ほうじ茶 若年層 人気がヤバい!理由は?女性人気?ブラックサンダーも

社会
スポンサーリンク

ほうじ茶が若年層に人気になっています。

いまさらどうして人気に?

理由は?

スポンサーリンク

ほうじ茶 若年層 人気

ほうじ茶 若年層 人気のニュースは、次のように報道されています。

ほうじ茶飲料の販売金額が、10年前から3倍の規模になるほど拡大している。緑茶飲料の中での販売構成比は10%に満たない小さい規模だが、ほうじ茶フレーバーが人気になったことから、メインユーザーの30~40代女性に加え、若年層で飲用習慣が広がっていることが大きい。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

ほうじ茶 若年層に人気の理由は?

ほうじ茶人気の理由は、世代によって異なるようです。

30~40代の女性からは、カフェインが少なく、香りが高いことから、仕事中にリラックスできる飲料として支持されています。

一方、若年層からはやさしい味わいでゴクゴク飲める止渇系の飲料として人気が出ています。

スポンサーリンク

ほうじ茶 フレーバー

ほうじ茶が人気の証拠に、

お菓子やアイスなどにも広がりを見せています。

スターバックスで「ほうじ茶 ティーラテ」が人気となるなど、カフェで定番化が進み、今年流行のタピオカドリンク店での採用も広がったほか、菓子では「ブラックサンダー ほうじ茶ラテ」(9月発売)、アイスも「ハーゲンダッツ ジャポネ ほうじ茶きなこ黒蜜」(セブン-イレブン限定、10月29日発売)など、幅広いカテゴリーで商品化されている。

スポンサーリンク

ほうじ茶人気は女性から?

ほうじ茶はやはり女性に人気があるそうです。

ほうじ茶飲料は伸長を続けている。もともとほうじ茶は、歴史的に急須でいれて飲まれていたこともあり、香り立ちの良いホット商品から人気となって通年で飲まれるようになった。市場を牽引しているのは、ジャスミン茶やルイボスティーなど、香りに特徴のあるお茶を好む傾向にある女性のお客様です。

 

単独で飲んでもすっきり楽しめるが、食事や甘いものにも合うのがほうじ茶の特徴。“お茶=食事に合う”ことは、お茶本来の価値だ

スポンサーリンク

ほうじ茶 ペットボトル

ほうじ茶のペットボトルでは、

「お~いお茶 ほうじ茶」は、通常のほうじ茶飲料が番茶などを使用する中、一番茶を使用して、おいしさや香りを高めたことが支持されています。

コカ・コーラシステムからは、今秋からホットでも「綾鷹ほうじ茶」を発売。

9月にはファミリーマート限定で、ホット専用の「綾鷹 ほうじ茶ラテ」を販売します。

 

ポッカサッポロフード&ビバレッジの「加賀棒ほうじ茶」は香り高い「加賀棒ほうじ茶」で差別化をはかっています。

 

サントリーは、「伊右衛門 春ほうじ茶」、「伊右衛門 冷ほうじ茶」を発売し、9月からは「伊右衛門 焙じ茶」を発売しています。

 

アサヒ飲料は、「十六茶」から、カフェインゼロの「十六茶ほうじ茶」を発売しています。

スポンサーリンク

ほうじ茶 若年層 人気に世間の反応は?

過去のCMで、食事の後烏龍茶、ジャワティーストレート(紅茶の砂糖なしの味)があったが、やはり日本人なら食事の後は日本茶が一番。ほうじ茶は麦茶とは違う香ばしい風味があり好きです。特に、温かいお茶を飲むと気持ちが和み落ち着く気がします。

 

煎茶や番茶、茎茶を焙煎したものであるほうじ茶は、カフェインが低く苦みや渋みはほとんどなく口当たりはあっさりしている。寝る前に飲んでも眠くならないような問題はないという。「ヘルシー」な食べ物に向かう時流に合っているのだろうね。個人的には神経質なまでに「ヘルシー」に向かう流れに少々嫌気がさすけど。

 

抹茶がこれまでいろんなものとコラボされてきましたが、今、ほうじ茶が単独であるいはコラボ商品として出回るようになって来たんですか。
お茶と麦茶ばかり好んで飲んでいましたが、好みが別れるところと思いますがあの香りが好きでして、昔はよく飲んでいたのですが、ここのところご無沙汰でしたが好きなお茶ですので、いちど試してみたいと思います。

 

個人的には玄米茶派
でも来客に出せない扱いを受けるほどの格付けが低いことに残念でならない

ただどこのメーカーもペットボトル飲料のお茶は味が薄い
濃いめだと渋さばかり濃くなっているだけで限界を感じる

 

ほうじ茶の魅力は「香り」でしょうね。ボトル入りでそこまでは期待できませんが、普通の緑茶の香りも似たようなものです。
秋・冬はホットなほうじ茶もいいでしょうね。

 

 

ほうじ茶は昔から好きで飲んでいますが、ブームになるとは意外です。ほうじ茶は、ジュッと音がするほど思い切り熱いお湯を茶葉に注いで、できれば南部鉄瓶の急須で淹れると、本当に香ばしくなって香り立ちが全然違いますし、ぐっと美味しくなるのでおすすめです。

 

ショッピングセンターや商店街などを歩いていると、時々お茶屋の店先の機械でお茶を焙じている時がある。
それが何とも言えずいい香りで暫し堪能するのだが、どうやらリラックス効果もあるとのこと。
ほうじ茶は元々好んで飲んでいたが、最近は記事のように流行りもありどこでも手に入るようになったので嬉しい限りだ。

スポンサーリンク

ほうじ茶 若年層 人気 おわりに

抹茶ブームの次は、

ほうじ茶ブームのようです。

ほうじ茶はお手軽で飲みやすいのが、

若年層にも浸透してきていて、

さらにおしゃれな感じも合わさって、

ますます人気になりそうですね。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント