後藤謙次 最後の出演!動画はこちら!報ステ降板理由は?

社会
スポンサーリンク

後藤謙次の報道ステーション出演が、最後になりました。

出演動画を見てみましょう。

報道ステーションの降板理由は?

スポンサーリンク

後藤謙次 最後の出演

後藤謙次 最後の出演のニュースは、次のように報道されています。

 ジャーナリストの後藤謙次氏がコメンテーターを務めてきた26日放送のテレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後10時)で最後の出演を果たした。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

後藤謙次 報ステ最後の挨拶 動画

それではさっそく、後藤謙次の報道ステーション最後の動画を見てみましょう。

2016年4月から4年間に渡りコメンテーターを務めてきた後藤氏は番組の最後に「あっという間の4年間でした。最初、富川さんとはじめたとき熊本地震がまずあって最後はコロナウイルス、東京五輪パラリンピックの延期と想像外のニュースが続発しました」と振り返った。

その上で「4年間感じたのは、やはり政治と政治家の劣化。それを政治部記者を長くやってきて強く感じます。特に日本の民主主義の根幹をゆるがすような事態が日々起きていた。例えば国会軽視とか当たり前に見られていた公文書が平気で改ざんをされてしまう。そして、弱い人たちへのまなざしがほとんどないような、そういう政治が日々行われてきた」と指摘した。

最後に「我々の無力感も感じますがさらに場所を変えて取材活動を続けて参りたいと思います」とコメントしていた。

スポンサーリンク

後藤謙次 報ステ降板理由は?

後藤謙次氏はなぜ、

報道ステーションを降板するのか、

理由がわかりました。

「昨年、満70歳になったのを機に自らの引き際を考えるようになりました。そうした中で昨年末から長期間にわたり、番組を休むことになり、報道ステーションの『卒業』を決断しました」と、卒業の理由を説明。

「新聞、雑誌の連載もあり、少しペースダウンしてジャーナリストとしての発信を続けていきたいと思います。日曜午後放送のテレビ朝日『サンデーステーション』には引き続き出演させていただきます」と述べている。

引用https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00000100-dal-ent

スポンサーリンク

後藤謙次 最後の出演に世間の反応は?

確かにそうです。政治屋ばかり、役人は小役人ばかりに成り下がった。
しかし、取材も、調査も、確認もせず、出来事を歪めて垂れ流すマスコミが大多数になったのも事実。権力と共に堕落した。

 

正しくは「政治と政治家とマスコミと記者の劣化」でしょう。取材もしないのにコメンテーター気取る記者までいるんだから。そこについても後藤氏に是非、取材して欲しいですね。

 

加藤清隆氏が言うには、後藤氏は取材をほとんどせず自分の考えを話すドリーマーだとの事。
ジャパンライフが話題になったときは、自らがジャパンライフのお金で高級ホテルでの会合をしていたにもかかわらず一切話さないズルい人間だと思う。
テレビ局に都合のいいコメンテーターを使うから視聴者は見透かし、テレビを見なくなると思う。

 

取材しないジャーナリストで有名な後藤謙次さん。ジャパンライフはマスコミ関係者ともズブズブで当の後藤氏も登用されてます。我慢これに関し自らコメントする事なく腰の手術とかで入院雲隠れ。報ステでは後藤氏が登用されていた事を知ると全く番組で取り上げなくなりました。全く中立性に欠けるジャーナリストであり、番組です。

 

視聴者として感じたのはコメンテーターの劣化 勉強不足露呈と不安煽り コメンテーターの進歩より他の情報の進歩が上回っていることを実感してます

 

「朝日が全てにおいて正義」という世界にいるならそういう結論にしかならないだろうな。
政治と政治家の劣化なんていつの時代にも言われていることを改めて言ってるだけ。
マスコミをはじめとしたメディアの劣化の方が著しいのではないのか。

 

説得力ゼロの言葉だな。
自分はいかがわしい行動で多額の金を受け取っていながら、テレビでは綺麗ごとを言って他者を糾弾する。
こういう人間に事実が発覚しても未だテレビに出演して発言の機会が与えられる。
テレビ、マスコミとは自浄作用の働かない非常に劣化した業界であり、質の悪い、不道徳な人間が大衆を世論誘導しているのだ。
政治家叩きをしている言葉がすべて自分たちにブーメランとして返ってきていることすら自覚できない愚かしさ。

 

政治家の劣化はその通りだと思います。
でも、貴方達メディアの劣化も酷いものだと思いますが如何でしょうか。

スポンサーリンク

後藤謙次 最後の出演 おわりに

後藤氏は共同通信社に勤めていました。

政治部記者時代には、竹下登や野中広務の番記者を担当していて、

竹下が結成した三宝会では世話人を務めていました。

この時代の政治はどうだったのでしょうか?

気になるところです。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント