桃田賢斗 涙がヤバい!ジャパンオープン連覇、動画は?

スポーツ
スポンサーリンク

桃田賢斗の涙が話題になっています。

バドミントン ジャパンオープン2連覇の動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

桃田賢斗 涙

桃田賢斗 涙のニュースは、次のように報道されています。

 バドミントンのジャパン・オープンは28日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで各種目の決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が同7位のジョナタン・クリスティ(インドネシア)を2―0で降して2連覇を達成した。

公言した2連覇を達成した桃田は感極まった。コート場でのインタビューで「こんなに多くの方に応援してもらって」と話した後に言葉に詰まり涙をタオルで拭った。「挑んでくる相手を全部はね返すことができた。泣くはずではなかったが、感情が入った」と照れくさそうにほほ笑んだ。

昨年のアジア大会優勝のクリスティと桃田はともにネット際の小技が得意なタイプ。だが、引き出しの多い桃田はもう一つの持ち味の守備で勝負することもできる。「スマッシュを打たれても取れる自信があった」と無理にネット勝負せず、相手に先に打たせて甘い球が来たらカウンターで攻める作戦を徹底。決められずに焦った相手が終盤にミスを連発し、リードを広げた。

前週、ワールドツアーで最も格付けの高い大会の一つのインドネシア・オープンで2回戦負け。勝利を意識し過ぎて、気持ちが空回りした。「このままでは、より重圧のかかる東京五輪で勝てない」と思い、今大会は自分に重圧をかけるため、連覇を公言していた。

東京五輪と同じ会場で、日本のファンの注目を浴びながら力を出すことができて、「昨年は勢いで『勝っちゃった』感じ。今年は優勝を狙いにいって戦い抜き、苦しい場面も乗り越えられて自信になった」と胸を張る。この経験は、東京五輪で必ず生きるはずだ。【小林悠太】

スポンサーリンク

桃田賢斗 バドミントン ジャパンオープン連覇 動画

桃田賢斗の連覇の動画を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

桃田賢斗 涙に世間の反応は?

桃田選手はかつて、向かうところ敵なしでチヤホヤされ「チャラ男」になってしまい、世間から袋叩き。日本代表からも外されどん底人生を経験した。
しかし桃田が並みの男と違ったとこは「自身をゼロから見つめ直し」体力、技術力だけでなく心までも真摯に鍛え上げたこと。東京五輪目指してる彼の生き方は、結果はどうあれ若き剣豪小説の主人公のようだ。
どん底時代の彼の練習ぶりを偶然見たことがあり、それ以来ずっと応援している。

 

人生の艱難辛苦を乗り越えて
桃田選手素晴らしい結果を出してくれました
素晴らしいです
見事な世界チャンピオン
これからも頑張ってくださいね

 

相手も強かったけど、流石にチャンピオンだね。スマッシュとか強烈でかなり押されていたけどやはり強いね

 

人に感謝する事を今の若さで覚えた事が天才をより強くしたんだと思います。周りに助けられて今の自分あいるんだという事をこれからも忘れなければ東京五輪でもきっと一番いい色のメダルが取れると思います!
頑張って下さい!!

 

よく腐らずに戻ってきた。
それくらいいいやん的な態度の人間が多いが
本当に反省し感謝と恩返し活動を続けながら。
純粋に応援したい。

 

もし仮にあそこで道を誤ってなかったら、彼はここまで強くなれていなかったかもしれない。
バドミントンができない期間があることで、本当は自分がどれだけ競技を愛していたかに気づかされたんだろう。あそこで気づけてなかったらチャラ男で終わっていたかもですね。

スポンサーリンク

桃田賢斗 涙 おわりに

桃田選手、2連覇おめでとうございます。

よくここまで戻ってきましたね!

この調子でオリンピックで金メダル取って欲しいです。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント