春名風花 10年間がヤバい!誹謗中傷に裁判で対抗する理由は?

芸能
スポンサーリンク

春名風花 10年間が話題になっています。

ネットでの誹謗中傷に訴訟を起こす理由は?

スポンサーリンク

春名風花 10年間

春名風花 10年間のニュースは、次のように報道されています。

「はるかぜちゃん」こと女優の春名風花さん(18)。9歳でツイッターを始めると、社会問題について自分の意見を率直につぶやき、すぐさま話題になった。今年2月に19歳の誕生日を迎える春名さんのフォロワーは、今や20万人を超えたが、この10年間は誹謗中傷との闘いでもあった。

「顔の見えない人たち」からの中傷に対抗するため、春名さんはついに法的措置をとった。裁判所が2019年11月1日、ツイッターで誹謗中傷した投稿者の情報開示をプロバイダ側に命じたというニュースが流れると、フォロワーからは「おめでとうございます」とお祝いの声がたくさん並んだ。

「本気でやれば、ネットは匿名じゃないと示せた」。春名さんはそう喜ぶ一方で、「裁判には時間もお金もかかって、被害者側が損ばかりしている。言ったもん勝ちはずるい」と複雑な心境も明かす。

引用https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00010611-bengocom-soci

スポンサーリンク

はるかぜちゃん ツイッターで誹謗中傷浴びる

ツイッターをはじめた小学生時代から、誹謗中傷に悩まされていた。年配の警察官には「芸能界辞めたら」と門前払いされ、劇場への爆破予告も時効を迎えた。

春名さんはこうした日々を「真綿でじわじわ首を締められる生活」と言う。

「フォロワーが多くても、何も強くないと思う。人間として見られていない感じがする。誹謗中傷は慣れていると言っても、ちょっとずつ精神が削られて行く。周りの人に迷惑がかかったらなおさらつらい」

スポンサーリンク

春名風花 ツイッターで名言

はるかぜちゃんのツイッターは名言が多く、

賛否両論こそありますが、

ネット話題になります。

 

AKBグループの総選挙で「結婚宣言」をしたNMB48の須藤凜々花に対しては、

「卒業も結婚も自由だけど、次のシングルの活躍を願い票を入れてくれた人がいる以上、その期間までは働いた方がよいと思います」

「芸能の仕事は観てくれる方がいて初めて成り立つものであり どんなに美貌や才能があっても、どんなに努力していても応援してくれる観客がいなければ、何者にもなれないから」
「このお仕事はお客様がいてくださって初めて、夢や憧れや趣味ではなく『仕事』になるのだから」

と正論をツイートしています。

また、8月31日には次のツイートをしました。

スポンサーリンク

春名風花 訴訟に踏切る理由は?

しかしこうしたツイートが生意気だ、

叩いてやれと、

アンチがしつこくつきまとい、

中には爆破予告をするなどの事件もありました。

 

警察も対応してくれず、残された手段は民事裁判。とはいえ、お金もかかるためすぐには踏み出せなかった。

さらに、裁判を起こしても、費用倒れのリスクもあると知った。2018年10月、のちに代理人となる田中一哉弁護士に相談した際、「身元を突き止めたとしても、相手が賠償金を払えないケースがある」と説明された。

ツイッターに請求して開示される情報は、IPアドレスとタイムスタンプのみ。そこから投稿者が利用したプロバイダが分かれば、そのプロバイダに対して、投稿者の情報(住所、氏名、メールアドレスなど)の開示を求めることになる。

そうして初めて、投稿者に損害賠償を請求することができるが、ようやく身元が判明したところで、相手が賠償金を支払えるかどうかは分からないのだ。

お金をかけて頑張って裁判しても虚しさしか残らないかもしれないーー。春名さんは「本気でやるぞ」と覚悟を決め、仕事のあいまにコールセンターでアルバイトをして裁判費用を貯めた。「来年からの大学在学中の生活費と学費のために貯めていたお金も裁判費用に回すことになって、悲しかった」とこぼす。

 

「なぜ僕はバイトをしているのだろうとか、この裁判のためのお金があったら他にいろんなことできたなあとか、思ってしまう瞬間があって苦しかった。悪い人を懲らしめるのには、たくさんの手続きが必要。悪い人が得をする世界だと思った」

裁判でのプロパイダからの「権利が侵害されたことが明らかであるとは言えない」といった反論にも押しつぶされそうになった。「早く情報を出して欲しいと思った。被害者側からは不信感が募った」とこぼす。

 

「訴えることによって、誹謗中傷してくる他の人への抑止力になる。だから、続けることができた」。春名さんは初めての裁判をこう振り返る。ただ、これで終わったわけではない。今後、氏名などが情報開示された投稿者に対して損害賠償請求を予定している。

 

どうせ捕まらないしと、

しつこく有名人を叩くアンチは高をくくっているでしょうが、

はるかぜちゃんは抑止力のために、

裁判沙汰にするつもりです。

スポンサーリンク

春名風花 10年間に世間の反応は?

こういったアクションが、ネットでの中傷問題の解消に少なからず繋がっていくことを祈る。無責任な一言が誰かを傷つけていることを知るべき。

 

こういうことを個人がやらなくてはならないのが駄目なんだよね。
SNSは実名登録を義務化して、中傷などが事実と認定されたら、一瞬でSNSの表示が実名に切り替わるようになれば少しは中傷も減る気がする。

 

自分の事は証さないから、関係無い事にも口を出して文句を言いたい放題
その責任はやっぱり取ってもらわないといけないと思う、顔出し名前出しやある程度の金額保証もしないと駄目だよね
皆から攻撃されてみたらいいんだよ
どんだけ辛いか

 

法的措置はちゃんとした方がいい
ただ、未成年のSNS利用は規制した方がいい。
まだ精神的にも未熟、判断力も未熟な未成年の健全な成長を守るために

 

9才でTwitterをしてた事も問題です。
Twitterの規約では、13才以上となってます。
ネットリテラシー云々よりも、
規約を破ってやる事が良いとは思えません。

 

この子もなかなかの気の強さで、喧嘩売ってるようなところもあったと思いますけどね。

 

この人が自分の価値観だけで見ず知らずの人を公に否定してるのを何度か見かけた。それに追随する輩も同じようにその人を叩いてた。発言には責任が伴う。自分は悪い人たちとは違うと思うのは傲慢。誰もが多かれ少なかれ意図せずとも同じようなことをしている。
自分の価値観だけで人を見ないこと。人を否定するのは簡単だけど、否定したからといってよくはならない。北風と太陽の話を思い出してほしい。

 

この人の場合、自分の言動が原因になっていることについてはダンマリを決め込むか、開き直るかなんですよね。
ある物事について、一方的な意見だけを言えばその反対の立場の人からは反論が来るでしょう。この人の場合、そのような反論も含めて中傷と言っています。そのような「大人の都合」を含めた考え方を毛嫌いする年齢であったにしても、他者に投げかける言葉としては強すぎるものもあったことは事実です。

スポンサーリンク

春名風花 10年間 おわりに

ネットで爆破予告は言語道断ですが、

アンチでしつこく絡むようなことが良いことだと思えませんね。

でも世間ではこうした人を抑止する手段がなく、

訴訟を起こしても損になる、

そんな憤りを感じながら春名風花さんは抑止力のためにも、

訴訟するようです。

いつかのスマイリーキクチさんのケースもあります。

春名さんは信念を曲げずに頑張って欲しいと思いました。

 

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント