「彼女はキレイだった」3話のネタバレ&感想【あらすじ】

TV番組・映画
スポンサーリンク

中島健人と小芝風花の「彼女はキレイだった 」第3話のネタバレ感想、あらすじをまとめました。

スポンサーリンク

「彼女はキレイだった」3話のあらすじ

 

今夜放送の第3話では、宗介(中島健人)が提案したジェームス・テイラーとのコラボ企画を成立させ、そのお祝いを兼ねて編集部で食事に行くことになる。しかし、会社に残業していた愛(小芝風花)は、ファッション誌「ザ・モスト」が廃刊の危機にある事を宗介が電話で話しているのを聞いてしまう…。

引用https://www.ktv.jp/kanokire/

スポンサーリンク

「彼女はキレイだった」3話のネタバレ

酔っぱらって電話で子供の頃の自分を、宗介に打ち明けたシーン、又ドラマのトラップにひっかかった。なんと、スマホの通話を樋口が切ってからの発言だったというオチ。しかし樋口は、しっかりと愛と宗介の関係を知ってしまう。

 

しかし彼は愛に好意を持っているために秘密にしていてくれる。そして愛は、採用された会社の仕事を誠意いっぱいにこなすが、宗介に雑用とアシスタントは違うと諭される。アルコールにめっぽう弱い宗介、たった一口のウーロンハイでダウンして、自宅まで愛と同僚が運んでいく。

 

その時にパズルの1ピースだけ残した思い出の品を発見。そして愛は実家で、その1ピースを見つけ大切に手帖に入れて出る。残業中の愛に、自分の可能性をなぜ信じないのか?と昔の愛に言われた言葉を常に励みにしてきたことを語る。

 

可能性を信じるのはタダ!だったら可能性を信じてと。愛の気持ちと宗介の気持ち、樋口のプロポーズは愛に聞き流されてしまい、理沙(佐久間由衣さん)は宗介に惹かれていく自分を止めるために、ジョギングで知り合った樋口に婚約者のフリを依頼する。

 

その待ち合わせ場所に雨の中向かう宗介は、バイクの事故現場に遭遇してしまい、自分の母親が亡くなった時のことを思い出し、茫然としているところに愛が通りがかり、子供の時のように「大丈夫」と傘になって宗介を庇うことで、常に二人の過去がリンクしてくるシーンが印象的でした。

スポンサーリンク

「彼女はキレイだった」3話の感想

スポンサーリンク

「彼女はキレイだった」を無料で観る方法

「彼女はキレイだった」は、動画配信サービス「U-NEXT」を使えば無料で視聴できるのです。

 

U-NEXTは見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信していますが、動画だけではなくマンガやラノベ、雑誌読み放題の配信をしています(2021年2月時点)。

 

「31日間無料トライアル登録」を利用すると、月額プラン2,189円(税込)が31日間無料で、600円分のU-NEXTポイントがもらえます。

 

「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。

 

無料でもらえる600円分のポイントを使って、マンガの最新作やアニメ、映画を無料で楽しむことができるのです。

 

解約はトライアル期間中ならいつでもOKです。料金は発生しません。

 

こちらが2021年7月現在配信されているドラマの一部です。

 

U-NEXTに登録すれば、今すぐに見放題のアニメや映画、そしてポイントを使えば漫画やラノベなども閲覧できます。

登録には電話番号なども不要で3分あれば終わりますし、1ヶ月以内に解約すれば1円もかからないので、今すぐU-NEXTで視聴してみてください。

 

 

TV番組・映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント