桑子真帆アナ 幹部激怒がヤバい!小澤征悦と熱愛写真に

芸能
スポンサーリンク

桑子真帆アナの熱愛報道に、NHK幹部が激怒しています。

なぜそこまで激怒されたのでしょうか?

スポンサーリンク

桑子真帆アナ 幹部激怒

桑子真帆アナ 幹部激怒のニュースは、次のように報道されています。

 NHKのエースのひとり、桑子真帆アナ(32)と俳優の小澤征悦(45)の熱愛がすっぱ抜かれた。23日発売の女性セブンが「昨年春ごろから交際している」などと報じたもので、新型コロナ感染拡大の中、突然出た看板アナの“浮かれ話”に「局上層部はカンカンです」とスポーツ紙芸能担当デスクがこう言う。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

桑子真帆 小澤征悦 熱愛報道

NHK桑子真帆アナと俳優の小澤征悦の熱愛報道は次の写真とともに報道されています。

「女性セブンは、桑子アナが4月中旬、1泊した小澤の自宅から出てきて並んで路上を歩く写真を掲載しています。同誌によると、2人は数年前に共通の知人、俳優・和田正人の紹介で知り合い、昨年春ごろに急接近。桑子が小澤を追いかけるかのように、小澤の自宅近くに引っ越したというのです」

桑子アナは、2017年5月に結婚したフジテレビの谷岡慎一アナ(33)とは約1年でスピード離婚。渋いイケメンの小澤も、かつてフリーアナの滝川クリステル(42)との真剣交際で話題になったが、15年に破局している。

お互いに独身なので恋愛自由だが、時期がまずかった。政府が緊急事態宣言を発令し、都と共に外出自粛や“3密”を避けるように呼びかけている状況下での「ツーショット報道」だったからだ。

スポンサーリンク

桑子真帆アナに、NHK激怒

NHK側は桑子真帆アナにカンカンです。

「局の看板アナがこんな時期に、自宅を飛び出して新恋人の家にお泊まりし、対人距離も取らず、路上を無防備に並んで歩いていた写真が撮られたのだから、目も当てられません。しかも桑子アナは、マスクをせずに歩くという、致命的なミスも犯した。万が一感染したら大混乱するだけに、NHKの複数の幹部が、彼女の危機意識の低さと浮わついた私生活に、『こんな時期に何をやっているのか』と激怒しています。今後“人事問題”に発展する可能性もささやかれています」(前出のスポーツ紙芸能担当デスク)

スポンサーリンク

桑子真帆アナ エース失格

桑子真帆アナはNHK紅白歌合戦の司会を2年連続で努めたエース的存在です。

しかし、この熱愛報道で決定的にエース失格の烙印を押されたでしょう。

とう言うのも、

桑子真帆アナは少しづつ信頼を失っているのです。

・18年2月の平昌冬季五輪開会式の現地中継で「閉会式」と言ってしまった

・18年大みそかの紅白では白組が優勝したのに「紅組に優勝旗が」と言い間違い

・2017年にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚も、1年で離婚の私生活

など残念ながら安定感に欠けます。

そのためか、

今年3月末には、NHKの看板報道番組『ニュースウォッチ9』キャスターを降り、

朝番組の『おはよう日本』キャスターになっています。

これは事実上の左遷と言われています。

スポンサーリンク

桑子真帆アナ 幹部激怒に世間の反応は?

和久田さんだけでなく、井上あさひさん、鈴木奈穂子さんなど実力のある女子アナがいる。林田さん、上原さんなど若手も人材豊富。
桑子さんに頼らなくても盤石ですね。

 

オリンピックだけでなく、放送中に大きな地震があった時には噛みまくり間違えまくりでした。
アナウンサーとしての基礎がイマイチなので民放ならともかく、NHKでエースということは無いでしょう。

 

お付き合いするのは別に構わないが、コロナがまだおさまっていない状況でマスクなしはさすがにニュースを報じる者としては…。
まして、今週は桑子の代役の中山アナが桑子以上にいい働きをしていただけに、中山アナのままでいいと思った視聴者も多かったのでは。

 

NHKのエースはすでに去年の皇位継承の一連の儀式や紅白を担当した和久田に代わっているし、エース級として井上・鈴木(産休)、安定感あるベテランとして池田・小郷(産休)・杉浦がいて、上原・近江・林田・赤木・中山などの若手実力派がどんどん登場し、さらに桑子の代わりの中山やブラタモリ担当の浅野など若手がどんどん抜擢されている。
本業にアナウンスでミスが目立ち、私生活ではマスクなしデートをする桑子がなくても、十分に東京アナウンス室の女性アナウンサーは回ると思うけど。

 

ニュースは間違えカミカミで紅白・五輪も失敗
なぜこの人がニュースを担当しているのか疑問でした。
上層部に気に入られているのか・・・
9時のニュースは桑子さんになって見なくなりました。
和久田さんになってまた見ています。

 

本人の自覚不足以外の何物でもない。
恋愛は自由だが置かれている立場を考えれば
軽率極まりなく番組降板やむなしと考える。
ましてやバツイチなのだから学習能力の無さを
露呈したと言わざるを得ないのではないか。

スポンサーリンク

桑子真帆アナ 幹部激怒 おわりに

もしこれで地方局に異動でもなったら、

NHK退社、フリー転身もあるかもしれませんね。

フリーでも、民放でもこの時期にマスクなしで熱愛スクープされるのは、

キャスターとしては意識が低いと言われても仕方ありませんね。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント