後藤久美子 旅番組がヤバい!三田村邦彦と?ママはアイドルぶり

芸能
スポンサーリンク

後藤久美子の旅番組が話題になっています。

お相手は誰?

まさかのパパでした。

スポンサーリンク

後藤久美子 旅番組

後藤久美子 旅番組のニュースは、次のように報道されています。

女優の後藤久美子(45)が23日、俳優の三田村邦彦(66)と京都市内でテレビ大阪「おとな旅あるき旅」(来年1月11日午後6時30分=関西ローカル)で32年ぶりの共演を果たした。

後藤と三田村は87年放送のTBSドラマ「ママはアイドル」で娘と父の役で共演していた。後藤は「初めて聞いたおやじギャグがこの方からでした。いちいち反応してたら疲れちゃう」と親しげ。三田村は今回の共演に「飾りっけがなく、自由奔放に動いてた」と後藤にとっては初の旅番組でも、普段通りの姿に満足げだった。

後藤は95年の第48作「男はつらいよ 寅次郎紅の花」に出演後、元F1レーサー、ジャン・アレジ(55)との間に子供が生まれ、女優業から遠ざかっていた。山田洋次監督からのオファーで新作「男はつらいよ お帰り寅さん」(12月27日公開)のイズミ・ブルーナ役で23年ぶりに女優復帰した。

番組出演は三田村が直接後藤に依頼したという。過去の新年初回は2時間スペシャルだったが、今回は普段通りの30分だったため「来てくれそうにない人にお願いしなきゃと、直にお願いした」という。後藤も快諾し実現に至った。

三田村が後藤の日本酒好きにふれ、2人で3合を飲んだあと、1人で1合飲んだことを明かすと、後藤は「辛口の日本酒が一番、合ってる。昔はザルって言われてたんですが、今は弱くなりました」と意外な酒豪エピソードを披露した。

番組では2人で京都・東山エリアを旅し、冬ならではのグルメや、共演した当時の懐かしい話、近況などを放送する。三田村は「(後藤の)素を見たい人はぜひごらんになってください」と語った。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

後藤久美子 三田村邦彦 「ママはアイドル」で娘と父

後藤久美子と三田村邦彦は、

ドラマ「ママはアイドル」で娘と父役でした。

今回の旅番組は33年ぶりの共演です。

スポンサーリンク

後藤久美子 旅番組に世間の反応は?

なんで相手は三田村邦彦?

と思ったら、ママはアイドルで親子役でしたね。
いかにも80年代ドラマのドタバタコメディでしたが、奇想天外な設定、そして当時人気急上昇中のアイドルのミポリンと元祖美少女タレントのゴクミという共演が当時話題を呼びました。
結構好きでしたね。懐かしい。

 

 

出てきたときは驚愕の美少女だったしね
三田村邦彦も本当に恰好が良かった
中山美穂は・・・・な現状だな

 

「ママはアイドル」、懐かしい。
そのうち、「毎度おさわがせします」の現代版リメイクあるかな。

 

関西ローカルとは残念だ。
相変わらず綺麗だね。

 

もう、ゴクミ話はいいや。寅さん映画の次は、80年代のテレビ番組ですか。今さらですな。中山美穂も一緒に番組参加させたら?

 

ママはアイドル懐かしいー!
関西ローカルなのか…残念

 

やっぱり、ミポリンも呼んで欲しかったね…

 

セナやシューマッハみたいな悲劇に遭わず無事引退できたアレジは勝ち組ですね。
フェラーリのエースドライバーならイベントゲストだけでも十分な収入ありそうだし。
シャンパンはもう飽きたのかな?
ずっとフランスに居れば日本食が恋しくなることもあるでしょう。

 

酒呑みはこの年齢だと太ると思うんだけど、それをさせないような日々の努力が凄いんだろうね。一時期表舞台から身を引いたのに、よく維持できるな。

 

“年を重ねるほど美しくなるパリの素敵なマダム=いつまでも『女』を捨てない生き方”をセルフイメージし、忠実になぞりがちなのが、フランス人と結婚して向こうに住む日本女性。ゴクミや中村江里子がまさにそんな感じで、決してファンデを塗らず、作り込まない髪型、日焼けした脚を大胆に露出してスリムな体型をキープ。マクロン大統領夫人もそうだけど、アキレス腱とか首筋とか、あちこち筋張ってギスギスした感じも共通してる。

 

まずあり得んレベルの美人だし、これから歳を重ねてシワができてもカッコよくなりそう。
ゴクミと同じ学年の私は日本人ど真ん中ののっぺり顔なので、昔からこのエキゾチックさがメチャクチャ羨ましかったんだよなぁ!いいなぁ〜。

 

目尻の小じわが年月を感じさせますね。お歳をとられても綺麗です。

スポンサーリンク

後藤久美子 旅番組 おわりに

後藤久美子さん、

まさかの旅番組ですが、

相手はパパでした。

懐かしい組み合わせですね。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント