大東駿介 極貧時代がヤバい!助けた友人はあの芸人?

芸能
スポンサーリンク

俳優・大東駿介が極貧時代を語りました。

彼を救った友人が今は芸人のあの人?

スポンサーリンク

大東駿介 極貧時代

大東駿介 極貧時代のニュースは、次のように報道されています。

 俳優の大東駿介が29日、カンテレ「おかべろ」に出演。小学3年生で父が、中学2年生のときに母が蒸発し、親戚に引き取られるまでの極貧&引きこもり生活を助けてくれた友人やその周辺の人たちに感謝した。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

おかべろ 大東駿介 動画

そんな大東駿介を救い出したのは友人でした。

 

 極貧生活を続けるうちに「自分は社会に出ちゃ行けない人間に思えて」と、引きこもるようになった。そんな大東少年の自宅ドアを、ある日、友人が壊して入ってきたことから生活が一変。「そこから救われましたね」とターニングポイントだったと語る。

その友人の一人は、現在吉本の漫才コンビ「金属バット」の小林圭輔。「校舎の裏とかで『俺らダメや~』と言ってるようなダメな5人組だった」と懐かしむ。

友人たちは、大東の家に来るだけではなく、自宅にも呼んでくれた。友人母は「ご飯も一緒に食べていき」と声を掛けてくれた。そのときテーブルに並んだのは「えっ、普通の家庭ってこんなに食べてるの!?」とガリガリにやせた大東にとっては、驚くほどの豪華な料理の数々。「お寿司とカレー、焼きそば…もうたらふく炭水化物を食べさせるぞ!みたいな。いま思うと僕の生活わかって、食べさせるために…」と、優しさをかみしめていた。

スポンサーリンク

大東駿介 金属バット小林

そんな友人の一人がなんと漫才師の「金属バット」小林でした。

スポンサーリンク

大東駿介 極貧時代に世間の反応は?

涙出ますね。彼なりに頑張って生き抜いてきたんですね。頭が下がります。

 

「岸和田少年愚連隊」シリーズにも出ていたけど、よくこんな家庭環境でグレなかったなあですね。余計なお世話かもしれないけど、今後も役者としてもその人生経験を是非活かされて・・・・・・・・ですね。

 

旅立ちという作品で松山千春さんの役がしっくりきたのは彼の生い立ちにも関係あったのかな。
これから先、息の長い役者さんになってほしい。

 

環境のせいにせず、俳優にまでなられて、涙がでます。今後の活躍をお祈りします。
いい先生ですね。そうやってみていてくれる、そっとフォローしてくれる人がいたからこそ生き抜いてこられましたね
両親は一生悔いてください。

 

まったくそんな翳りを感じさせず、品もあるし
ある種の存在感もあるし
本物の良い俳優さんになってほしいです

 

明石家さんまさんがいつもカレーや牛丼など
庶民的なものしか食べない事を
村上ショージさんに指摘された時に
「そやけど、口は金持ちになられへん」
と言うのを思い出した。

 

大変な思いをされたのですね…でも大東さんの強さが伝わってくる素晴らしい話…勇気を頂ける方が沢山いるのでは。

 

育てて下さった親戚の方々に感謝し人生見返す努力を更に続けて頑張って俳優で成功して下さい。

 

浜ちゃんのチキンライスの歌詞みたいな感じかな。豪華で高いものより、子供の頃の想いが詰まったものの方が好きという。作曲した方も初心に戻ってほしい。

スポンサーリンク

大東駿介 極貧時代 おわりに

大東駿介さんの少年時代は壮絶でしたね。

そういった人生が演技の深みとして出てくるキャリアになってきました。

今後の俳優人生が楽しみです。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント