ヨーグルト 袋入り砂糖 現在がヤバい!なぜ廃止に?入手方法は?

社会
スポンサーリンク

ヨーグルトに付いていた、あの袋入り砂糖、

現在は付いてないのを知っていましたか?

なぜ廃止になったのでしょう?

入手方法は?

スポンサーリンク

ヨーグルト 袋入り砂糖 現在

ヨーグルト 袋入り砂糖 現在のニュースは、次のように報道されています。

 数年前まで大容量のプレーンヨーグルトに添付されていた砂糖袋。顆粒状で溶けやすく便利だったあの砂糖が半年ほど前、ネット上で話題になりました。現在も製糖会社が一般向けに販売しているというのです。ヨーグルト以外の使い方や特徴について取材しました。

平成から令和に変わる少し前、ヨーグルトに添付されていた砂糖がツイッター上で話題になりました。

きっかけは「平成が終わるまでにもう一度味わいたい!」という内容のつぶやき。

「あの粉だけペロペロしてた」「独特の舌触りと溶ける感触」といった惜しむ声や、「多少割高でもあれだけで売って欲しい」が上がりました。

そんな中、「あの砂糖が売っていたので買った」といったツイートも登場。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

明治ブルガリアヨーグルト 砂糖 ついてない!

明治ブルガリアヨーグルトには、

発売当初から袋入の砂糖がついていましたが、

現在はついていません。

あのザラザラした砂糖が懐かしい人も多くいると思いますし、

逆に「え?ついてないの?」と驚く人も多いと思います。

【フロストシュガーとは】
紹介されていた商品は日新製糖が販売している「フロストシュガー」でした。

ヨーグルトのトップブランド「ブルガリアヨーグルト」で知られる明治のホームページを見ると、Q&Aのコーナーに「フロストシュガー」の文字がありました。

「添付していた砂糖は、フロストシュガーと言い、グラニュー糖を粉砕したものに水を加え、裏ごしし、その後顆粒状にしてから乾燥させたものです」

日新製糖のホームページでは、フロストシュガーの特徴について、こう説明しています。

「フロストシュガーは日新製糖が開発した多孔質で顆粒状の砂糖です。溶けの速い砂糖が欲しいというご要望にお応えして開発し、製品化されたものです」

その特徴は、冷たい水に溶けやすい「即溶性」、泡が立ちやすい「抱気性」、湿気にくく固結しにくい「耐吸湿性。耐固結性」など。

ヨーグルトに使う以外にも、生クリームやメレンゲ、スポンジ生地の泡立てや、ドーナツに乗せる砂糖衣などとしても使われているそうです。

スポンサーリンク

フロストシュガー 販売していた

ヨーグルトについていた砂糖・フロストシュガーは、

現在販売しています。

 日新製糖では、お菓子作りなどの業務用1kgだけでなく、300g入りの「フロストシュガースタンドパック」も販売。

さらに「ヨーグルト用のお砂糖」という商品名で8g×10本入りも販売しています。こちらは、プレーンヨーグルトへの砂糖添付がなくなることを受けて商品化したそうです。

フロストシュガーが注目を集めたことについて、日新製糖の担当者は「話題になっていること自体は大変ありがたいです」と話していました。

スポンサーリンク

ヨーグルト 袋入り砂糖 現在に世間の反応は?

何であの砂糖は付かなくなったのか疑問だった

 

最近のヨーグルトは酸味が少なくなったので砂糖なしで食べる人が増えたよね
でもフロストシュガー(って名前だったんだ)のフワッとした舌触りと甘みは好きだったな
見つけたらきっと買うと思う

 

発売当初はヨーグルトの酸っぱさに日本人が慣れてなかったから砂糖を付けたけど、ヨーグルトへの慣れと健康志向の高まりで砂糖を使わない人が増え、不要の声が上がって付かなくなったと記憶してます。

 

ブルガリアヨーグルトは、砂糖はなくす、続けざまに内容量は減らすで、実質かなり値上げしましたね。

 

砂糖の製造方法に凄手間がかかっていたことにびっくり。
それをサービスでつけてくれていた事が凄い。

 

絶対つけた方がいいのに。
使わない人でもお料理に使えたりする。
あのお砂糖が入ってなかった時、ショックでした。それ以来買わなくなってしまった。
お砂糖は貴重な存在でした。

 

懐かしいな。
ヨーグルトについていたけどヨーグルトが酸っぱすぎて、当時子供だった自分には砂糖が全く足らなかった。

 

原料は普通の砂糖とわかっているのに、何故だか美味しく感じるお砂糖ですよね。単体で売っているのなら買います!

 

よく行く製菓製パン材料専門店で見かけました。
ヨーグルトに添付されていた他には見たことがないし個人的にはなくても特に困らないのですが、大袋で売っているということはやはり何らかの形で需要はあるのでしょうね。

 

コストカットがもちろん理由の一番だろうけど昔みたいに酸っぱい感じだとコストカットしても売れなきゃ意味ない。作り方や発酵が日本人好みに近くなったからなんだろうな。外国のヨーグルトはもっと違う味でシブい感じのでも砂糖とか付いてなかったし

スポンサーリンク

ヨーグルト 袋入り砂糖 現在 おわりに

昔のヨーグルトには砂糖で味付けてしてあって、

日本人の舌に合わせて酸味をやわらげたタイプが主流でしたが、

明治ブルガリアヨーグルトは甘みを別添えにして、

ヨーグルトそのままの味を提供したものでした。

しかし砂糖を廃止したのは、

もう日本人の食卓にヨーグルトが当たり前になったからですね。

しかし別売で売ってるので、久しぶりにあの砂糖を味わってみたいと思います。

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント