織田奈那 謝罪がヤバい!理由は?文春砲で男バレ?欅坂46

芸能
スポンサーリンク

欅坂46の織田奈那が謝罪しました。

謝罪理由とは?

卒業理由とは?

スポンサーリンク

織田奈那 謝罪

織田奈那 謝罪のニュースは、次のように報道されています。

 アイドルグループ・欅坂46を23日をもって即日卒業することが発表された織田奈那(21)が自身のブログを5ヶ月ぶりに更新し、自らも卒業報告するとともに謝罪した。

織田は自身のブログで「ご無沙汰してしまいすみません。そして色々お騒がせしてすみませんでした。私の軽率な行動でファンの皆さんメンバーのみんな、スタッフさんに迷惑をかけてしまいました。応援してくださるファンの皆さんを悲しませてしまい本当にすみませんでした」と謝罪。「自ら大好きなアイドルという職業を離れるのはとても心苦しいですが、私なりにたくさん考えて卒業を決意しました」と胸中を明かした。

卒業後に関しては「私は今大学に通っているのでこれからは大学卒業を目標に頑張りたいと思います」とつづり、「今まで支えてくださったファンの皆さん本当に本当にありがとうございました。自分勝手で本当にすみません」とあいさつ。「大大大好きな欅坂46を陰ながら応援していきたいです」と結んだ。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

織田奈那 謝罪理由、卒業理由は?

織田奈那の謝罪理由、卒業理由は熱愛報道です。

織田奈那は熱愛発覚で活動自粛していました。

 鈴本の留学は、欅坂内部崩壊の氷山の一角にすぎない。その原因の1つが今年9月に「週刊文春デジタル」が報じたメンバー・織田奈那(21)の熱愛だという( 欅坂46モテメンバーがオシャレ専門学生と「手つなぎデート&合鍵通い愛」だに~ )。

「先日の織田さんのスキャンダルの影響はかなり大きいです。織田さんもイベントやライブへの出演をずっと見合わせている。いわば“開店休業”状態ですが、実際は、このまま卒業という流れで話が進んでいます。

しかし、織田さんはメンバーの“精神的支柱”でもあり、鈴本さんを含め、多くのメンバーが慕っていた。その織田さんの 熱愛発覚 で、他のメンバーの活動へのモチベ―ションもガクッと下がってしまいました。この連鎖的な反応もあって、織田さん、鈴本さん以外の何人かのメンバーも卒業を口にするようになっているのです。

スポンサーリンク

織田奈那 熱愛! 文春 写真は?

欅坂46のムードメーカー、

織田奈那に恋人がいました。

相手は同い年21歳の専門学校生。

スクープ写真はこちらです。

確かに手をつないでいますね。

これは高級しゃぶしゃぶ店から出た後のようです。

織田奈那がお金を出したのでしょうね。

 

この後、時間差でマンションに入り、

男は翌朝出ていき、

織田奈那は欅坂の送迎車で出ていったとのことです。

 

純朴そうな子に見えたのですが、

みんなこんな感じなのでしょうか。

スポンサーリンク

織田奈那 謝罪に世間の反応は?

織田さんは愛されキャラだったし、どこに行っても周りを和ませると思いますよ。アイドルだけが人生じゃないし、新たな道を見つけて頑張って下さいね。元気よく大きな声で笑う姿に、飾らない素直な人柄が見えて良かった。もっと見たかった。

 

冠番組で見なくなったなと思ったら、撮られて休みだったみたいですね。これで辞めるとなると男で仕事を投げ出したように見えてしまう

 

ファンは総じて、ヒモ男とは別れてサクッと謝罪して復帰すれば良いと思っていたはず。コメントも全く出させない下手な手しか打てない運営の落ち度としか思えない。あるいは、グループ内で何かが起きているか。明かされることはないだろうけど、こんな形じゃメンバーがかわいそうだ。

 

これで晴れて恋愛も自由に出来ますよ。

 

よく半年も逃げたよな
どういう神経してんだか
うまくセットで逃げたな

 

貴女は所詮、その程度の存在。
卒業して学業でも恋愛でも、どうぞお好きなままに人生を楽しんで下さい。

 

アイドルの恋愛禁止を当たり前のように思う意見が多いのが本当に気持ち悪い。

 

おそらく人間関係で心身ともボロボロだったんだろう。

スポンサーリンク

織田奈那 謝罪 おわりに

欅坂46は乃木坂46の妹分として結成されましたが、

いきなり大ヒットしました。

サイレントマジョリティーがヒットしたことが、

欅坂の運命を変えたのかグループの中に重苦しいイメージがありました。

その中で織田奈那は明るいキャラで人気メンバーでしたが、

熱愛報道が出てからは姿を消していました。

このような卒業は不本意だったかとは思いますが、

まずはお疲れ様でした、と言葉をかけたいと思いました。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント