シャドーハウス第108話 ネタバレあらすじ感想

漫画&ラノベ
スポンサーリンク

2021年9月2日発売の週刊ヤングジャンプに掲載の「シャドーハウス 」108話のネタバレあらすじと感想です。

スポンサーリンク

シャドーハウス前回(107話)のあらすじ

ご懐妊のお祝いとして珍しいペットがキャサリン様に献上される。それはモーフという妖精だった。町では原因不明の病が流行り始めていた。そんな中で屋敷の中でモーフたちが暴れ始めた。キャサリンは召使の者と馬車で逃げ出した。召使いの故郷の村どっちキャサリンは出産することになる。子供50年間子供を宿していたままだった。

シャドーハウス第107話 ネタバレあらすじ感想
2021年8月26日発売の週刊ヤングジャンプに掲載の「シャドーハウス 」107話のネタバレあらすじと感想です。
シャドーハウス第106話「わたしの名前」ネタバレ感想
 2021年7月15日発売の週刊ヤングジャンプ33・34合併号掲載の「シャドーハウス」106話のネタバレあらすじと感想です。
スポンサーリンク

シャドーハウス第108話ネタバレあらすじ

ケイトが生まれてすぐにキャサリンはなくなったのでした。ケイトはそのまま人間として村で過ごすことになりました。しかしなぜ普通にケイトは人間として暮らすことができたのでしょうか。

 

 

ケイトは幼い頃は姿かたちが人間と全く変わらなかったのでした。

 

 

しかしケイトにはだんだん異変が訪れます。ケイトの腕が真っ黒になってだんだん角のようになっていきました。そしてその真っ黒な墨は体全体に広がっていて顔も真っ黒になってきました。ケイトは鏡を見て絶望するようになっていきました。

 

 

ケイトはこんな姿ではもう友達と会うことができないと鏡を叩き割りました。

 

 

12歳になった頃にケイトに異変が起きて村にいられなくなってしまったのでした。その時にケイトはおばあさんから自分の出生の秘密を聞かされたのでした。ケイトは自分が一体人間なのか人間では無いのかおばあさんに問いかけました。おばあさんはケイトのことを人間と思って育てたと言いました。しかしケイトの身体からは墨が吹き出しています。ケイトはこれでは自分は人間の暮らしている世界ではもう暮らせないと嘆きました。

 

 

おばあさんはキャサリン様に仕える召使いとしてキャサリン様のお役目を果たしたかったんだと説明しました。おばあさんはキャサリンが動かなくなる寸前に生まれた子供を守ってほしいと頼まれていたのでした。おばあさんはケイトをそっとだきよせました。ケイトは自分の生まれた身に納得しながらももうおばあさんと一緒には暮らしていけないと考えたのでした。

 

 

ケイトはキャサリンが暮らしていた島は今一体どうなっているだろうと考えるようになっていました。

 

 

そして自分が13歳になった日、おばあさんに何も告げずに島へ旅立って行ったのでした。

スポンサーリンク

シャドーハウス第108話の感想

50年の間に島にどういう変化があったのでしょう。50年前モーフが町中で暴れていたので、荒廃した世界になっているのでしょうか。

 

 

それともモーフたちが人間に成り代わって、一見みると平和な世界が続いているのでしょうか。体のあちこちから墨をまき散らすシャドーはこの世に生命を受けてきた意味はあるのか。

 

スポンサーリンク

シャドーハウスを無料で読む方法

実は『シャドーハウス』最新巻は、動画配信サービス「U-NEXT」を使えば無料で読めるのです。また、週刊少年マガジン、週刊少年サンデーなども読めます。

 

U-NEXTは見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信していますが、動画だけではなくマンガやラノベ、雑誌読み放題の配信をしています(2021年2月時点)。

 

「31日間無料トライアル登録」を利用すると、月額プラン2,189円(税込)が31日間無料で、600円分のU-NEXTポイントがもらえます。

 

「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。

 

無料でもらえる600円分のポイントを使って、マンガの最新作やアニメ、映画を無料で楽しむことができるのです。

 

解約はトライアル期間中ならいつでもOKです。料金は発生しません。

 

こちらが2021年4月現在配信されているマンガとアニメです。

マンガは発売日に配信されます。

U-NEXTに登録すれば、今すぐに見放題のアニメや映画、そしてポイントを使えば東京リベンジャーズの漫画なども閲覧できます。

登録には電話番号なども不要で3分あれば終わりますし、1ヶ月以内に解約すれば1円もかからないので、今すぐU-NEXTで視聴してみてください。

漫画&ラノベ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント