横山令奈 バイオリニストがヤバい!動画 イタリア病院の屋上で演奏

芸能
スポンサーリンク

イタリアの病院の屋上で、バイオリニスト横山令奈の演奏が響き渡りました。

なぜ演奏を?

動画はこちらです。

スポンサーリンク

横山令奈 バイオリニスト

横山令奈 バイオリニストのニュースは、次のように報道されています。

 バイオリンの世界的名器を生んだストラディバリが17~18世紀に活動したイタリア北部クレモナで16日、バイオリンの調べが響き渡った。新型コロナウイルス患者への治療の最前線となっている病院の依頼で、日本人バイオリニスト横山令奈さん(33)が病院の屋上から演奏した。医療従事者への感謝と、患者たちが再び音楽や芸術を楽しめる日が来るよう祈りを込めたという。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

横山令奈 病院屋上で演奏 動画

それではさっそく、横山玲奈の演奏動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

横山令奈 演奏の理由は?

なぜ横山玲奈は演奏をしたのでしょうか?

横山さんは高校卒業後の2006年にクレモナに渡り、同地の音楽院で学んだ。クレモナにある「バイオリン博物館」で、数億円の価値がある展示楽器の音色を訪問者に聴いてもらう演奏会で、演奏を任されている。今回、病院側が地元の町おこし団体に声をかけ、「地元バイオリニストの顔」となっていた横山さんに、白羽の矢が立った。

横山さんが16日夕、クレモナで製作された愛用のバイオリンを手に、約30メートルの高さにある病院の屋上に立つと、町のシンボルとなっている高さ112メートルの鐘楼が夕日を受けて浮かび上がった。住み慣れた美しい町の情景に感動する一方、足元に見える病院の敷地には新型コロナウイルスに感染した患者を隔離する白いテントが広がる。

人口約36万人のクレモナ県では15日までの死者が872人に上り、感染者は5千人を超えた。感染拡大のスピードは落ち着いてきたが、横山さんの演奏中にも救急車がサイレンを鳴らし、病院に到着した。

演奏が始まると、防護服姿の医師らが窓から身を乗り出して、バイオリンの音色に聴き入った。横山さんはビバルディの「四季」や映画「ニュー・シネマ・パラダイス」で使われたエンニオ・モリコーネの作品などを演奏した。曲が終わるたびに大きな拍手と歓声が上がった。

横山さんは演奏後、朝日新聞の電話取材に「演奏家は、人の心に直接語りかけられるからこそ、いま何ができるのか、考えてきた。マイナスなことを考えてもきりがないが、生の音楽が人の心に響き、少しでも勇気を持ってもらえたらうれしい」と話した。(ローマ=河原田慎一)

スポンサーリンク

横山令奈 バイオリニストに世間の反応は?

映画の1シーンのような感じ。まだまだ感染収束の見通しはつかないが、人類がこのウイルスに打ち勝つことを祈ります。

 

演奏者は、粋だよな~
かつて、機内で松山千春さんが 苛立つ乗客に対して 不意に一曲披露したコトを思い出しました
以後も、このような【和む記事の掲載】を切に望みます…。

 

感動的なニュースですね。
このような取り組みがもっと増えてほしいですし、ひとりひとりがその主人公でありたいです。
人類が築き上げてきた数々の文化遺産を失うことなく、この困難をポジティブに乗りきろう!

 

どうして欧米でやるとこうも手放しで称えるんだ?
日本で、とあるだけで患者の迷惑、騒音だ、子どもが起きる、とコメントもブーイングだらけだろう。
もっと本質で考えるべきだ。
私は賛成。日本でも受け入れられるべき。

 

うちの側の河原でトランペットを練習してる人がいるんですが、いいですよー。
たまに間違えたりもまたそれはそれで癒される。
歌を歌いながら自転車こいでる高校生とかも。
ピリピリしてる空気の中、ゆっくりとした時間が冷静になれて有難い。

 

文化の違いを感じますね
こんなご時世に、ニュースを読んだだけで癒されました
芸術の役割って、実利だけでは測れないものだとあらためて思いました

スポンサーリンク

横山令奈 バイオリニスト おわりに

このご時世にホッとするニュースですね。

とても良い音色でした。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント