清野菜名 美くびれがヤバい!画像は?ミスパンダのウエスト、腹筋が!

芸能
スポンサーリンク

清野菜名の美くびれが話題になっています。

ドラマのインスタで確認してみましょう。

スポンサーリンク

清野菜名 美くびれ

清野菜名 美くびれのニュースは、次のように報道されています。

 読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜 後10:30)の公式インスタグラムが2月9日に更新。女優・清野菜名さんの引き締まった腹筋が「きれいな腹筋」「美BODYっす」と反響を呼んでいます。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

清野菜名 インスタで美くびれ

それではさっそく、清野菜名のインスタでくびれボディーを見てみましょう。

インスタはドラマのアカウントです。

 

同ドラマは、清野さんと俳優・横浜流星さんがダブル主演を務めるミステリー。驚異的な身体能力を持つミスパンダ(清野さん)と、彼女を操る飼育員さん(横浜さん)が、警察やマスコミが触れない隠された事件の真相を暴いていきます。

同日放送の第5話では、7年前に爆破事件を起こした死刑囚・浜口が護送中に連れ去られ、現場の映像から“ミスパンダ”が犯人の可能性が高いと報道されます。彼女への疑惑が深まる中、“ミスパンダ”は死刑囚を拘束した動画を公開、浜口がクロかシロかを決めるインターネット投票を行うと宣言し…という展開でした。

インスタには、ドラマの告知と共に「ミスパンダ」「ここはどこでしょう?」「分かるかな」などと記され、ウエストがあらわになったミスパンダ姿の清野さんのオフショットが公開されました。

ファンからは「美BODYっす」「めちゃめちゃスタイル抜群」「腹筋最高です」「ナイスくびれ」「きれいな腹筋」「ウエスト細くてうらやましい」などのコメントが寄せられています。

 

スポンサーリンク

清野菜名 身体能力

「驚異的な身体能力を持つ謎の女」役の清野菜名ですが、

身体能力のすごさは地です。

こちらの動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

清野菜名 美くびれに世間の反応は?

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
清野菜名さんが演じる「ミスパンダ」 あれだけのアクションシーンがあるんだから、かなり鍛えて役作りしていたんだろうと思っていたし、
個人的には、ミスパンダ は、クールに決まる ブロンド系のシルバーのヘアカラー、
光沢感あるグローブ、ホワイトクリーム色やモノトーン色の姿で、意外と恰好が良いと思っている

 

ウロボロスで、可愛いのにアクション凄くてかっこいい子だなぁと思ってました。素敵なアクション俳優さんになっていってほしいです。

 

この子はかわいいしスタイルもいいし演技も好きだがパンダドラマは微妙。
次回作期待してます。

 

これはアマゾンプライム「はぴまり」隣はディーン・フジオカ
「トットちゃん!」もアマゾンプライムで見つけたけど今は
配信停止中で残念〜テレビ再放送の予定でもあるのかな
アクションのバラエティ豊富で表情もキュートなミスパンダ
見てて飽きない

 

白黒で確信&恋に落ちました。
同一人物でありながらレンとミスパンダのテンションや
喋り方、躍動感全て180度違うんだけど、見事に二人
別々に実在するんじゃないかと思うくらい演じ分けてる。
おっとりとした表情、大人びた表情、古風な表情色々できるし
顔とスタイル、演技力とアクションとここまで全部揃ってる
女優さんて日本にはなかなかいないからね。
そんで彼女の魅力が全部出せるこのドラマも最高に面白い。
昨日の死刑囚を偽パンダが拉致る時なんて
煽り運転で有名になった宮崎文夫容疑者のドラレコの映像を
そのままフューチャーしてたよね。本編には直接関係ない
現実世界のグレー部分とかサラッと入れてくるとこが
ドラマのあり方として新しいなとも想った。

 

今回のドラマ主演で、大ブレークのチャンスだったのに、いかんせん このドラマが微妙。
運が無い時って、こんなもんだよね。
次に、チャンスが回ってくる時まで、我慢の時なのかもね?

 

今日俺で可愛いって思ったけどモニタリングで男らしい姿を見て逆にファンになった。綺麗だけどかっこいい!ミスパンダ見てますよ〜

 

出演者はいいと思うけど、話がな?
主要人物の全てが闇抱えみたいで、教授も殺され、パンダも嵌められ
殺人容疑が掛けられて・・・・視聴率期待されて こけたドラマが
中盤以降、やけくそで話が破綻していくスパイラルに入ってきた気がする。

スポンサーリンク

清野菜名 美くびれ おわりに

清野菜名の演技力とアクション、

見どころのあるドラマですから、

「シロクロパンダ」ぜひ最後まで見てもらいたいと思います。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント