松岡茉優 野望がヤバい!女優人生の第二章とは?

芸能
スポンサーリンク

松岡茉優の野望が話題になっています。

いったいどんな野望を?

スポンサーリンク

松岡茉優 野望

松岡茉優 野望のニュースは、次のように報道されています。

 世代を代表する女優として、大きな輝きを放っている松岡茉優。白石和彌監督最新作『ひとよ』(11月8日公開)では、家族の絆を結び付けようとする長女役を繊細な表現力で体現している。話題作への出演が相次いでいるだけでなく、バラエティー番組や舞台あいさつなどでも、周囲をパッと明るくしてしまうパワーを持つ彼女だが、子役からスタートさせたキャリアにおいては不遇の時代も過ごした。「いまは女優人生の第二章」という松岡が、ブレずに抱いている信念、そして現在の野望を明かした。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

松岡茉優 役作りに秘訣

松岡茉優は役作りを次のように語っています。

どんな役でも、「短所を見つけるのが大事だと思っている」という。「いつもわたしは役のプロフィールを自分で作るんです。家系図も書くし、何よりも役の誕生日を決めるのが一番楽しい作業で!『誕生日大全』という本があるんですが、誕生日ごとにその人の長所と短所も書いてあって。役の短所を見つけて、その本をもとに誕生日を決める。人間って、本当は悪いところだらけですよね。ちゃんと悪いところを見つけておけば、その役に人としての深みが出るのかなと思っています」とキャラクターに血を通わせる秘訣を明かす。

スポンサーリンク

松岡茉優 夢がかなう?

 「10代のころは全然お仕事がなかった」というが、熱く、真摯に女優業に向かう姿は、数々の名監督との出会いとして結実している。「中村義洋監督、吉田大八監督、三池崇史監督など、続けざまに邦画界を代表する監督たちとご一緒させていただいて。本当に出会いに恵まれているんです。母には『あなたには引き寄せる力がきっとあるから、大きな声で言霊を発しなさい』と言われました」とニッコリ。

 敬愛していた「是枝裕和監督、三谷幸喜監督と仕事がしたい」との夢が叶い、「女優人生の第一章が終わった」という松岡。

スポンサーリンク

松岡茉優 第二章 野望は?

松岡茉優の第二章の野望は?

「だんだん同世代の監督さんも増えていきているので、そういった方々とたくさんご一緒したいです。監督としても活躍されている松本花奈さんは、子役からご一緒させていただいてる方なんです」と。「わたしはすばらしい監督さんたちとご一緒させていただいたので、その経験をこれからの映画界を担う方たちと味わっていきたい」

スポンサーリンク

松岡茉優 野望に世間の反応は?

「自信」と「過信」は紙一重

 

この子や土屋太鳳は、女性人気がないことが
致命的だと思う。
30代になっても主演の話がくる女優さんは
容姿端麗に加えて大体女性人気がある。
新垣結衣とか、北川景子とか。

 

逆にここまで堂々としてられる性格は女優向きなのかも。本人はバラエティに向いてる気でいるけど、逆にバラエティには向いてない気がする。

 

一流女優は常に謙虚だと思う
それがスタッフ含めて多くの人に愛される秘訣

 

しゃしゃり出て来すぎなんだよな。自分を見てくれ感がすげぇ滲み出てる。

 

この人はどんなに笑顔になっても目の奥が笑ってないんだよな。

 

バラエティで良くみるね。役柄としてのインパクトがあまり無いので、どの作品に出演されてたのかファンでも無いから良くわからない。

 

バラエティも女優としても特別達者とは思えないし、人気と比例しないメディア露出やあげ記事の連発を見ていると、昔の剛力さんを思わせるゴリ押し女優だと思う

 

華がない、
年齢の割に、老けてる、
今がピークでしょう
一般人のほうが、かわいい子たくさんいる

 

ずいぶん叩かれていて、何が理由なのかなぁと思って、何度かバラエティや、その他、女優じゃないときのこの方をテレビで見たが、前に前にというのが強すぎて、こりゃあ女性に嫌われるタイプの女だなぁと思った
子役から芸能界にいるせいか、若いわりに場を読むのがうますぎて、逆にあさましく見える
女優としても、そんなに魅力あるのかな、と思った

 

話題作に多く出ていて、評価の高い記事ばかり見受けられる女優さんですが
不快に思う言動が多くて残念です。

 

女優は前へ前へと自分を主張してよい役もあり、そういった役を選んでいけば自分らしさをだせると思う。
バラエティーは前へ前へでては周囲がひく。
今のバラエティーは連携で笑いをとって成り立たせている。松岡さんに芸人がうまくふってるだけであり、上手いのではなく、こなしているだけに思う。
バラエティーは上手いのと器用なのは違うんだな、とこの方をみて思う。

 

本格的に女優としてやっていきたいのなら、バラエティに出るのやめてほしい。

 

女優としては好きだが、外向けに自我を前面に押し出してくる人間性はあまり好きではない。オーディションは命がけかもしれないが、視聴者にそれを押し付けられても…

スポンサーリンク

松岡茉優 野望 おわりに

松岡茉優のこれからの野望は、

同世代のクリエイターと新しい作品を作っていくことです。

これからも目が離せませんね。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント