浜崎あゆみ 小説ドラマ化がヤバい!あゆ役は、安斉かれんか?

芸能
スポンサーリンク

浜崎あゆみの小説がドラマ化されます!

エーベックスの松浦氏と恋人関係にあったとの衝撃的な内容です。

浜崎あゆみは誰がやるのでしょうか?

スポンサーリンク

浜崎あゆみ 小説ドラマ化

   出典headlines.yahoo.co.jp

浜崎あゆみ 小説ドラマ化のニュースは、次のように報道されています。

 歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)との交際を初告白した小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が来春、テレビ朝日で連続ドラマ化されることが16日、分かった。

同書は、浜崎への取材を基にノンフィクション作家の小松成美氏が手掛けた“激白小説”。秘められた恋の告白は話題を呼び、7月31日の発売から今月6日までアマゾンの書籍ランキングの「総合」で7日間連続1位。同じく「日本文学」のカテゴリーでは16日まで17日間連続1位となっている。

幻冬舎によると、初版は5万部で、この日までに2度の増刷で計13万部を発行。同社は「日本文学のジャンルで、このスピードでこれだけの部数が出るのは異例のこと」としている。

反響を受け、映像化のオファーが相次いだ中、広告代理店関係者によると、テレビ朝日が獲得した。来春に連続ドラマにする方向で話が進んでいるという。

注目のキャスティングはこれからになるが、スキャンダラスな魅力もある“平成の歌姫”を誰が演じるのか。現役のトップスターをテレビドラマで演じること自体が珍しいだけに、さらに話題を呼びそうだ。

同書では、本のタイトルとなっている浜崎の代表曲「M」が松浦氏との交際の中で生まれた歌詞であるという事実が判明。その突然の告白にファンの間で「Mは“勝人のM”だったのか」「今さら昔の恋愛を持ち出さなくても」と疑問の声が出た一方で、芥川賞候補にもなった作家で社会学者の古市憲寿氏(34)が「ごく個人的な切実な物語というのは、時にとんでもない普遍性をもってしまうんだね。『M』で答え合わせができてうれしい」と評価するなど、賛否両論の議論が巻き起こっている。

≪生歌唱中号泣≫小説では20年前の1999年、松浦氏と破局直後に出演したテレビ朝日「ミュージックステーションスーパーライブ」の様子が描かれている。その日、浜崎は生放送の歌唱中に涙をこらえられず号泣。当時は涙の理由が謎だったため、ファンの間でこの時の映像が再び注目され話題となっている。

▽「M 愛すべき人がいて」の内容 1998年の歌手デビューからトップスターに上り詰めるまでの2年間に秘められた“出会いと別れの物語”を、赤裸々に描き出した小説。松浦氏ら実在する人物や渋谷109などの具体的な場所が実名のまま登場する。浜崎の代表曲「M」「Boys&Girls」などが松浦氏との交際の中で生まれたことなども明かされている。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

エイベックス 松浦勝人 浜崎あゆみ

浜崎あゆみとエイベックス創業者・松浦勝人が恋人関係だったという、

衝撃的な事実を公表した自伝的小説「M 愛すべき人がいて」が、

早くもドラマ化されます。

浜崎あゆみは2度の結婚、離婚をしていますが、

最初に浜崎あゆみの恋人として世間を騒がせたのは、

TOKIOの長瀬智也ですよね。

 

TOKIOの長瀬智也とは7年間続きましたが、

浜崎あゆみは長瀬と付き合う前に、

エイベックスの創業者で、

当時浜崎あゆみのプロデューサーMAX松浦こと松浦勝人と付き合っていたのです。

スポンサーリンク

浜崎あゆみ 松浦勝人と恋人関係

1998年に浜崎あゆみはソロデビューします。

 やがて松浦さんに対して恋心を募らせるようになったあゆ。彼女は楽曲のほとんどの作詞を手掛けているが、当時の詞に綴られていたのは、松浦さんへの切ない恋心だった。

《頭に思い浮かぶ語彙のすべては、その人への想いの偽りのない反映だ。(略)ノートに書いた文章は、つまりラブレターだった》

1998年、ついにデビューを果たしたが、当初の評判は芳しくなかった。一方で、彼女にかける松浦さんの情熱はすさまじく「浜崎あゆみは人気が出ない」と言い放つテレビマンに殴りかかろうとしたこともあったという。

次第に思いを抑えきれなくなったあゆは、松浦さんに気持ちを伝える。そして、離婚し独身に戻っていた松浦さんは、あゆに運命的な告白をした。

《私がドアを開けると、スーツを着た専務が立っていた。そして、(略)母に一礼すると、こう言った。「あゆみさんと付き合っています。真剣です」》

互いの思いを確認した2人は同棲を開始。あゆは15才年上の松浦さんのことを「マサ」と呼び、忙しい合間を縫って愛を注ぎ合った。交際に気づいたエイベックスの幹部らが猛反対したが、松浦さんは周囲を説得したという。

《恋愛に勝るパワーはない。マサのそんな呟きを一、二度聞いたことがあって、私は勇気凛々だった》

ブレーク目前の歌姫とプロデューサーの禁断の恋。決して世間に知られないよう細心の注意を払い、あゆは携帯電話の電話帳に愛する彼を「M」と登録していたという。

しかし、禁断の恋はほどなくして終わりを迎える。互いに仕事に忙殺され、一緒に過ごせる時間はほとんどなく、すれ違いが生じ始めたのだ。

1999年のある夜、松浦さんが寝泊まりしているマンションを訪れたあゆの目に飛び込んできたのは、スタッフや美女たちと飲み会に興じる恋人の姿。ショックを受けたあゆは誰にも告げずに2日半にわたってホテルに身を隠した。

「これは関係者しか知らない実話です。この時の思いを詞に落とし込んだのが翌年4月から3か月連続でリリースした『vogue』『Far away』『SEASONS』で、詞がかなり暗く、ファンの間では“絶望3部作”として知られています。この本により、あゆが抱えた絶望の理由が初めて明らかにされました」(レコード会社幹部)

純粋な思いを貫こうとするあゆと、プロデューサーとして“アーティスト・浜崎あゆみ”をより高みに押し上げようと奮闘する松浦さん。2人の心の間には埋めようのない大きな溝が生じ、やがて破局を迎えた。1999年の暮れのことである。

「松浦さんと別れたあゆは、その後、カリスマアーティストとなり、エイベックスの全売上の4割を叩き出すほどの存在になりました。今思えば、あゆが松浦さん一人を思い続けていたら、数々の名曲は生まれなかったかもしれません。そう考えたら、別れは正しい決断だったともいえるのではないでしょうか」(前出・レコード会社幹部)

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

浜崎あゆみ 絶望3部作 動画

『vogue』『Far away』『SEASONS』の絶望3部作の動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

浜崎あゆみ役、誰がやる? 安斉かれん?

ネットではさっそく浜崎あゆみ役を誰が演じるのか、

話題になっています。

その中で現実的にこの人では?

との声が上がっています。

 

「安斉かれん」です。

5月のエーベックスからデビューした新人歌手です。

 

1999年生まれ 神奈川県藤沢市出身の19歳。
『ポス(ポストミレニアル)ギャル』と呼ばれる次世代型ギャルの一人。渋谷の人気ショップ 「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」で店員として働きながら、デビュー前から多くのファッション・メディアに登場し、コスメティックブランドM・A・Cの店頭コレクションビジュアルにも採用される等、徐々に注目を集めている。

令和元日の5月1日「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」で avexよりデビュー。

引用kalenanzai.com/profile.php
動画を見ると、
浜崎あゆみ役に抜擢されても、
おかしくないなと思いました。
スポンサーリンク

浜崎あゆみ 小説ドラマ化に世間の反応は?

思うのは自由ですが、ダメだこりゃ。
分かってはいたけど、どう見ても
普通にゐたゐたしいお浜さんと
思う方に一票。

 

映画とかには、なるかなーと思っていましたが、
ドラマ。なかなか難しいですよね。
松浦さんは、困惑してても結果的にドラマ化もOKしたのならば、やっぱり戦略だったんですよね。

 

TOKIO長瀬との恋愛が無かったことになってるな。
エーベックス社長との不倫より、こちらの方が世間は興味があると思うんだが。

 

たぶんコケると思う。誰もそこまでこの人にもはや興味はない。テレ朝はよく獲得に乗り出したな。こういうのは一番慎重な局だと思うしだからこそ好調なんですが。

 

 

小説が売れたのは、ただ単に興味本位で買っているだけ。ドラマにまでしなくても…

 

これは驚きました。今更と思ってましたが浜崎あゆみさんの影響力の大きさに、またはテレ朝の先見性のなさに^^。

 

ドラマを観たいと思う人達がどれぐらいいるのかも疑問だが、テレビ朝日が制作するってのならどっかがスポンサー料払ってCM流すのだろうがそんな会社あるんかいな。
本は読んでないので詳しい内容は分からないが、松浦氏も白々しいコメントしてたけど完全に戦略でやってるんだよなと思ってしまう。
確かに話題になったんだろうが最終的にどのような結果になるのか。松浦氏もただの芸能事務所の社長とかではなく上場会社の代表取締役なんだから、いくら功労者とはいえ1アーティストと意味不明な話題を振り撒くのが会社として良いとは思えないのだが。
まあしかし浜崎あゆみはこれで歌は諦めてタレントでも目指すのかね?今は声も出てないし音程やピッチも取れてないときがあるしプロの歌い手としては厳しい気が。いくら難聴とか病気のせいとはいえ、一定のレベルで歌えないと今後は厳しいよな。

 

出版元の幻冬舎オーナーの見城はテレ朝の外部顧問。
早い話が、最初から出来レースだ。

 

裏で動いて一儲け企んだのはひょっとしてどちらかと言うと暴露された被害者とされていたMさんの方なんじゃないかな?小説の売出しから話題の上り方、映像化までの流れが早すぎる…
当の本人の浜崎さんはまだまだ普通に活動している訳だし何を持って映像化するのか大きな理由が分からない。仕掛けた側からすれば本が鳴かず飛ばずならまあ仕方ないか…もし売れたら映像化もしようくらいのノリだった気がする。良いも悪いも浜崎さんのカリスマ性があってのことだが。
20年前まだCD販売が健在で、今みたいに○○Bグループか、○○ニーズでないと売れない時代ではなく様々なアーティストがいた中で確かに浜崎さんの曲は出たらCDを買ったり借りたりして車の中でいつも聴いていた。個人的にはこの方にも安室ちゃんと同じくらいカリスマのママ綺麗な幕引きをする権利はあったのでもう少し謙虚に美しくアーティストとして終わらせて欲しかったかな…

スポンサーリンク

浜崎あゆみ 小説ドラマ化 おわりに

浜崎あゆみの自伝的小説、

意外な内容で世間をあっと言わせましたが、

まさかの早々のドラマ化にも驚きました。

ミュージックステーションでの付き合いのあるテレビ朝日ですから、

どのようになるのか楽しみですね。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント