川崎あや 引退がヤバい!理由は?限界?結婚?

芸能
スポンサーリンク

川崎あやが引退すると話題になっています。

引退の理由をおってみましょう。

スポンサーリンク

川崎あや 引退

出典headlines.yahoo.co.jp

川崎あや 引退のニュースは、次のように報道されています。

ウエスト52センチという驚異的なクビレで人気のグラビアアイドル・川崎あや(28)が、25日発売の『週刊ヤングジャンプ』34号(集英社)で芸能界から引退することを発表した。所属事務所によると、活動終了時期は来年3月いっぱい。同誌編集でラスト写真集が発売されることも決定した。

「ミスFLASH2016」グランプリを獲得した川崎は、SUPER GT300のレースクイーンとしても活躍。身長167・バスト80・ウエスト52・ヒップ88センチという細いだけではないメリハリボディを誇り、刺激たっぷりにハイレグ水着にも挑戦するなど、一気にブレイクした。

川崎はツイッターで「川崎あやは2020年3月芸能界を『引退』します」と報告。突然の発表で驚かせたことを謝罪しながら、「1年くらい前から考えていて、何度ももうそろそろダメかもってなりながら、それでもファンの方の応援でなんとか今日まで続けてこられたと思います」と心境を明かした。

今年5月から2ヶ月間ほど休養していたが「私の中で一区切りつけて復帰後の引退までの9ヶ月間を全力で駆け抜ける為に必要な休養期間でした」と説明。自分にとって「グラビアアイドルは通過点ではなく、始めたときからそこが目標でゴールでした」とグラビアへの思いを打ち明け、この1年間は「仕事の幅を広げたくない自分の活動の限界を感じながら一人悩んだ」と胸の内を吐露した。

グラビアアイドルとして人気絶頂のなか、衝撃的な突然の引退発表となったが、今回も表紙&グラビアでトレードマークの“くびれ”と超急角度のハイレグで、過去最高に仕上がったスタイルを披露。さらに、川崎が過去に出演した同誌のソログラビアを1ページでまとめて紹介し、2017年からの約2年間を振り返ることのできる内容になっている。

ファンからは「あやちゃんの引退は辛い限りですが残りの期間精一杯がんばって下さい」「3月まで、あやさんが良い活動が出来るよう応援させて頂きます」「寂しいけど、あやさんが決断した以上、その意志を尊重したいと思います」と、引退を惜しみながらもその決断を応援する声が多数寄せられている

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

川崎あや ツイッター

川崎あやのツイッターです。

 

スポンサーリンク

川崎あや 引退理由は?

川崎あやの引退理由は、

はっきりと書かれているわけではありませんが、

やりきったということでしょう。

グラドル一本でやってきて、

ここが最高で限界という所での引退を選びました。

現在28歳、

最近ではグラドルは30代になっても続けている人がいますが、

川崎あやにとっては、ここで引退するのが美学なのでしょう。

スポンサーリンク

川崎あや 引退に世間の反応は?

年齢的にこれが今出せる最高の被写体なんでしょうね。自分から退くというのはかなり大変なこと。良く決断しましたね。今後も別世界で活躍することを祈っています。

 

あらら、可愛い子ですな。第二の人生頑張って下さいね。若いんだから色々あるのでしょう。

 

なんとなく予感はあった。
休止期間があって、戻ってきたら体が変わってて、体のラインが綺麗になってた。何か決意を秘めてると思いながらも、グラドルを極めていく方向にはいかなかったから引退が近いのかなと…。

 

よく雑誌の表紙にバーンと水着姿が載ってたイメージ。平成初期世代だったってことに驚きですが、ハリのある体のラインが特徴で表情も良かっただけに残念ですね。おそらく早い段階で完全燃焼しちゃったんだと思います。これからの彼女の人生が幸せでありますように。

 

彼女が書いている通り、グラビアアイドルとしてこれほど成功したなら、そこから女優やテレビタレントの道を目指すのが、世間一般的には成功の道であると思われている。
しかしそのように他の多くの人達がただの通過点だと捉えているグラビアアイドルの仕事にそこまで誇りを持って取り組んでいたのは、非常にかっこいい。
この先どのようなことをする予定なのか知らないが、そこまで自分なりのポリシーを持って生きられるこの人ならこの先何をやっても成功すると思う。
正直この記事を読むまでこの人の存在を知らなかったのだが笑、思わずこのようなコメントを書いてしまいました…

スポンサーリンク

川崎あや 引退 おわりに

自分の美学を貫いて引退するのは、

難しいことですが、

素敵なことですね!

引退まで頑張って下さい!

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント