竹村健一 死去がヤバい!死因は?懐かしいCM動画は?タモリがモノマネ

社会
スポンサーリンク

評論家・竹村健一が死去しました。

死因は?

彼のCMや番組など、

懐かしの動画を集めました。

スポンサーリンク

竹村健一 死去

  出典headlines.yahoo.co.jp

竹村健一 死去のニュースは、次のように報道されています。

 本紙正論メンバーで第5回正論大賞を受賞した評論家の竹村健一(たけむら・けんいち)さんが8日、多臓器不全のため89歳で死去した。葬儀・告別式は近親者で行った。

昭和5年、大阪市生まれ。京都大英文科卒業後、フルブライト留学生として米エール大、シラキュース大大学院で学ぶ。帰国後、「英文毎日」記者、山陽特殊製鋼調査部長、追手門学院大助教授を歴任した。

42年、カナダの文明批評家、マクルーハンのメディア論を日本に紹介して一躍有名に。54年から平成4年までフジテレビ系で放送された時事番組「竹村健一の世相を斬る」の司会を務めるなどテレビ、ラジオのトーク番組に精力的に出演し、“電波怪獣”の異名を取った。関西弁とパイプをトレードマークに、「日本の常識は世界の非常識」など数々の流行語を生み出した。

平成元年、貿易摩擦に端を発する日米相互バッシングへの警鐘など、豊かな国際感覚に基づいた言論活動で第5回正論大賞を受賞。出世作「マクルーハンの世界」をはじめ、著書は数百冊にのぼる。自ら監修した「これだけ手帳」の販売など、実業も手がけるマルチ人間としても知られた。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

竹村健一 死因は?

評論家の竹村健一さんは、多臓器不全のため都内の病院で死去しました。

89歳でした。

京都大卒業後、1955年から約8年間、毎日新聞大阪本社の「英文毎日」編集部で勤務しました。

報道やバラエティーなどのテレビ番組に出演。

パイプを片手に「だいたいやねえ……」と切り出す独特な関西弁で人気を集めました。

手帳を片手に「奥さん、ぼくなんか、これだけ」という決めぜりふも話題になりましたね。

スポンサーリンク

竹村健一 「だいたいやね」

竹村健一と言うとパイプを片手に「だいたいやねえ……」、

というセリフが記憶にあります。

たとえばこの動画です。

特徴あるしゃべり方で、

モノマネの対象になりやすく、

タモリもモノマネしています。

徹子の部屋での竹村健一のモノマネをするタモリの動画です。

スポンサーリンク

竹村健一 懐かしのCM MSシュレッダー「これだけ」

竹村健一と言うと、

CMに良く出ていたイメージがあります。

一番有名なのは「MS シュレッダー」での「わたしなんかこれだけでやってますよ、これだけ」

というセリフ。

あとはキッコーマンの「デリシャスソース」もかすかに見た覚えがあります。

こちらの動画を見てみましょう。

 

振り返ってみるとCMに沢山出ていますね。

 


スポンサーリンク

竹村健一 晩年の動画

竹村健一さんの2017年に出演した動画があります。

一瞬誰だかわかりませんでした。

 

スポンサーリンク

竹村健一 死去に世間の反応は?

スポンサーリンク

竹村健一 死去 おわりに

竹村健一、そう言われると最近、お見掛けしませんでした。

80年代から90年代にかけてTVに良くでていて、

政治から経済まで独特の関西弁でキリまくる評論家でした。

強面のイメージがありましたが、バラエティー的なノリも受け入れる方で、

TV時代にマッチした新しいタイプの評論家だと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント