年末年始 あいさつ回りがヤバい!迷惑?来て欲しい?本音は?

社会
スポンサーリンク

年末年始のあいさつ回りが話題になっています。

迷惑?

本年は?

スポンサーリンク

年末年始 あいさつ回り

年末年始 あいさつ回りのニュースは、次のように報道されています。

年末年始にあいさつ回りに来るのはやめてほしい、そんな本音が浮かび上がってきた。

2019年も、残すところ1カ月。

そろそろ、取引先へのあいさつ回りで忙しくなるという方も多いのでは。

リクルートグループが行った年末年始のあいさつ回りに関する調査で、あいさつは、する側もされる側も「メール」や「電話」でより、「会社を訪問する」が多いことがわかった。

また、会社訪問の際の手土産について尋ねると、「手ぶら」と答えた人が29.2%いる一方、34.7%の人は「ノベルティーグッズ」と答えた。

中でも突出して多いのが「カレンダー」で71.9%。
次いで「手帳」が14%、さらに「タオル・手拭い」の7%などが続いている。

時代が変わっても、手土産を持ってごあいさつという、日本ならではのビジネスシーンは変わらない様子。

ところが、あいさつする側、される側の本音を聞いてみたところ、あいさつする側は、56.3%が「積極的に行いたい」と答えたのに対し、あいさつされる側は「やめてほしい」などと感じている人が6割近くにのぼっている。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

年末年始 あいさつ回りに世間の反応は?

営業ですが別に行く方も別に行きたくて行ってる訳じゃない!
(営業は皆、先方事務員の困り顔には気づいてますけど)

「メールで」そんな失礼な事、営業と言うより人として出来ません。
来て欲しくないなら11月の段階で、それこそメールで通知して欲しい
ですね! (年始挨拶不要です)とか
こっちだって忙しい中、年中御世話になった顧客に挨拶に
伺っているんです。
御互い様ではないでしょうか?

 

 

される側の立場としては、年末年始の忙しい時に訪問されると仕事が中断してしまうのでメールでいいと思ってしまう。

 

 

とはいいながら天秤にかけた時に頻繁に挨拶に来てくれた方に軍配が上がる事があるだろうに。

 

 

それこそ働き方改革の材料です。ムダな仕事はどんどんカットした方が良い。

 

年末年始あいさつ回りは迷惑。

 

年末に仰々しく挨拶に来て、何日もたたないうちにまた新年の挨拶とやらで来る。日本の商慣習に縛られる営業マンは本当に大変だなと思う。

スポンサーリンク

年末年始 あいさつ回り おわりに

年末年始で仕事が忙しいときに、

あいさつ回りで中断されるので、

される側は困る、

というのはよくわかります。

今後このような商習慣は、

だんだんとなくなっていくのではないでしょうか?

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント