笑福亭松之助 死去 さんまの師匠逝く。さんまのコメントは?

芸能
スポンサーリンク

笑福亭松之助が死去されました。

笑福亭松之助と言えば、明石家さんまの師匠として有名です。

笑福亭松之助と明石家さんまについて、調べました。

スポンサーリンク

笑福亭松之助 死去、さんまの師匠

 

今回のニュースは次のように伝えています。

上方落語の最長老、笑福亭松之助(本名・明石徳三=あかし・とくぞう)さんが22日、兵庫県内で亡くなった。93歳だった。

松之助さんは、明石家さんま(63)の師匠として知られ、自身は5代目笑福亭松鶴に師事しながら喜劇役者の道を歩み、吉本新喜劇と松竹爆笑劇でも座長を務めたこともある異色の落語家。14年3月、6代桂文枝の襲名興行千秋楽では、弟子さんまと共演し、元気な姿を見せていた。

長男は落語家明石家(あかしや)のんき(本名・明石弘之=あかし・ひろゆき)。

松之助さんは48年に5代目笑福亭松鶴に入門。戦後の上方落語を復興させた「四天王」のリーダー格だった故6代目笑福亭松鶴さんの弟弟子。上方落語では最高齢ながら、開設したブログを15年末まで更新。16年3月には著書「草や木のように生きられたら」を発売するなどしていた。

出典headlines.yahoo.co.jp

ニュースをまとめますと、

笑福亭松之助(本名・明石徳三=あかし・とくぞう)死去

・93歳だった

明石家さんまの師匠

スポンサーリンク

笑福亭松之助師匠と明石家さんま

 

今のところ、弟子の明石家さんまからのコメントは出ていません。

 

明石家さんまは度々、

師匠のことをテレビで話し、

笑福亭松之助師匠を尊敬されているんだな、と思ったことがあります。

 

 

よくさんまが言う「生きてるだけで丸儲け」も、

笑福亭松之助師匠の言葉でした。

スポンサーリンク

笑福亭松之助 さんまの才能を開花させた

 

さんま様が弟子入りした時は他人の弟子はさんま様だけだった。当時は弟子入りしか芸人になる方法が無かった時代では珍しく弟子を取らない人だった。合掌。

 

 

松之助さんは、とても豪快な方でした。

弟子の明石家さんまが、号泣するかもしれない。
芸能界を引退する引き金になる可能性も。

心よりお悔やみ申し上げます。

 

弟子(さんまさん)が芸能界のトップに躍り出て良い意味で乗っかって、弟子の成長を喜んでいた。
昔、ニュースステーションで中継レポーターしたり、笑点の東西大喜利でもネタで弟子から年玉貰おうとか笑わせてくれました。
90を越えていたので、体調は気にしていましたが・・・。
今までありがとうございました。

残念ながら松之助の生の高座を拝見できなかった。あまり落語をしていなかったからだが、悔やまれるなあ。テレビなどでは何席か聴いたことはあるが、単調かつ豪快な芸風。

 

さんまさんの才能に早くから気付いた点でも凄い。
反対に伝統芸能派の藤本義一氏は、さんまさんの才能を見下していた。

 

さんまちゃんの胸中は悲しみだろうね。泣くに泣けないと思う。
若いころハチャメチャしても温かく見守ってくれてた師匠だったらしいから。
明石家さんまの名付け親であり才能を開花させた方。

 

それでもさんまはカメラの前では泣かない。たぶん、師匠にそう教わってきたから。

 

いい師弟関係だったと思う。ご冥福をお祈りします。

 

 

松之助は落語より吉本新喜劇に出ていた方が記憶にある。さんまを自由にやらせたあげた師匠、早くからさんまの才能を見い出してたんやろな

 

 

この弟子にして、

この師匠あり、

という方でした。

ご冥福をお祈りします。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント