佐村河内守 現在がヤバい!代作騒動で、差し押さえ?

芸能
スポンサーリンク

クラシックの代作騒動、佐村河内守、現在は?

現代のベートーベンもウソでしたね。

スポンサーリンク

佐村河内守 現在

佐村河内守 現在のニュースは、次のように報道されています。

“現代のベートーベン”として時の人となった佐村河内守。彼が作曲したという『交響曲第1番《HIROSHIMA》』は当時、累計出荷枚数18万枚超えとクラシックでは異例のヒット。しかし、彼のプロフィールが真っ赤なウソだと明らかになった、’14年2月の“代作騒動”。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

佐村河内守 現代のベートーヴェンは虚飾?代作騒動

佐村河内守の代作騒動の報道を見てみましょう。

当時のニュース動画です。

「私は、佐村河内さんの共犯者です」

と会見で語った作曲家の新垣隆氏。18年にわたり楽曲のゴーストライターを自分がしていたこと、佐村河内氏の耳が聞こえていないというのもウソだと暴露した。

「この影響で、全国ツアーを予定していた大阪市の企画会社が、佐村河内氏に約6100万円の損害賠償を求めて提訴。大阪高裁は’17年に約4200万円の支払いを佐村河内氏に命じる判決を下しました」(全国紙記者)

スポンサーリンク

佐村河内守 現在はどうしてる?

佐村河内はどこにいるのでしょう?

佐村河内氏は現在、どうしているのだろうか?
以前に住んでいた横浜市にある分譲マンションを訪ねると、

「その人なら引っ越されていますよ。私はその後に入居したので、まったく知りません」

登記を確認すると’18年に差し押さえられ、翌年2月に売却されていた……。

また、佐村河内氏は’16年10月に、日本音楽著作権協会(以下、JASRAC)に対し、楽曲使用料などの支払いを求めて提訴している。

「実際に、作曲していたのは新垣さんだったため、JASRAC側は権利がどこにあるのかが不明だとして契約を解除していました。新垣さんは、権利をすべて佐村河内氏に譲渡するとしたのですが、使用料の支払いはされていなかったのです」(前出・全国紙記者)

裁判は’17年3月に、JASRACが著作権料を支払うことで和解。支払金額は、784万2844円。

スポンサーリンク

新垣隆 ゴーストライター

代作者の新垣隆は逆に人気者になっていきましたね。

もう一方の当事者である新垣氏は、暴露後にさまざまなバラエティー番組に出演し、騒動について語った。“ゲス不倫”の川谷絵音らとテレビ番組をきっかけに結成したバンドのメンバーとしても活動するなど、ゴーストライターから一躍、活動の幅を広げた。

新垣氏の兄である茂さんに話を聞くと、

「弟は当時のことについて、聞かれれば話しますが、自分から触れることはありません。もうお別れをしたわけですから、あとは自由に頑張ってくださいとしか言えませんね。佐村河内さんからの連絡?

当然ありませんよ。

楽曲の権利については作曲した際にお金はもらっていたので譲渡する形になりました。『HIROSHIMA』を含むクラシック楽曲も同様に財産権は手放しています。ただ、佐村河内側は共作だと主張していますが、作曲は新垣が単独で行ったものです。別段、争っているわけではありませんが……」

佐村河内氏は数年前、プロレスラーのザ・グレート・サスケの入場曲を作曲したようで、それ以降は音さたもないままだが、どこかで隠遁生活を継続しているのか……。

スポンサーリンク

佐村河内守 現在に世間の反応は?

ま、詐欺師の末路はこんなもんだと思う。それにしても図々しく楽曲の権利を主張してるのが呆れる。新垣さんに返してもらいたい。ご本人は謙虚だから望んでいないようだが。

 

この人の事はNHKのドキュメンタリーで初めて見たけど、
インタビューに普通の声で話しているのを見てとても疑問に感じた。
聴覚障碍者の方特有のトーンや話し方ではなく、
耳が聞こえている人と全く同じ感じに話していたわけで。
「めまいが酷くて床をはいつくばってる」とか言ってるシーンもあったけど、
ただ四つん這いなだけでまっすぐ前に向かって進めていたしと、
何から何まで疑問符だらけだった。
本当に立てない程めまいが酷い場合、四つん這いでもふらつくんじゃないかと。
NHKの取材班は誰も疑問に感じなかったんだろうか。
密着取材なんてしてたら流石に気付かないかね。

 

佐村河内の事件は衝撃的すぎて今でもよく覚えてますね
もちろん、いけないことだったとは思いますし、同情の余地はありません。ただ、被害者がそんなにいなかったこともあり、よくネット上ではネタになっていた人物という印象です。
あの年は野々村とか話題になりやすい変人が多かった気がしますね

 

もちろん、詐欺を働いた佐村河内が一番悪いけど、「現代のベートーベン」と持ち上げ、詐欺師をヒーローに仕立て上げたマスコミは、自分たちの詐欺加担(結果論だけど)についてどう考えているのか。「だまされた」と被害者ぶるのもいい加減にしてほしい。キャリア詐欺のコメンテーターを視聴率のために調べもせず重用したり、それも説明責任を果たさず被害者ぶっている。ご都合主義の最たるものは政治家とマスコミだ。

 

音楽の世界ではこの方ですが、デザインでは佐野研二郎、細胞研究では小保方晴子、政治家では数知れずおられます。

 

懐かしいサム。今でもNHKドキュメンタリーでの、音楽家として悩んでいる体を装おっている様や、会見での逆ギレを思い出すと吹き出しそうになる。サム、どこ行った。

スポンサーリンク

佐村河内守 現在 おわりに

佐村河内氏の騒動は衝撃的でしたね。

最後まで隠し通せると思ったのでしょうか?

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント