龍真咲 結婚報道がヤバい!旦那は誰?活動休止中にスピード婚!婚活してた?

芸能
スポンサーリンク

元宝塚の龍真咲の結婚報道が話題になっています。

お相手の男性は誰?

スポンサーリンク

龍真咲 結婚報道

龍真咲 結婚報道のニュースは、次のように報道されています。

 元宝塚歌劇月組トップスターの龍真咲(36)が、モータースポーツ業界で働く男性Aさんと結婚することが19日、スポーツ報知の取材で分かった。近く婚姻届を提出する。

今年6月から芸能活動を休止中の龍。舞台関係者によると、今年出会った2人は、8月から真剣交際をスタート。演劇と車の世界と全く違う分野で仕事をしてきたことが逆に互いを尊敬し、思いやる気持ちにつながり、わずか交際4か月でのゴールインとなった。今月中にも結婚する。妊娠はしていない。

活動休止前の5月、龍は「100年生きるとも言われる時代。人生に保険はない。今は一休みで引退ではない」とした上で「長く歌うという夢のためには実力不足。しばらくお時間をいただいて、身に付けるべきものを身に付けたい」とコメント。この時点で交際はまだ始まっておらず、今回の展開に本人も相当驚いているという。

愛称「まさお」で親しまれ、強い個性を持ったトップスターだった。男役のイメージが強いが、家事はもともと苦手でなく心配はなさそう。Aさんが海外で働くことが多いため、それに帯同してサポートする可能性が高いという。

これまで熱愛がらみの報道が出たことはなく、まさに電撃婚。15年に小泉進次郎環境相(38)とランチをしていたことが一部雑誌に報じられたことがあった。関係者は「間違った情報で交際などの事実はありません」としている。芸能活動休止中だがニッポン放送でレギュラー番組「龍真咲のMOONLIGHT PARTY」(水曜・後9時半)を持っており、20日放送で結婚報告があるかどうか注目される。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

龍真咲 結婚相手、旦那は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

龍真咲(@masaki_ryu)がシェアした投稿

龍真咲の結婚相手はモータースポーツ業界の人です。

現在、名前も顔も公開されていません。

ラジオのレギュラー番組、

ニッポン放送「龍真咲のMOONLIGHT PARTY」で報告があるかもしれません。

本日20日、水曜夜9時半の放送です。

引用https://www.1242.com/masaki/

スポンサーリンク

龍真咲 結婚報道に世間の反応は?

おめでとうございます。どうぞお幸せに。  紫吹淳は結婚しませんね。結婚しない幸せもあるんだなと思っています。 それにしても誰かが結婚すると、妊娠はしていないと書かれているが必要ないと思います。

 

宝塚の方て、若い時より30代後半になってからの方が綺麗な気がする。

 

おめでとうございます。
休業中でもあるが、舞台での姿をまた見たいです。
お幸せに!

 

確かに4カ月で決断でききるのは早いというか凄い。
年齢的にも女性としては家族を意識したのでしょうか。
相手がモータースポーツ関係者だけにスピードは大切だったんでしょう。おめでとうございます!

 

まさおさんおめでとうございます!
格好いいし綺麗やし、幸せにー!

 

結婚する、しないに関わらず女性の幸せの形はそれぞれ違うものです。理解ある旦那さんに巡りあえて良かったですね。宝塚の時は慌ただしい日々だったのでしょうけど、これからは平穏な時間か流れることでしょう。お幸せに!!

 

おめでとうございます。
優秀な女性は、決して相手の職業や年収にこだわることなく、相手の良いところ、尊敬出来る部分を評価されるのかもしれません。
見た目だけの変なタレントや女優より、教養、品がある宝塚の女性の評価は同じ女性として、尊敬出来ます。

 

記事では活動休止後の交際開始となってるけど…
多分活動休止の時にはすでに結婚がチラついてたと思う。じゃなきゃ、事務所退社やファンクラブ解散までしなくてもいい!
それはどうでもいい、お幸せに、まさおさん

 

現役時代の舞台何度か観てたスターさんで、すごく注目してました!
おめでとうございます!

 

活動休止後の出会いとなると当初予定していた本格的な復帰時期にも影響するの…??

 

結婚に出会ってからの早い遅いは関係ない。
長くても別れる人は多くいる。
それに結婚発表時に妊娠の有無も関係ない。

スポンサーリンク

龍真咲 結婚報道 おわりに

龍真咲さん、

ご結婚おめでとうございます。

また舞台に復帰する意志があるようですから、

輝く姿をまた見せてくださいね!

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント