野田聖子の学歴と経歴。自宅はどこか?

社会
スポンサーリンク

自民党の国会議員として活躍されている野田聖子議員。2021年秋に行われる自民党総裁選に立候補すると目されている現在注目の議員です。ここでは、そんな野田聖子議員の気になる学歴や経歴、自宅などをご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

野田聖子 学歴


(野田聖子オフィシャルサイトより)
http://www.noda-seiko.gr.jp/test_2015/noda_seiko/test_index.html

自民党所属の衆議院議員として活躍されている野田聖子議員ですが、これまでどんな学校で勉学されてきたのか気になりますよね。そこで、幼稚園から大学まで野田聖子議員の出身学校、学歴をご紹介させて頂きます。

 

 

まずは幼稚園から。野田聖子議員は、噂では東京都の大田区田園調布にある小さき花の幼稚園を1967年3月に卒園されているという噂が。確証は得られていないのですが、正確な情報がわかり次第追記させて頂きますね。

 

 

次は小学校です。野田聖子さんは1967年4月に田園調布雙葉小学校に入学し、1973年3月に卒業されています。田園調布雙葉小学校が、ほとんどの生徒さんが高校までエスカレーター式に進学するそう。

 

 

野田聖子さんはお転婆だったので、学校ではかなり居心地が悪かったとのこと。もしろん、中学校はほかの大勢の生徒さんのようにエスカレーター式に田園調布雙葉中学校に1973年4月に入学し1976年3月に卒業されています。

 

 

中学校の時には、サッカーが好きでサッカー部を自分で作ってしまったそう。さらに中学3年生のときには生徒会長に立候補して生徒会長をつとめていたとのこと。

 

 

実は、野田聖子議員は、エスカレーター式に1976年3月に入学した田園調布雙葉高校を1977年に中退されています。その後は、「ジョーンズヴィル・ハイスクールに留学し、1978年6月に卒業。

 

 

田園調布雙葉高校を野田聖子議員が中退されたのは、校則違反であるバイクの中型免許を取得したことが要因です。中退の理由が校則違反のバイクの中型免許取得とは小学校のころお転婆だった野田聖子議員らしいですね。

 

 

その後、野田聖子議員は1978年9月に上智大学外国語学部、比較文化学科に入学し1983年3月に卒業されています。野田聖子議員は、本当はアメリカの大学に進学する予定だったのですが、家庭の事情で留学先のアメリカから帰国し上智大学に入学。

スポンサーリンク

野田聖子 経歴


(野田聖子オフィシャルサイトより)
http://www.noda-seiko.gr.jp/

上記で野田聖子議員の学歴をご紹介しましたが、もっとも気になるのがその後の経歴ですよね。ここでは、皆さんが気になっている今回2021年秋の自民党葬再選立候補が噂されている野田聖子議員のこれまでの経歴を詳しくご紹介します。

 

 

まずは、上智大学卒業後、1983年4月に野田聖子議員は帝国ホテルに入社します。その後、1984年24歳の時に祖父の野田卯一の養子となって野田姓となる。ちなみに旧姓は島だそう。

 

 

その後、1987年27歳の時に岐阜県議会議員選挙に自民党から立候補し、史上最年少で初当選を果たします。1993年、33の時に野田聖子議員は国政に打って出ます。衆議院選挙に自民党から出馬し、初当選

 

 

1995年の4月自民党女性局次長に就任し、同じ年の 4月には自民党青年局次長に就任します。1996年11月には郵政政務次官となり、1997年9月自民党環境部会長代理に就任。

 

 

そして、1998年、小渕内閣の時に史上最年少の37歳10か月で郵政大臣に任命されます1999年10月には、自民党国会対策副委員長となり、2001年5月に自民党政調副会長に就任。

 

 

2001年に参議院議員の鶴保庸介氏と結婚。(しかし2007年に離婚)同じ年に体外受精で長男を出産。

 

 

無事長男を出産したものの、長男委は重い障害があり、野田清吾議員自身も支給を摘出することになったことをその後、野田清吾議員自身の著書で告白されています。

 

 

2005年には郵政民営化法案に反対し、そのことが要因で衆議院選挙の自民党公認を得ることができなかった。しかし選挙では対立候補の佐藤ゆかり議員を下し5選目を果たしたものの、自民党を離党することとなる。

 

 

その後、2006年12月野田聖子議員45歳の時に自民党に復党。2008年8月科学技術・食品安全・消費者行政担当大臣に就任、同年9月に科学技術・食品安全・消費者行政担当大臣となっている。

 

 

2011年51歳の時に、野田聖子議員は一般人と再婚。2012年12月自民党総務会長に就任し、2016年1月衆院災害対策特別委員長就任。

 

 

2012年3月には野田聖子議員は総務大臣となり、2017年11月に総務大臣・男女共同参画・マイナンバー制度担当に就任されています。

 

 

2018年10月衆議院予算委員長を務め2019年9月自民党・政治制度改革実行本部となり、2020年9月自民党幹事長代行に就任し玄座に至っています。

 

 

政治家としては岐阜の県議会議員に最年少で当選したのち、自民党の衆議院議員として郵政民営化に反対した時一度離党したものの復党を果たし現在は自民党の幹事長代行として活躍されている野田聖子議員。

 

 

重度の障害がある長男の子育てと自民党所属の衆議院議員としての仕事を両立させながら、今回2021年秋の自民党総裁選に打って出ようとされています。子育てと仕事を両立しながら首相を目指している野田聖子議員の行方には目が離せそうもありませんね。

スポンサーリンク

野田聖子 自宅

野田聖子議員の父親は、製鉄会社勤務の一般人で野田聖子議員は、生まれたころ父親の赴任先である福岡県北九州市に住んでいました。野田聖子議員の誕生した年が1960年とオリンピックイヤーだったので聖子と名付けられたそうです。

 

 

その後、野田聖子議員が5歳のころに東京の田園調布に家族でお引越し。

 

 

祖父でのちに野田聖子議員が養子となる野田卯一は建設大臣や経済企画庁長官などを歴任した政治家で、野田聖子議員はそのネームバリューと地盤を引き継ぐために養子となり政治家を目指したのです。

 

 

そんな野田聖子議員ですが、現在は都心のマンションに暮らしており、同じマンションの隣の部屋に母親を呼び寄せて同じフロアで仲良くくらしているとのこと。住所ははっきりとはわかりませんが、のちに判明次第追記させて頂きますね。

 

まとめ

小学校のころから活発で、中学校の時には立候補して生徒会長になっていた野田聖子議員。そのころから政治家の片鱗を見せていたと言えレうでしょう。

高校のときにはバイクの中型免許を取得するという校則違反を犯して中退することになってしまましたが、のちにアメリカに竜が鵜を帰国し上智大学に入学しています。

帝国ホテルに入社後、岐阜の県議会議員を経て衆議院議員に当選し議員として働いてきた野田聖子議員。もうすぐ2021年秋の自民党総裁選が始まりますが、立候補予定の野田聖子議員から目が離せそうもありませんね。

野田聖子、若い頃は?【写真あり】高校中退、内定取り消しの過去も
総裁候補の野田聖子議員の若い頃のエピソードや写真などにスポットを当てます。
社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント