ハーリー・レイス 死去がヤバい!動画は?死因は?馬場とNWA戦

スポーツ
スポンサーリンク

元プロレスラー、ハーリー・レイスが死去しました。

NWAチャンピオンとして日本でも有名なレスラーです。

動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

ハーリー・レイス 死去

ハーリー・レイス 死去のニュースは、次のように報道されています。

「ミスタープロレス」「ミスターNWA」と呼ばれたハーリー・レイスさんが1日(日本時間2日)、肺がんによる合併症のために死去した。76歳だった。同日、WWEなどが発表した。3月に肺がんを告白し、先月にはイベント出席の移動中に病状が悪化して入院していたという。

60年代から本格的にプロレス界に進出したレイスさんは68年2月、日本プロレスで初来日。ディック・ザ・ブルーザーと組み、ジャイアント馬場、アントニオ猪木組が保持したインターナショナル・タッグ王座に挑戦した。70年にも猪木、吉村道明組が保持したアジアタッグにも挑戦。72年には坂口征二のUNヘビー級王座にも挑戦した。

73年にドリー・ファンクJr.を下し、NWA世界ヘビー級王座を獲得。同年から全日本プロレスを主戦場とし、馬場、ジャンボ鶴田、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ミル・マスカラスを挑戦者に迎え、防衛戦も行った。またWWEの前身WWF王者とのダブルタイトル戦にも臨んだ。また82年には鶴田を下し、UNヘビー級王座、馬場からPWFヘビー級王座を奪取していた。

83年にはリック・フレアーを下し、7度目のNWA王座を獲得。80年代初頭までNWAの象徴として存在感を示し、通算8回のNWA王座獲得もあってNWAベルトは通称「レイスモデル」と言われ、本人が所持していた。

86年にはWWFに移籍し、ハルク・ホーガンのWWFヘビー級王座にも挑戦。WWFではアンドレ・ザ・ジャイアントとも共闘した。

95年の引退後にはプロレス団体のWLWを主宰し、後進の育成に尽力。日本とのつながりも深く、05年には小橋建太の訪問も受けた。10年11月からはプロレスリング・ノアのGHC管理委員長に就任。米国でノアの選手を育成を受け入れていた。04年にはWWE殿堂入り。13年には9年ぶりに来日し、ノアの有明大会で立会人を務め、14年には新日本プロレス東京ドーム大会で開催されたNWA世界ヘビー級選手権の特別立会人を務めていた。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

ハーリー・レイス 死因は?

ハリーレイスは76歳、

死因は肺がんによる合併症でした。

プロレスは1995年に引退しています。

 レイス氏は、1943年4月11日、米国ミズリー州出身。15歳でプロレスラーとしてデビューし、NWA、AWAなどの団体で活躍。73年5月にドリー・ファンク・ジュニアを破り、当時世界最高峰とうたわれたNWA世界ヘビー級王座を奪取した。以後、8度に渡り同王座を獲得した。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

ハーリー・レイス NWAチャンピオン

ハリー・レイスと言えばNWAチャンピオン。

リック・フレアーかハリー・レイスかというぐらい、

NWAのタイトルを長く持ち続けていました。

 

当時のNWAは全国にテリトリーがあり、

各地のプロモーターに呼ばれて、

ご当地のエースと戦っていました。

日本で言えばジャイアント馬場ですね。

 

そして長く防衛できる理由は、

タフさと試合の巧さ、

ヒールとして人気です。

スポンサーリンク

ハーリー・レイス 動画 馬場、鶴田、ブッチャー

ではハリー・レイスの過去の試合動画を見てみましょう。

 

このハリー・レイスのダイビングヘッドバット、

今から見てもすごい角度で落ちていおきますね。

迫力あります。

スポンサーリンク

ハーリー・レイス 死去に世間の反応は?

レイスとフレアーはミスターNWA。この時代に彼らの試合を見る事ができた事を幸せに思います。

 

ミスタープロレス、ミスターNWA。奥行きのあるプロレスを子供の頃見ていたが非常に難しく退屈に写った。全日本が日本では契約が有ることも理解出来ずなぜ猪木とはやらないのかといつも思っていた、全盛期の両者の夢のシングルマッチを新日本のリングでも実現してほしかったなー。

 

また、名レスラーの訃報が...
小学生の時、全日本プロの中継で、よく見てました。
自分にとって、NWAと言ったらレイスか、フレアー。
圧倒的な力がある訳ではないんだけど、うまいだよなぁ。
結果、勝てないから王座も移動しない。
ご冥福をお祈りします。

 

短命が多いプロレスラーで76歳は比較的長生きされた方ですね。
子供の頃は華やかな外国人のスター選手が多い全日をよく観てたけど、まさにMr.プロレス。
個人的にNWA世界王者といえばレイスさんやったな。
馬場さんとの試合のあの独特のテンポと間、NWA王座から陥落し最強タッグ戦とかに参戦するようになり実現したブロディとかとの夢の顔合わせ、ニックとの豪華元王者コンビ等、色々と思い出されます。
天国で馬場さん、鶴田さん達と旧交を温めて下さい。
ご冥福をお祈り致します。

 

高田純次が馬場vsレイスの試合を見て「テレビが壊れてるんじゃないかと思って、日本テレビに電話した」と言っていたネタがあったが、確かにものすごくスローなプロレスだった。
ただ、その分アメリカライクで「分かりやすい」プロレスだったと思う。
その後もノアと関係を持ったり、小橋にNWAベルトを巻かせてあげたりと、いろいろと日本プロレス界に関わりを持ってくれた。
やはり日本のプロレスファンにとって、レイスと言えば、全日本に登場するときの入場曲「ギャラクシー・エキスプレス」だったと思う。

 

ニックとの元世界王者コンビで最強タッグ参戦はインパクトありましたね…
ふたりとも現役王者で無かったのと、馬場さんの政治力の賜物、ワクワクしました。

 

リックフレアーのタイトロープ的な防衛術とは異なる受け身の上手い正攻法型のミスターNWAチャンプ。子どもの頃の2大NWA王者でした。
馬場さんをきれいにブレーンバスターで投げきる素晴らしいフィジカル。

スポンサーリンク

ハーリー・レイス 死去 おわりに

ハリー・レイスの試合は、

いつもアメリカからチャンピオンとしてやってきて、

馬場や鶴田と防衛戦をやり、

時に負けても、

最後は取り返して帰っていくイメージでした。

 

なんでこの人に勝てないんだろう?と思ったものです。

今日はレイスの動画をゆっくり見ようと思います。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント