日向坂46 反論がヤバい!苦労知らず?恵まれ過ぎ?

芸能
スポンサーリンク

日向坂46が世間に反論します。

売れて当然、

苦労していないと言われる日向坂46、

彼女らの決意とは?

スポンサーリンク

日向坂46 反論

    出典headlines.yahoo.co.jp

日向坂46 反論のニュースは、次のように報道されています。

上品な雰囲気の乃木坂46、シリアスな雰囲気の欅坂46に続く新グループとして追い風を受けながら、日向坂46の放つ明るい「ハッピーオーラ」は、「坂道シリーズ」に新風を吹き込み、若者から強い支持を得ている。

「新人」と考えれば間違いなく快進撃を続ける日向坂46だが、その活躍が増えるたびに、「恵まれた環境にいるからこその結果」「苦労知らず」といった揶揄も目立つようになってきた。

佐々木は言う。

「たとえ『楽をしている』と思われても、いつか『やっぱ日向坂、スゴイ!』と思ってもらえるぐらいの存在にならないと」

小坂も佐々木の答えにうなずく。

「そういう方は、そう言っていればいいよと思います。『いつか見返してやりますからね!』という気持ちはあります」

出典headlines.yahoo.co.jp

日向坂46は、

乃木坂46が敷いた路線を欅坂46が走り、

その上をさらに走っているおかげで、

楽をしている、

恵まれている、

売れて当然と言われることがあります。

スポンサーリンク

日向坂46 キュン

日向坂46のグループの特徴は、

「ハッピーオーラ」です。

その「ハッピーオーラ」溢れたMVを見てみましょう。

スポンサーリンク

けやき坂46から日向坂46に

元々は最終オーディションを受けなかった「長濱ねる」を救済するための新グループが、

「けやき坂46」でした。

長濱ねる一人だったために、「けやき坂46」の新メンバーを募集しましたが、

当初は乃木坂46で言うところのアンダーメンバーで、

選抜である欅坂46に昇格するものだと思われていました。

 

ところが長濱ねるは欅坂46選抜になれますが、

「けやき坂46」は全く声がかからず、

カップリングとして曲が与えられるだけでした。

 

「最初はみんな『いつか欅坂46さんになりたい!』と思い加入したものの、自分たちと欅坂46さんは別物だ……と徐々に気づいて。正直、『私たちはどこへ向かっているの?』と、よくわからないまま、活動が続きました」(佐々木)
立ち位置に悩む彼女たちに、思わぬ吉報がもたらされたのは2017年2月のこと。3月21、22日の2日間、Zepp Tokyoでの単独公演開催が決定。ワンマンライブ最終日には、5月から初の単独全国ツアーを開催することも決まった。

「この頃には12人での結束が強まり、『欅坂46さんになる』という目標は、『けやき坂46としてもっと頑張りたい』という思いに変わっていました」(佐々木)

8月には、小坂ら二期生9人が加入したが、一方でグループの存続を揺るがす「別れ」も訪れた。9月、グループの象徴・長濱が、多忙を理由にけやき坂46の兼任を解除、欅坂46の専任になると発表されたのだ。メンバーには大きな衝撃が走った。

「『ねるちゃんのいない私たちを果たして見てくれるの? このまま私たち、なくなっちゃうのかな?』と不安になりました」(佐々木)

年末には全国ツアーの最終公演として幕張メッセ イベントホールでの追加ワンマンを実施。7000人の観衆を前に一期生、そして初ライブを飾った二期生が躍動。計20人のけやき坂46の姿は、このツアーを通して生まれた「ハッピーオーラ」という言葉の通り、見る人に笑顔をもたらした。

出典headlines.yahoo.co.jp

段々と欅坂とは違うグループに変身していった「けやき坂46」です。

 

そしてついに、

欅坂46から独立した別グループになりました。

改名、

第3の坂道シリーズが誕生した瞬間の動画です。

先輩たちの延長線上にあるグループとしてだけでなく、自分たちの「ハッピーオーラ」で新たなファンを開拓していけるかどうか――。笑顔の奥で情熱を燃やす日向坂46の挑戦は、まだ始まったばかりだ。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

日向坂46 反論 おわりに

日向坂46のファンは、

坂道シリーズから流れてきたファンが多いと聞きます。

乃木坂46メンバーの相次ぐ卒業や、

3期生への急な世代交代への不満、

欅坂46への不満などから、

ハッピーオーラで楽しげな日向坂46に流れる傾向があるのだとか。

 

これからますます輝いていく存在になるのではないでしょうか?

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント