吉岡里帆 嫉妬がヤバい!どん兵衛CMは光るが、主役はキツい・・・

芸能
スポンサーリンク

吉岡里帆 嫉妬が話題になっています。

吉岡里帆の嫉妬心とは?

吉岡里帆のどん兵衛 嫉妬編が可愛いと評判です。

動画を用意しました。

スポンサーリンク

吉岡里帆 嫉妬

吉岡里帆 嫉妬のニュースは、次のように報道しています。

 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(公開中)に出演する吉岡里帆。東野圭吾の小説を実写化した本作は、複雑なストーリー構造をしており、演じる側も“難解さ”に翻弄されるような物語だ。「これまで経験したことがないような現場だった」と振り返る吉岡が、女優としての原動力について語った。

(略)

またもう一つ演じることへの原動力になっているのが、相手をうらやむ“嫉妬”という感情だ。

(略)

「俯瞰(ふかん)して物事を見てしまうともったいない」と吉岡は続けると、嫉妬心が芽生えるほどの存在がいるからこそ「頑張れる」という。「わたしはルーニー・マーラという女優さんが好きなのですが、『ドラゴン・タトゥーの女』を映画館で観たとき、『えっ、誰?』っていうぐらいこれまでの彼女と別人に見えたんです。始まった瞬間から、間違いないと思える演技。女性の強さやセクシーさをすべてむき出しに演じている姿に、打ちのめされた感覚になりました」

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

吉岡里帆 嫉妬が可愛い どん兵衛 CM


少し意味が違いますが、

吉岡里帆の嫉妬と言えば、

どん兵衛のCMで、

主人公の星野源に嫉妬するシーンが人気あるのですが・・・ 。

この表情です。

どん兵衛のCM、嫉妬編を見てみましょう。

吉岡里帆はもうどん兵衛のイメージしかなく、

他のドラマや映画はパッとしませんよね。

 

それほど、どん兵衛のキツネ役がハマっていると言う事なのかな。

ただ本人的には、ルーニー・マーラのように、役によって別人になれるような役者を目指しているのでしょう。

スポンサーリンク

吉岡里帆 嫉妬に世間の声は?

良くも悪くもプロ。
ゴンぎつねに騙されるのも良し。
あざといと思うのも有り。

 

嫉妬どうこうより、事務所がちゃんと仕事を選んでほしい。
前に出ること、主演することばかりで吉岡さんの良さが死んでいるものばかり。
『カルテット』であのアリスちゃんを演じたの頃の鳥肌が立つような
“この女優さんはヤバい…”という感動は真っ平らで平凡な主役を演じているうちにどこかへ行ってしまった。
事務所のセンスのなさは吉岡さんが可哀想だと思う。

 

この子って、華が無いと言うか、感じられないというか
主役を張る資質は無いと思うのだけど。
なぜか主役に抜擢される。
でも視聴率はとれない
3番手辺りの役が似合っていると思う

 

カルテットの役所がちょうど良かった。
地でやってる感じがある。
実際、ああいう人なのかも?
それ以外はいまいち。

 

なーんかいまいちこの子の女優としての魅力が
わからないんだよなぁ。

 

かわいいんだけどそれだけなんだよね。
CM女優としては最高なのに
ドラマや映画になるとなにかが
足りない。
自分のグラビア歴史を批判したのも
あるかもしれないけれど
主演向きではないと思う。

 

最近では一番の嫌われ女優かな
あざとさが透けて見えるから女人気ないし
清楚な感じが男性には可愛く見えるらしいけど、清楚な子は佐藤健の家から濡れた髪で出てこないんだよなぁ

 

いかに目立つか、なんていう世界だから競争も激しいから嫉妬もいうのもわからなくないけど、長続きするには自分だけの魅力がないと難しいですよね。カルテットの役どころには怖かったし闇を演じるのが得意なのかも。いい人というより嫉妬深い女とか人間の負の感情を演じるとか嫌な人の方が向いていたりして。
元々ほ性格がどうであれ観ている側の感情を揺さぶれるのであれば次の作品も期待してしまう。
女優さんは筍のように生まれるし、みんなきれいだからあせるよね。早く地位を確立したいでしょうね。

 

スポンサーリンク

吉岡里帆 嫉妬 おわりに

芸能人として、嫉妬心がなければ生きていけませんね。

 

吉岡里帆はCMを見てるととても光っていて、とても魅力的な方なのですが、
ドラマになるとその輝きが見られません。

最近、主役ばかりやっているからなのか、

本当は脇役で輝くタイプなのかもしれません。

 

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント