネタバレ&感想【あらすじ】
重岡大毅主演の「#家族募集します」第3話のネタバレ感想、あらすじをまとめました。

「#家族募集します」4話のネタバレ&感想【あらすじ】
重岡大毅主演の「#家族募集します」第4話のネタバレ感想、あらすじをまとめました。

http://erimakee.com/kazokubosyuu-5/

「#家族募集します」6話のネタバレ&感想【あらすじ】
重岡大毅主演の「#家族募集します」第6話のネタバレ感想、あらすじをまとめました。
「#家族募集します」7話のネタバレ&感想【あらすじ】
重岡大毅主演の「#家族募集します」第7話のネタバレ感想、あらすじをまとめました。
スポンサーリンク

「#家族募集します」3話の感想

スポンサーリンク

「#家族募集します 」を無料で観る方法

「#家族募集します」は、動画配信サービス「Paravi」を使えば無料で視聴できるのです。

 

Paravi(パラビ)は国内最大級のドラマアーカイブ数の動画配信サービスで、

 

会員登録から14日間は会費が無料で視聴できるのです。

 

14日を過ぎると、月額1017円(税込)です。

 

こちらが2021年7月現在配信されているドラマの一部です。

 

解約はトライアル期間中ならいつでもOKです。料金は発生しません。

 

こちらが2021年7月現在配信されているドラマの一部です。

 

 

Paraviに登録すれば、今すぐに見放題のドラマやアニメ、映画が視聴できます。

登録には電話番号なども不要で3分あれば終わりますし、2週間以内に解約すれば1円もかからないので、今すぐParaviを視聴してみてください。

 

TV番組・映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント