乃木坂 高齢化 アラサーがヤバい!まいやん卒業?世代交代失敗?

芸能
スポンサーリンク

乃木坂の高齢化、アラサー化が話題になっています。

乃木坂46の高齢化が進む原因は?

白石麻衣は卒業すべき?

スポンサーリンク

乃木坂 高齢化 アラサー

出典headlines.yahoo.co.jp

乃木坂46高齢化のニュースは、次のように報道されています。

 乃木坂46の白石麻衣さんが、2019年8月20日に27歳の誕生日を迎えた。ツイッター上では白石さんについての「生誕祭」という言葉がトレンド入りするなど誕生日を祝う声が続々と上がったが、それに混じって驚きの声も。

あるツイッターアカウントは、「ちょっとまってくれ白石麻衣ってアラサーなの?」と驚きの声。ほかにも、「白石麻衣(27)アラサーのババアなの衝撃」と、白石さんの年齢と美しさが乖離しているとして戸惑う声も。「世論では四捨五入すればアラサーだとか言いますがあなたの場合は端数切り捨てが正しいと思うので成人おめでとうございます」という書き込みさえあるほどだ

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

乃木坂 新キャプテンも高齢化 秋元真夏

出典twitter.com

■新キャプテンは前任者より「年上」

これらをはじめ、白石さんが27歳になったことに驚く声は多い。確かに、20代後半で現役の「女性アイドル」も近年ではそれほど珍しいことではなくなったが、それでも、25歳前後で「卒業」を迎えることが多い業界では、より長きにわたって活躍していることになる。

最近の乃木坂46ではほかにも、白石さんが27歳の誕生日を迎えた8月20日には、同グループの秋元真夏さんも誕生日を迎え、26歳となった。秋元さんといえば、9月2日から同グループのキャプテンを務めることが決まっているが、就任のきっかけは、現キャプテンの桜井玲香さん(25)が9月1日で卒業するためだ。

ただ、桜井さんは秋元さんが誕生した1993年の翌年である1994年生まれであり、年齢は1歳下。このため、秋元さんは8月14日放送の「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、現キャプテンよりも年上の自分が後継者となることに驚いたとする趣旨の発言を行っていたほどだ。キャプテンに就任するということは、26歳となった今後も現役稼働が義務付けられることであり、この点でも女性アイドル業界としては異例の動きと言えよう。

また、乃木坂46には白石さんと同じく1992年生まれの松村沙友里さん(26)が在籍しており、こちらも現役メンバー。選抜メンバーとして常連であるほか、9月4日発売の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」でも選抜メンバーに選ばれるなど、こちらも現役バリバリだ。これら、乃木坂46のメンバーに見られる「ピークの高年齢化」は、一体何を意味するのだろう。そこで、J-CASTニュース編集部は「プロアイドルヲタク」のブレーメン大島氏に意見を聞いた。

スポンサーリンク

乃木坂 世代交代 工事中?

まず、乃木坂46のメンバーに見られる「ピークの高年齢化」、及び、女性アイドル界全体で高年齢化は進む傾向にあるのか否かについてブレーメン大島氏は、確かに以前よりも高い年齢までアイドルを続ける女性は増えているが、スタートはむしろ早まっており、「高年齢化」ではなく「幅が広くなっている」と言った方が正確であると指摘。その上で、

「乃木坂46は白石さんをはじめとする年長メンバーがモデルの仕事を兼任しており、握手会を主戦場とする主力メンバーたちの立ち位置からは一歩引いたところにいるといえます。そこがほかのグループとは違う点で、年長者が一歩引きながらも戦力としてメンバーを続けているのが特徴的です。例えとしてはちょっと変かもしれませんが、プロ野球の広島において、以前、新井貴浩さんや黒田博樹さんが年長者でありながら活躍する一方で、第一線の活躍は若手がメインだったという構造と重なるかもしれません」

と、同グループの特徴を指摘した。また、高年齢化は世代交代の邪魔になるか否かについては、

「9月の新曲では4期生の遠藤さくらさんがセンターを務めることになっているので、世代交代はうまくいっていると考えて良いでしょう。年長者が若手の邪魔になっていないところからすると、白石さんが30歳で現役という可能性もあるかもしれません」

と、白石さんの長期の活躍の可能性についても言及した。また、ほかの女性アイドルグループについては、

「AKBは全盛期に主力メンバーがほぼ固定されてしまっていたためか、世代交代はそれほどうまくはいっていない印象を受けます。また、モーニング娘。は世代交代には苦しみましたが、成功例と言って良いと思います。世間的にはメンバーの知名度は低いですが、固定ファンは固く、毎年のように武道館コンサートを成功させています」

と、乃木坂との違いを指摘しつつ、分析結果を教えてくれた。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

乃木坂46 高齢メンバー

乃木坂46の高齢?メンバーを順番に見てみましょう。

 

年齢 メンバー名
27歳(1992年1月22日) 新内眞衣
27歳(1992年8月20日) 白石麻衣
26歳(1992年8月27日) 松村沙友理
26歳(1993年8月20日) 秋元真夏
25歳(1994年2月8日) 高山一実
25歳(1994年5月16日) 桜井玲香
25歳(1994年8月6日) 中田花奈

※2019年8月25日現在

白石麻衣と松村沙友理は同学年で、

27日には同じく27歳になります。

最高齢は1期生ではなく2期生の新内眞衣です。

冠番組「乃木坂工事中」ではよく年齢をイジられて、

BBA(ババア)よばわりされています。

 

出典twitter.com

スポンサーリンク

乃木坂 高齢化 アラサーに世間の反応は?

日本人は年齢を気にし過ぎ。年がいくと、この格好はダメ、メイクがダメとか。人生一回しかないのに楽しむべき。

 

やりたいのなら、年齢関係なくグループにいても良いと思うけど、辞めたいなら、速やかに卒業できるようにしてあげないと可愛そう。売れて忙しいだけが幸せじゃないと思うし。

 

実年齢の前に立居振舞とお肌のキレイさが大事。艶やかな歌声と清潔感があるから、芸能人に興味のない自分でも割りと乃木坂は好ましいです。

 

例えば、50代女性が女性として一番いい時期だと感じるような記事がたくさんあれば、自然と世の中が変わっていくし、マスコミが30才が年配だという扱いをすればそうなっていく。
男子問わず、日本はいつまでも、尊重すべきは若い子で、若ければ若いほど価値があるという風潮があるけど、
誰もが人生に希望を持てるには、未来にいいことが待ってると思えること。その為には、年を重ねるほどいい人生になれると希望を持てるものをマスコミは作ってほしい。

 

乃木坂は個々が自分の質を高めてそれぞれの出来る役割を考えて仕事をして来た結果、個々で仕事が出来るメンバーがグループを形成している事でグループ自体の価値を高める相乗効果を産み出しているんじゃないかと思います。それにはお互いがお互いを認めあえる考え方を持つ必要が有り、それぞれが自分はここに居ても良いんだと言う状態を作っているんじゃないでしょうか。

 

日本人は年齢を気にしすぎ。20代後半の子がもう若くないから、と言ってるのを聞くと可哀想になる。大人が植え付けてると思う。
人生100年時代になったなら、若さの幅も広がると思うし、この年齢だからできないとかの感覚をそろそろ取り払ってほしい

 

年齢は関係ない。
女性は年を重ねるごとに綺麗になっていく。
人生設計において結婚や出産を望むならば卒業がチラつくかもしれないが、
彼女達ならそれすらも憧れの人としてアイドルを昇華させてしまいそうなポテンシャルがある。
籍は残しつつ、色々な活動に精を出して欲しい。

 

どこのグループにも言えるけど、結成当時からずっと応援しているファンはどうしても売れていなかった頃から人気グループに成長するまで努力してきた過程を見ているから強い思い入れが持てるんだよね。
後輩メンバー達も頑張っているのはわかるけど、どうしても人気が出てから加入したって部分で支持率の面で先輩達を超えることはできない。
その結果初期メンバーが卒業すると人気が下がる、辞めるに辞められないという状況になるんだと思う。

スポンサーリンク

乃木坂 高齢化 アラサー おわりに

アイドルグループは、

成功した初期メンバーがガラリと入れ替わると、

そこで人気が下降していくものです。

 

乃木坂46も次々と初期メンバーが卒業していき、

乃木坂46のアイコンとも言うべき白石麻衣を手放せない状態だと言えます。

「もう卒業しても大丈夫」と言えるタイミングは、

ありそうで無いのが実情で、

高齢化もやむなしでしょう。

 

でも新キャプテン秋元真夏もドキュメンタリー映画で話していましたが

「卒業という制度、やめにしません?

乃木坂46が実家で、

いつ帰ってきてもいいようにならないのかな?」

と泣きながら卒業を寂しがっていました。

 

乃木坂ファンに限らず、

メンバーが卒業したら次の子に推しを変更する、

というのはなかなかできるものではありません。

そのままアイドルを追いかけるのは辞める、

という人も多く、

世代交代とはファンの入れ替わりではないかと思います。

 

今後ますますメンバーの高齢化が進みますが、

年齢重ねても輝く新しいアイドルグループになって欲しいと思うのですが、

これは贅沢なお願いでしょうか?

 

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント