市川染五郎 コンプレックスがヤバい!アニメ映画でアフレコも

芸能
スポンサーリンク

市川染五郎のコンプレックスが話題になっています。

アニメ映画の声優に初挑戦の八代目のコンプレックスとは?

スポンサーリンク

市川染五郎 コンプレックス

市川染五郎 コンプレックスのニュースは、次のように報道されています。

歌舞伎俳優の市川染五郎さんが3月23日、東京都内で行われた劇場版アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」(イシグロキョウヘイ監督、5月15日公開)の完成報告会に、女優の杉咲花さん、イシグロ監督と共に出席。主人公・チェリー役で声優に初挑戦した染五郎さんは「声優の仕事も映画に出演するのも初めてで、アフレコをするまで不安だった」と明かし、「不安を乗り越えて作品が完成して皆さんに届く。不安ではありますがお客さまにどんな反応をいただけるか楽しみ」と語った。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

市川染五郎 声優初挑戦もコンプレックスとは?

劇場版アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」で声優した市川染五郎、

実はオファーに戸惑いもあったようです。理由は?

イシグロ監督から手紙でオファーを受けたという染五郎さんは「不安が一番大きかったですけど、監督の手紙に、すごく熱いメッセージが書かれていた」と語り、「自分の声は嫌い(笑い)。でもやるしかない」と覚悟を決めた当時を振り返った。また、父・松本幸四郎さんの反応を聞かれると、「父は試写会に行ってくれたみたいで、『良かったよ』と言ってくれた。(演技については)『監督がいろいろ教えてくださったというのが分かった』と言っていた」と照れくさそうに話していた。

スポンサーリンク

市川染五郎 人見知り

市川染五郎は人見知りのようですが・・・

 今作は、人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年のチェリーと、矯正中の前歯を隠すためにいつもマスクをつけている少女のスマイルが出会い、言葉と音楽で距離を縮めていく様子が描かれる。

チェリーもスマイルもコンプレックスを抱えており、染五郎さんは「自分も人見知りで、人とのおしゃべりが苦手なところが似ている。俳句という自分の一番好きなものがしっかりあって情熱を秘めている。自分も歌舞伎を大好きでやっているので通じる部分があった」とコメント。杉咲さんは「私も前歯が出ていて共感できる(笑い)」と役への思いを明かし、「映画を見ると、自分にとってコンプレックスとか恥ずかしいとか見られたくないって思う部分も、誰かからすれば、憧れだったりうらやましかったり、すてきだよって思われたりする。スマイルを通して勇気をもらいました」と話していた。

スポンサーリンク

八代目市川染五郎 父は?

父親はこちら、七代目市川染五郎で、現在の十代目松本幸四郎です。

妹が松たか子の人ですね。

八代目市川染五郎のプロフィールです。

2018年1月に市川染五郎を襲名しました。

八代目 市川 染五郎(はちだいめ いちかわ そめごろう)
屋号 高麗屋
定紋 三つ銀杏 Mitsu Ichō inverted 2.jpg
生年月日 2005年3月27日(14歳)
本名 藤間齋
出身地 東京
血液型 AB型
祖父 二代目松本白鸚
父 十代目松本幸四郎
母 藤間園子
兄弟 松田美瑠(妹)

 

また、この日は、27日に15歳の誕生日を迎える染五郎さんがサプライズで祝福される一幕も。今春、高校に進学する染五郎さんは「数学が苦手なので頑張りたい」と抱負を語っていた。

「サイダーのように言葉が湧き上がる」は、アニメ関連の映像や音楽を制作するレーベル「フライングドッグ」の設立10周年を記念した劇場版オリジナルアニメ。監督は「四月は君の嘘」などのイシグロさんが務め、「ひるね姫~知らないワタシの物語~」などのシグナル・エムディとCG制作会社のサブリメイションが製作する。バンド「never young beach」が主題歌、シンガー・ソングライターの大貫妙子さんが劇中歌を担当し、神谷浩史さん、坂本真綾さん、山寺宏一さん、花江夏樹さん、井上喜久子さんらも声優として出演する。

スポンサーリンク

市川染五郎 公開アフレコ

「サイダーのように言葉が湧き上がる」は以前に公開アフレコもやっていました。

動画はこちらです。

公開は5月15日になります。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント