一青窈 仮歌歌手時代を告白、5年間SPEEDの仮歌を。

芸能
スポンサーリンク

一青窈さんが仮歌歌手をやっていた過去を告白しました。

 

いったいどういう事か、調べてみました。

スポンサーリンク

一青窈 仮歌歌手、SPEEDの仮歌を歌っていた

 

一青窈さんがSPEEDや知念里奈さんの仮歌を歌っていたとは知りませんでした。

 

仮歌歌手とは、

デモテープ専門の歌い手のことです。

実際に歌う歌手の代わりに、

歌手が曲を覚えるためにデモテープに歌を吹き込んで渡します。

スポンサーリンク

一青窈 仮歌歌手、5年の下積み時代

今回のニュースは次のように報道しています。

シンガーソングライターの一青窈が6日、日本テレビ系で放送された「1周回って知らない話」に出演。売れない時代、SPEEDらの仮歌を歌っていたことを明かした。

一青は、売れるまでの自身について「有名なアーティストさんのデモテープに入っている仮歌を入れていました。SPEEDさんとか知念(里奈)さんとか」と告白。仮歌はコンペティション段階でのもののため、一青の歌声は世に出ることはなかったが、「5年ぐらいやってたと思います」と“仮歌アーティスト”を5年間やっていたことを明かし、MCの東野幸治らを驚かせていた。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

どうやらファンにはご存知の事実だったらしいですね。

 

仮歌歌手は当然ですが、

歌がうまくないとなれませんし、

歌唱力は納得の人ですからね。

スポンサーリンク

一青窈 仮歌歌手、ネットの反応は?

 

一青窈さんの仮歌歌手時代の告白について、

ネットでの反応を拾いました。

 

事務所が抱えているデビュー前の子に仮歌をさせるのはよくある事です。

 

一青窈のゴーゴーヘブン聞いてみたいわ

 

確かに!

BODY & SOULとか、WHITE LOVEとか、my graduation なんて聴いてみたいです。

 

知念里奈さんと言えば、

あまりヒット曲は思い浮かぶませんが、

いまや日本を代表するミュージカル、舞台女優ですよね。

 

あと、一青窈さんと言えば、どうしたもついて回るのが、

不倫略奪婚のイメージです。

 

一青窈さんは、小林武史さんと不倫をしていました。

その後、小林武史さんは奥様のMy Little LoverのAKKOさんと離婚。

2007年に一青窈さんは、小林武史さんと結婚しました。

 

AKKOさんとの間には、お子様もいましたので、

世間では相当叩かれていました。

 

それから一青窈さんはあまりヒット曲に恵まれていないですね。

 

不倫のマイナスのイメージが付いて回るからでしょう。

 

一青窈さんがアーティスとして成功していれば、

このような過去の切り売りをして、

バラエティ番組に出なかったと思います。

 

一青窈さんは素晴らしい歌をまた聴かせてもらいたいと思います。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント