麻丘めぐみ 引退真相が話題になっています。 昭和の芸能史の裏が語られました。

芸能
スポンサーリンク

麻丘めぐみ 引退真相が話題になっています。

昭和の芸能史の裏が語られました。

スポンサーリンク

麻丘めぐみ 引退真相

麻丘めぐみ 引退真相のニュースは、次のように報道されています。

麻丘めぐみさん(64)といえば、誰もが認める、70年代初頭の日本のアイドル創成期を築いた“アイドル第一期生”のひとり。『わたしの彼は左きき』などヒット曲を連発し、72年のレコード大賞では、並みいるライバルをおさえて最優秀新人賞を受賞する活躍ぶりだったが、わずか6年の活動の末、結婚とともに芸能界を引退。直後に、1女のママになっていた。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

麻丘めぐみ デビューのきっかけは、お金?

麻丘めぐみの若かりし頃の動画をまずは見てみましょう。

麻丘さんの芸能界入りは、幼稚園の頃から劇団で活動していた姉が繋いだ縁きっかけだった。本人の希望というよりも、生活のため、そして家族のために始めたという。

ところが、72年にデビュー曲の『芽ばえ』が大ヒット。続けて『わたしの彼は左きき』で50万枚の特大ヒットを記録し、紅白歌合戦の出場も果たす。

「周囲の大人たちは喜んでいましたが、私が授賞式で思ったのは『この賞を姉がもらっていたら、どんなに母が、家族が喜んだろう』ということでした。(当時の)アイドルは、トイレにもいかないと言われていた時代。取材もトークはなしで、撮影のみ。記事は、編集部がアイドルっぽく作ってくれるんです」

苦笑する麻丘さん。しかし昭和アイドルを取り巻く狂騒ぶりは、笑い事では済まないことも多かった。

「男の人と口をきいてはいけない、一人で出歩いてはいけない、などは序の口。男性アイドルは、ちょうど新規御三家の時代。五郎さんや秀樹さんと共演後、彼らのファンの女のコたちから、テレビ局に入るときに、頭にチューインガムを付けられたことも一度や二度じゃありません。いまだにトラウマで、セーラー服の集団を見るとウッとなるっていうか(笑)」

スポンサーリンク

麻丘めぐみ 動画 引退の真相は?

華やかな姿しか世間には知られていませんが、

麻丘めぐみは警察沙汰になったり、

ひどい仕打ちがあったようです・・・

 

「念願のお風呂付きの家に引っ越してすぐの時でした。2階の自分の部屋で目覚めたら、目の前に見知らぬ男の人の顔があって。ワーッと叫んだら彼は逃げたんですが、結局捕まった。しかし、事情聴取では、警察側から『あなたの評判も、ファンである彼の将来もあるから穏便に』と言われて、被害届も出せなかった。私の心の傷はどうなるのと思いながら、芸能人はつらいなぁと痛感していました。でも、それよりつらかったのは、やっと自分の力で買った家から引っ越さねばならなかったことです」

追い討ちをかけるように、3メートルの高さの舞台セットから転落し、半年間の休業を余儀なくされる事故も起きてしまう。

「まず舞台監督がダーッと駆け寄ってきて、倒れている私に『歌えー、出ろー』と。腕などの骨折がわかって救急病院に運ばれたあとも、3回目の公演には『車いすで出ろ』と言われて、痛み止めを打って車いすで歌いました」

どうやったら、このアイドル生活から抜け出せるか。気づけばそんなことばかり考えるようになっていた麻丘さんは、22歳でテレビ局ディレクターと結婚して引退した。

どうやら麻丘めぐみの引退の真相は、

辛いアイドルを辞めたかった、

そのために結婚したようです。

スポンサーリンク

麻丘めぐみ 旦那は誰?

周囲の反対を押し切って、麻丘めぐみは当時フジテレビプロデューサーだった渡辺光男と結婚しました。

渡辺光男は夜のヒットスタジオなどの歌謡ショーを担当していました。

後に担当した番組も含めると代表作は「夜のヒットスタジオ」「スターどっきりマル秘報告」「FNS歌謡祭」「日本歌謡大賞」、ドラマ「振り返れば奴がいる」「しゃぼん玉」など。

 

その後、麻丘めぐみは女児を出産し、一時、芸能界を引退します。

しかし1983年に協議離婚、娘は麻丘めぐみが親権をもちました。

離婚理由は渡辺光男の浮気と言われています。

スポンサーリンク

麻丘めぐみ 引退真相に世間の反応は?

麻丘さんとか、ピンクレディーとか、昭和のアイドルのエピソードにはシャレになっていないものが多いよね。もうコンプライアンス無視どころか、人権無視、みたいな。
たしかピンクレディーのケイちゃんも、盲腸の手術直後の絶対安静の状況下で、強引にステージに復帰させられたりとか。
凄い時代だったな、昭和は。

 

栄光の裏ではいろんな事が合って辛いアイドル時代を過ごしてきたのですね。私は子供だったのでそんな大人の事情など全く知らなかった!いつもTVで応援していた。これからは好きな様に生きて頂きたいと思います。

 

70~80年代のアイドルの話はシャレにならないし
芸能界の闇を感じますよね。
ピンクレディー・キャンディーズが特に酷かった?過酷なスケジュール
殆どの方が被害にあっている盗難事件
岡田奈々さんの監禁事件
松田聖子さんのコンサート中の殴打事件
岡田有希子さんの自殺事件
中森明菜さんの自殺未遂事件
田村英里子さんの宿泊ホテル不法侵入乱暴事件
渡辺美奈代さんの自室玄関放火事件
浅香唯さんの自宅不法侵入殺人未遂事件。。。

 

デビュー曲の「芽ばえ」いい曲だったな。
というか、初々しくて最高に可愛かった。
当時、大ファンでした。

 

肺炎にかかって
入院せねば死ぬと言われながらも
原稿の締め切りに間に合わせた漫画家さんも知ってます
昔はそういうことも多々あった気がします

 

あの時代、目まぐるしくアイドルがデビューしては消えた。
浅丘めぐみは休養中に人気がなくなり、引退のイメージ。
天地真理があの時代の象徴かな……..

 

どんどん、あの時のアイドルがカンバックして欲しいですね。歌番組がほとんどない今の時代そして歌より可愛さだけの時代、数十年先に思い出の曲ってなると、とうなるんだろうって思います
私は現在57才ですが、ほとんどテレビは見ません。見る価値がないですね。大笑い達が視聴者に何を伝えたいのかわかりません。
ドラマも殺人事件ばっかり、昔みたいに感動して涙を流すようなドラマがありません。
キャンディーズの伊藤欄さんも復活リリースされたし、私のような年齢は嬉しいです。

 

今も美しく、良い年の重ね方をしていらっしゃる印象です。

 

今の時代なら舞台監督は追放されてるだろう

 

いや、違うだろ。
左利きのあとは、飽きられて売れてなかっただろ。しばらくしたら百恵、淳子が売れたし。
居場所ないから引退したんじゃねーか。

 

本物の美人って打たれ弱い。芸能界はちょっと人格に問題あるくらいがちょうど良いのかも。

 

昭和の頃は世の中全てブラック企業。
根性論で馬車馬のように働いてた。

スポンサーリンク

麻丘めぐみ 引退真相 おわりに

何も知らずに見ていましたが、

やはり昭和の芸能界は普通じゃないですね。

アイドル、特に女性アイドルは消耗品のように扱われていましたね。

山口百恵も7年半の活動で、21歳で結婚引退しています。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント