春日良一 妻がヤバい!五輪代表・長崎宏子 不倫略奪婚の噂も

スポーツ
スポンサーリンク

元JOC職員・春日良一の妻は、元オリンピック代表長崎宏子でした。

二人には不倫の噂がありましたが・・・

スポンサーリンク

春日良一 妻

春日良一 妻のニュースは、次のように報道されています。

 25日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で、東京五輪が新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受け1年延期になったことを特集した。

番組では、1年延期で選手選考について議論。スタジオに出演したスポーツコンサルタントで元JOC職員の春日良一氏が水泳についてコメントした際に「実は私の連れ合いも元五輪選手なんですけど…」と明かすと、共演者が「長崎宏子さん」と話し、妻がロサンゼルスオリンピック代表の長崎宏子さんであることが分かった。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

春日良一 妻 長崎宏子

元JOC職員の春日良一、妻は水泳の長崎宏子でした。

 これにMCの坂上忍は「ちょっと待って!春日さんの奥さんって長崎宏子さんなの?」と驚き「今そうです」と春日氏が返すと「えぇ!そうなの!えぇ」と絶叫した。

これに春日氏は「だから僕、五輪のこと好きなんです、何言っているんだ」とぼけると「なんで長崎さんが春日さん?」と坂上は尋ね「それは随分前にすんでいる話なんです」と春日氏は笑っていた。

その後、春日氏は選考についての思いをコメントしたが、坂上は「奥さん長崎宏子さんだって…びっくりしちゃうな」と繰り返していた。

 

スポンサーリンク

長崎宏子 オリンピック代表

長崎宏子は元水泳選手でオリンピック代表です。

モスクワオリンピック(不出場)、

ロサンゼルスオリンピック、

の水泳平泳ぎの日本代表です。

ロサンゼルスでは200m平泳ぎで4位になりました。

スポンサーリンク

春日良一  長崎宏子 略奪不倫

長崎宏子は引退後、1992年にJOC職員となり、1993年から選手委員となりました。
1994年にはパリで、オリンピックの全体会議「オリンピックコングレス」でスピーチを行い、話題となりました。
しかし1994年6月に退職しています。

旦那さんの春日良一氏とは先輩後輩にあたりますが、

このとき春日良一氏には妻子がいました。

そして、

退職はふたりとも1日違いです。

1995年に長崎と春日氏は結婚していますが、

JOC在職時に不倫関係にあって、

退職したのではと見る向きもあります。

長崎宏子は3人の娘を出産しました。

スポンサーリンク

春日良一 妻に世間の反応は?

この人最近までオリンピック憲章で延期は絶対無いと断言して、その舌の根もかわかないうちに延期するんだったら2年と自分の発言をコロコロ変えてた人でしょ。
もとJOC職員か何か知らんけど、こんな無責任な発言をするコメンターなどテレビに出る必要なし。
オリンピックを食い物にして胡散臭い。

 

それはどうでもいいことなんだけど。
この春日って人、「延期はない、出来ない」って豪語してたよね。
・・・IOC、あっさり延期しましたけど?
自身の発言をどう説明するのですか??!

 

春日さんには妻子がいたので、略奪婚なんて言われたようですね。今はお子さんが3人もいて、幸せに暮らしているようですね。私もちょっと驚きました。

 

春日良一氏は長野五輪の資料破棄を謝罪すべきでは?
今小池さんの反論をTVで展開する春日というコンサルタントは長野五輪のJOC職員だった人間。
当時も問題になった費用の検証をするための資料をすべて焼却、破棄して証拠隠滅した当事者です。
この人が、偉そうな持論をTVで展開できるのでしょうか?
まずは、長野五輪の不始末を謝罪してほしい・・・と思いませんか?

 

知ってた。
なんか不倫がらみだったな確か。
それからは、少し色眼鏡でこの人見てしまう。
ずいぶん昔のことなんだろうけど、
一度そのイメージで見ちゃうと、
なかなか払拭できない。

 

この春日さんて人に昔色々と噂があった、とかみんなホント良く知ってるね

 

春日という人はオリンピック至上主義者。4年に一回武器を捨ててスポーツをする、何かものすごく崇高なことのように言ってるがきれい事に聞こえる。今や金メダル至上主義。中国やロシアのような全体主義の国が強いよね。参加することに意味があるオリンピックじゃないよね。延期は絶対ないと繰り返しテレビで言ってたのは聞いたぞ。

スポンサーリンク

春日良一 妻 おわりに

長崎宏子さんの本名は現在、春日宏子です。

現在はベビースイミング、マタニティスイミングに力をそそいでいます。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント