小林豊アナ 最期のあいさつがヤバい!音声は?ブチギレ?涙と怒りの放送

芸能
スポンサーリンク

小林豊アナのアナウンサー生活最期のあいさつに、

みんな泣きました。

「ナイツのちゃきちゃき大放送」の音声を入手しましたので、

最期のあいさつを聴いてみましょう。

小林豊は感動的スピーチとともに、

TBSにブチギレています。

スポンサーリンク

小林豊アナウンサー 異動で最期のあいさつ

   出典headlines.yahoo.co.jp

小林豊アナ 最期のあいさつのニュースは、次のように報道されています。

 TBSの小林豊アナウンサー(53)が、29日放送のTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜 前9:00)に生出演。7月1日付でアナウンス部から異動する小林アナは「まさにこれで(アナウンサーとしては)廃業ということ」とあいさつした。

同番組がスタートした2015年10月から出演してきた小林アナ。話題となった場所からレポートする自身のコーナー「小林豊のTOKYO潜入大作戦」最終回は、今までに何度も番組で訪れたとしまえんから中継。お世話になったとしまえん関係者に最後のあいさつをした小林アナは、スタジオMCの出水麻衣アナへ「頑張ってくださいよ」とエールを送ると、出水アナはこらえきれずに涙を流した。

エンディングに再び登場した小林アナは、異動先について「7月1日にできる部署なので、会社の方針であまり言えない」と具体的な話は避けたが、アナウンサーとしては「二度とマイクを持つことはないかと思います」と明言。「本音を言うと、二度と喋るかよTBS」と毒舌混じりに本心を漏らしながら、「小林豊、ここまでです。廃業です」という言葉を最後に、30年にわたるアナウンサーとしての仕事を終えた。

その直後のCM明け、出水アナが交通情報を呼びかけようとすると、号泣してしまい原稿が読めなくなってしまう。それを受けてナイツ・土屋伸之が代理で読もうとするも、土屋も涙をこらえきれず話せなくなり、急きょ塙宣之が交通センターへの呼びかけと天気予報の読み上げを担当した。

小林アナは東京外国語大学を卒業後、1989年にTBSに入社。これまでに『アッコにおまかせ!』『関口宏の東京フレンドパーク』『2時っチャオ!』などに出演し、現在はTBSアナウンススクールの講師も務めている。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

TBS 出水麻衣、小林豊のアナウンサー最期に号泣 

   出典headlines.yahoo.co.jp

ナイツのラジオ番組で、

小林豊がアナウンサー最期の挨拶をしています。

また同じくTBSのアナウンサーで番組アシスタントの出水麻衣が、

番組中に号泣し、アナウンスできませんでした。

小林豊は「2度としゃべるかい!TBS」とも発言しています。

スポンサーリンク

土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送 音声は?

ではその音声を聴いてみましょう。

小林豊が最期の挨拶をして、

CM明けの交通情報に入るところ、

出水麻衣が泣き出してしゃべれず、

ナイツ・土屋がカットインしてしゃべろうとするも、

土屋も途中で泣き出してしまい、

塙がつないでいます。

 

そして最後の最後まで、

出水麻衣とナイツ土屋は泣いていますね。

スポンサーリンク

久米宏も涙?久米宏がTBSを批判?

この『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』の後の時間に、

久米宏のラジオ番組があり、

番組内で久米宏につないで一緒に話しています。

 

久米宏も泣き声でしたが、

これはウソ泣きでした。

しかし久米宏は「小林君はやめさせられたの?」

「僕もTBSには言いたいことがある!」

と元TBSアナウンサーの久米宏は息巻いていました。

スポンサーリンク

小林豊アナ 最期のあいさつに世間の反応は?

同僚アナウンサーが泣くのは分かるけど土屋まで泣いて仕事ならないのはこの人の人柄がうかがえる証拠だね!

 

異動の時、号泣される人になりたいなあ。

 

この方が新人アナウンサーの時に小学生でした。
サーフ&スノーなどで先人達にいろいろある中、バラエティから報道、中継とマルチにこなせるアナウンサーという印象でした。目立たずTBSのラジオ、テレビを支えた名アナウンサーだと思います。フリーどうこういわれるアナの世界ですがこうした人こそ大切にして欲しい

 

異動は無念のようでした。左遷か干されたか?。出水アナも、まだここで仕事をしたいのでと、言いたいことが言えない感じでした。安東アナの退職、安住アナの大出世、TBSの闇を感じます。

 

出水アナもまだしも、土屋も泣くから凄く人格者だったんだなぁて思いますね。なんかのコラムでも、かなりいい人なエピソードがあったので色んな人から慕われてたんだなぁて感じました

 

50代の男性アナウンサーは管理職や異動で現場から去るケースが多くある。現場でいたい為にフリーになる人も多いね。小林アナもその葛藤で揺れ動いただろうし、異動してやっぱり喋るのが好きとフリーになるかもしれない。

 

異動後も頑張ってほしいけど、異動先の部署が気になる。

 

意に反した人事異動の辛さ、分かります・・・
今すぐフリー転身は考えないかもしれませんが、
定年後にフリーアナウンサーとして活躍してほしいです。

スポンサーリンク

小林豊アナ 最期のあいさつ おわりに

最後に皆に泣いてもらった小林豊さんの人間性がわかる最後でしたね。

 

なんとなく透けて見えたのが、

・アナウンサーから別の部署へも異動は意に反した辞令だった

・小林豊は後輩アナウンサーにも好かれていた

・ナイツ・土屋は涙もろい

ですね!

 

別部署にいっても、小林豊さんには頑張ってもらいたいと思いました!

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント