無断キャンセル 自衛策がヤバい!儲けのカラクリを解説

社会
スポンサーリンク

無断キャンセル 自衛策が話題になっています。

レストランの無断キャンセルに、

いったいどんな自衛策があるのでしょうか?

スポンサーリンク

無断キャンセル 自衛策

無断キャンセル 自衛策のニュースは、次のように報道されています。

 予約した客が来店せず、連絡も取れない――。レストランなどで相次ぐ無断キャンセル。ネットで店主らの悲痛な声が拡散され、話題になることも多い。こうした飲食店などの不安に応え、無断キャンセルがあっても用意した料理などの代金を保証したり、予約をめぐるトラブルを事前に防いだりするサービスが広がってきた。

東証マザーズ上場のネット広告会社、フリークアウト・ホールディングス(東京)の子会社「Gardia(ガルディア)」(同)は2017年、飲食店や美容院を対象に無断キャンセルによる被害の補償サービスを始めた。

飲食店で無断キャンセルがあった場合、基本的に予約されていた料理の代金の全額をガルディアが店側に支払う。美容院の場合も予約があったヘアカットの料金全額を店側に支払う。

ガルディアが保証する金額の1カ月あたりの上限は店ごとに定め、平均で約30万円程度。保証料は月数千円。サービスを利用する店は全国で2万店近くに上るという。

ガルディアの強みは飲食店の予約サイトと連携している点だ。店との契約によりサービスは異なるが、例えば、過去に無断キャンセルが目立った客から予約サイトを通じて予約が入った場合、ガルディアがそうした客からの予約だと店側に伝え、客に電話して来店予定を再確認するように求める、といったケースがある。

ガルディアの小山裕社長は、かつて百貨店で勤務した時の経験から、この事業を思い立ったという。百貨店で使われるクレジットカード事業を担当していたが、カードの不正利用があった時に店側が被害を負担するルールに疑問を抱いていた。「店側が泣き寝入りするのはおかしい。無断キャンセルの代金を保証するサービスは大手保険会社にもなく、自ら手がけようと思った」という。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

飲食店は団体予約を受けて、

席を確保、コースの料理を準備したのに、

無断キャンセルでは大損ですよね。

 

だからと言って、

前金を取ったり、

先にクレジット決済を求めると、

「じゃあいいや」と断られる可能性があるので、

強くは出れません。

 

そのための保証サービスをガルディアが始めました。

スポンサーリンク

無断キャンセル 自衛策のカラクリは?

こちらがそのサービスを図解したものです。

予約ユーザーが無断キャンセルした場合、

ガルディアが店に保証金を払って、

その分を予約ユーザーに請求するんですね。

 

たしかにそうしないと、

店側からいくらかの手数料もらっただけでは、

ガルディアもやっていけませんからね。

 

おそらく店に払った保証額以上に、

上乗せで請求するのでしょうね。

 

イメージ的には借金を代わりに取り立てるようなものでしょうか。

スポンサーリンク

無断キャンセル 自衛策に世間の声は?

飲食業界では、無断キャンセルはノーショー(No show)と呼ばれており、損失は年間で最大2000億円に上ります。ノーショーやドタキャン(直前キャンセル)を行う客のために、他の客に費用が転嫁されるなど消費者にも不利益が生じます。
レストラン予約サイトによってキャッシュカード登録が促進されたり、記事のように被害を受けた飲食店に補償金を支払ったりするサービスもあります。加盟店手数料4~6%が負担であることなどから、キャッシュカードの導入はあまり進んでいませんが、防衛にはキャッシュレス化が必要です。
ただ、残念ながら、ノーショーしても、食べていないのでお金を支払わなくてもよいと考える人も少なくありません。飲食店を救済する施策によって、飲食店に訪れる敷居が高くなっては本末転倒です。飲食店は事前に材料や料理を用意していること、他の客が訪れる機会を奪っていることが、改めて周知される必要があります。

 

 

予約時にデポジットとれって論調も目立つけど、それは理想的かもしれないが、予約が入りづらくなるデメリットもある。
大多数のお店がデポジット取るようにならないと、商売する側は採用しづらい方式と思います。
そういう意味で今回のサービスはベストではないにしても、優れていると思う。
日本では信用スコアが広まっていないが、そういうのが一般的になれば人々の意識も変わるでしょう。
個人的には法律上の契約は成立してると思われるので(予約時に無断キャンセルは100%負担に同意など)、そういう債権回収をしてくれる業者はいないのかなと気になります。

 

スポンサーリンク

無断キャンセル 自衛策 おわりに

無断キャンセル自衛策のカラクリで見た通り、

企業のやることですから、

ちゃんと儲かる仕組みになっています。

 

これでWIN-WINの関係になっているので良いサービスですね。

 

決して、ドタキャンした人の逃げ得にならず、

専門家が取り立てにくるので、

ドタキャン癖のある人は、よく知っていて欲しいサービスだと思います。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント