梶原イジり騒動 主催者謝罪、カジサックに怒りのツイート

芸能
スポンサーリンク

キンコン梶原と宇野常寛氏のバトルに、

終止符が打たれそうです。

イベント主催者側が騒動について、

謝罪をしました。

 

このバトル、そもそもどういった騒動か解説します。

スポンサーリンク

梶原イジり騒動 主催者謝罪、こんな事件だった

キングコング梶原は最近、カジサックというユーチューバーになりました。

それからというもの、

よくネットを騒がせていますが、

今回の騒動はちょっと毛色は違うようです。

今回の騒動の記事は次のように伝えています。

お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(38)に対して評論家の宇野常寛氏(40)が「失礼な絡みをされた」と激怒している問題で、2人が共演したイベント「ホリエモン万博」の主催者が8日、公式ツイッターを更新。騒動の原因を説明し、2人をはじめとする関係者に謝罪した。
出典headlines.yahoo.co.jp

事実を箇条書きで説明しますね。

・キンコン梶原、宇野常寛が「ホリエモン万博」のイベントで共演した

・キンコン梶原のいじりをに腹を立て、宇野常寛が途中で帰った

・ツイッター上で、二人がバトルし合う騒動になった

・「ホリエモン万博」主催者が、主催者側の落ち度を謝罪して、騒動の収拾に動いた

ざっとこんな感じの流れになります。

 

では、いったいどんなツイートをしていたか、

見てみましょう。

スポンサーリンク

梶原イジり騒動 主催者謝罪、激怒して帰るまで

評論家の宇野常寛氏のツイートを順番に見ていきましょう。

 

 

イベントの途中で帰った!とのツイートから始まりました。

この失礼な態度が、

キンコン梶原さんの事です。

 

ゲームで宇野常寛氏が負けたことに、

キンコン梶原さんが執拗にいじり、

それを宇野常寛氏がいじめと感じて、

怒ってイベント途中で帰ったという展開です。

 


イベントの時点で、

キンコン梶原さんから「形式的な」謝罪があったようです。

 

でも、この謝罪を言い訳ととらえて、

宇野氏は受け入れていません。

スポンサーリンク

梶原イジり騒動 主催者謝罪、梶原にはガッカリ

 


宇野氏はこの騒動にさらに油を注ぎます。

 

キンコン梶原さんのやっていることは、

テレビでやっていることと同じで、

ユーチューバーカジサックの存在意義を否定しています。

 

そもそも、キンコン梶原さんって、

いじる側ではなく、いじられ役だったはずで、

いじりが得意とは思えません。

 

素人だったら自分で回せると思ったのでしょうか。

スポンサーリンク

梶原イジり騒動 主催者謝罪、空気を読むな

個が場の空気を壊さないように我慢するのではなく、

自分を殺さなくていいんだ、

イヤならイヤで良いと、

宇野氏は主張しています。

 

お笑いの流れにのって、

安易に自分を殺すと、

結局自分が築き上げてきた主義主張も安っぽいものになりますよね。

 

特に評論家がお笑いの空気に迎合してはいけません。

 

 

スポンサーリンク

梶原イジり騒動 主催者謝罪、一転「謝罪しない」

 

その後、キンコン梶原さんは、「謝罪しない」と連絡してきました。

 

おっと、一度謝っておいて、今度は謝らないってどういうことでしょうか。

 

こういう芯の無い態度が、キンコン梶原さんが信用されない所だと思います。

 

キンコン西野さんの方は、

逆に自分の主張を曲げない、

態度を誰に対しても変えないことで、

信用を得ています。

西野亮廣「革命のファンファーレ」を読んで、常識をひっくり返せ

スポンサーリンク

梶原イジり騒動 主催者謝罪、さらに関係が悪化

その後、宇野氏には否定的なコメントが殺到します。

そして、次のような投稿がありました。

宇野氏はその日あったことを語ります。

ここは箇条書きでまとめますと、

・カジサックが宇野チームをバカにしてきたので、「自分より弱そうだとマウント取るやつは嫌い」と釘を刺した

・とは言え、カジサックのノリに合わせてゲームをした

・縄跳びのときに失敗し、ここぞとばかりにカジサックがこき下ろした。

・いじめだと思い怒ったら、形式的あやまったが、カジサックは「みんなが面白くなりると思っていじった」と開き直った

・宇野氏、帰る

スポンサーリンク

梶原イジり騒動 主催者謝罪、まとめ

結局、主催者側が今回の騒動の原因は、

主催者側にあるとして謝罪しています。

 

つまり、

・対談の予定が運動会に急遽変更した

・キンコン梶原のブッキングも後からだった

・事前にちゃんとした打ち合わせをしなかった

と企画側がバタバタしていたせいだと謝罪しました。

 

お笑い同士ならなんてことないいじりだってかもしれませんし、

気心知れた同士なら良かったかもしれません、

また打ち合わせをして信頼関係ができていれば

良かったかもしれませんが、

今回はすべて裏目に出たようです。

 

評論家としてやっている以上、

お笑いに付き合うことで、

自分の寄るアイデンティティが危うくなったら、

このような騒動になってもおかしくないと思います。

 

同調圧力を無視しろ、と言う宇野氏の主張は、

とても参考になるツイートでした。

コメント