那須川天心・妹 号泣がヤバい!試合動画は?天心がブチギレ?

スポーツ
スポンサーリンク

那須川天心・妹が号泣です。

16歳梨々の試合動画を見てみましょう。

天心がかけた言葉とは?

スポンサーリンク

那須川天心・妹 号泣

那須川天心・妹 号泣のニュースは、次のように報道されています。

“神童”那須川天心(20)の妹、梨々(16、TEAMTEPPEN)が5日、後楽園ホールでキックボクシングのRISE QUEENアトム級(46キロ以下)王座決定戦に挑んだが、ベテランの紅絹(35、NEXTLEVEL渋谷)に0-3の判定で敗れリング上で号泣した。

兄の天心が6戦目で戴冠したスピードベルト奪取記録の更新はできなかったが、まだ高校2年で、これがプロ4戦目。

大善戦とも言えるが、セコンドについてサポートした兄の天心は「(キックを)舐めている」と厳しい言葉で叱咤した。

試合終了のゴングが鳴った瞬間の表情に明暗が現れていた。
いきなり泣き顔になった梨々とガッツポーズをした紅絹。

年齢差19歳の3分×5ラウンドの赤いベルトを巡っての激闘は判定決着となった。

割れるような大声援が交錯した最終ラウンドが嘘のように静まり返るホール。

セコンドについた兄の天心は「ドローかな」と思っていたという。

「1、2、3(ラウンド)が6-4。4(ラウンド)が8-2くらいで取られて最後も10-0で取られた」

ジャッジペーパーが読み上げられる。一人目は「49-48、赤、紅絹!」、そして2人目も、「49-48、赤……」とアナウンスされた瞬間に梨々は、泣き崩れた。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

那須川天心・妹 梨々の試合動画

では名須川天心の妹・梨々の試合動画を見てみましょう。

アトム級の王王座決定戦、相手は35歳のベテラン紅絹でした。

 

試合経過です。

 

 天心の声に勇気づけられながら攻め込んだ。プレスをかけて前蹴りで距離を作り、ワンツーからキックのコンビネーション。右のミドルがめりこむシーンもあり手数で圧倒した。このラウンドの終盤では、天心ばりの三日月蹴り、後ろ廻し蹴りまで披露し会場を沸かせた。

紅絹は梨々の持つポテンシャルに手こずっていた。

だが、そこはプロ56戦の百戦錬磨である。
3ラウンドに入ると直前になって変更したという作戦に切り替えた。サイドの動きを加え、体の向きを斜めにしパンチに角度をつけて、梨々の距離感に誤差を生じさせ、左のカウンターを狙った。そして何より強引に前へ出て“肉弾戦”を仕掛けたのである。
「とにかく潰せ、潰せ、体力を削ろう、心を折ろうと、ゴリゴリいった。根性だけ」
4ラウンドには、消耗の目立つ梨々をつかまえて膝蹴りを連発して、レフェリーにイエローカードを出されるほど。ボディブローも使い、流れは、一転、紅絹へ傾いた。

ゴングと同時に勝負に出た。猛ラッシュ。だが、3分は短いようで長い。的確なパンチとキックで押し返され、左のローを浴びて、その足は、内出血で真っ赤になった。途中、スリップダウンがあったほど踏ん張れなくなった梨々は、もう気力だけで応戦していた。攻め込まれたまま、最終ラウンドのゴングを聞き、泣き顔になったのは勝負しきれなかった後悔の涙だったのだろう。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

那須川天心、妹に「格闘技を舐めんな」

名須川天心は試合後、

妹・梨々の試合を総括して、

「ちゃんとやれ。格闘技を舐めんなってことです」と

妹に説教しています。

「最近格闘技界も盛り上がっていますが、強い奴はちゃんと練習しているんです。勝つ奴は一生懸命やっている。ただセンスで勝っていても最終的にこういうところで勝てない。ボロが出ちゃうんです。僕の練習時間は、高校生(の梨々)と違うので、あまり見れてはいないのですが、普段の行い、態度が全部出ますよ」

名須川天心の所属ジムには入っただけで満足し、

真剣に練習をしない練習生がいて、

そういったことも含めて、

練習が全てだと言っています。

 

 

しかし、復活したタイトルを手にした紅絹は、

「プロ4戦目のレベルじゃない。ビックリした。技がいっぱいあって翻弄された」

と梨々の高い能力を称えています。

スポンサーリンク

那須川天心・妹 号泣に世間の反応は?

天心は良い兄だ。
インタビューも普段通り謙虚で対戦相手や周りへの気配りが完璧に出来ている。
先日の亀田との一戦も試合前は揶揄される事が多かったが試合後は一転、支持されるコメントが大多数に増えた。
負けた妹・梨々も努力・練習せずにこの舞台に立てることは絶対に無い。
能力のある妹への今後の格闘技への取り組みと、厳しさを教える愛情が伝わってくる。
ボクシングの井上尚弥もそうだか、若くてリスペクトされるチャンピオンが増えることは格闘界にとっても日本にとっても大変喜ばしいこと。

 

スムーズにベルトを取るのも凄い事だが、まだ若いし負けた方が次へのハングリー精神に繋がり、さらに強くなると思うので頑張って欲しい
それにしても優しい兄貴だな

 

前回の試合も序盤は良かったけど中盤から後半にスタミナが無くなって何もできなくなって負けたからね。
打撃のテクニックを磨く練習はするけどスタミナ強化のキツイ練習は怠ってたってことを天心はいってるのかなと思った。

 

スタミナ切れが全てに見えたね。こればっかりは天心の言うとうり練習不足。
技術はあるが後半バテた所への的確なロー。
天心と比べられてプレッシャーはあると思うがしょうがないね。
後は本人のメンタル次第だと思うけど、頑張ってほしいものだね。泣くほど悔しいのなら乗り越えられるはずだ。と期待を込めて。

スポンサーリンク

那須川天心・妹 号泣 おわりに

名須川天心は、才能で強い人ではなく、

人生かけて努力した結果だったとわかりました。

妹さんは16歳で、

兄は1の頃は全てを捨てて格闘技に集中したと言っていますが、

遊びたい年頃でしょうから、

身の振り方を考える良い機会だと思います。

格闘技界のためには頑張って欲しいと思います。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント