「八月は夜のバッティングセンターで。」3話のネタバレ&感想【あらすじ】

TV番組・映画
スポンサーリンク

関水渚と仲村トオルの「八月は夜のバッティングセンターで。」第3話のネタバレ感想、あらすじをまとめました。

スポンサーリンク

「八月は夜のバッティングセンターで。 」3話のあらすじ

 

今井果林(武田玲奈)は和食屋で職人として修業を始めて1年経つが、手際が悪く先輩から怒鳴られる毎日。だが和食の可能性を広めるためにこの世界に入った果林は気にも留めない。バッティングセンターでも、最初から一流のフォームを真似しようとするがうまく打てず、イライラを募らせる。夏葉舞(関水渚)と伊藤智弘(仲村トオル)が話を聞くと、「下積みは不要」だの店の文句ばかり…。
考えの甘さに野球論を語り始める。

 

引用https://www.tv-tokyo.co.jp/hachinai89/story/03.html

スポンサーリンク

「八月は夜のバッティングセンターで。」3話のネタバレ

料理ぐらいしたら?あなた女子力0よ、と母親に言われて、明日は私が料理を作るよ!と言った関水さん。とても料理が作れるとは思えない。仲村さんに相談すると、人には向き不向きがある、お前は料理に全く向かなかっただけだ、諦めろ!と、アドバイスにも何もなっていない返答。

 

そして、今回は料理の世界に飛び込んだ女性、専門学校時代は成績が良かった、クリエイティブな仕事と一人前のことを言い、下ごしらえなどに興味を示さない。そんな彼女はスカッとしたくてバッティングセンターに初めて訪れる。

 

動画を見てスイングはほぼ完璧にマスターしたが、実際には打てない。形布だけ、上辺だけ、そして職人だと仲村さんに見透かされる。親方や先輩の愚痴、自分の才能を訴える発言、それを聞いた仲村さんの「life-is-baseball」で、又異空間い彼女は導かれる。

 

黙々と練習する千本ノックのキャッチング。料理の世界でも、下積みに意味がある。根性が違う、一本一本丁寧に対応している。それがプロだ、見栄なんて必要ない。

 

傍から見れば根性論、本人にとっては方法論という言葉は、重いです。そして厨房に戻った彼女は基礎からの習得を決意し、先輩に早く上達しないとせっかくの個性が台無しだぞ?と励まされ仕事の取り組みが変わる。関水さんにも、抱えている問題がある。それは、野球のことなのか?

スポンサーリンク

「八月は夜のバッティングセンターで。 」3話の感想

スポンサーリンク

「八月は夜のバッティングセンターで。」を無料で見る方法

「八月は夜のバッティングセンターで。」は、動画配信サービス「Paravi」を使えば無料で視聴できるのです。

 

Paravi(パラビ)は国内最大級のドラマアーカイブ数の動画配信サービスで、

 

会員登録から14日間は会費が無料で視聴できるのです。

 

14日を過ぎると、月額1017円(税込)です。

 

こちらが2021年7月現在配信されているドラマの一部です。

 

「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。

 

無料でもらえる600円分のポイントを使って、マンガの最新作やアニメ、映画を無料で楽しむことができるのです。

 

解約はトライアル期間中ならいつでもOKです。料金は発生しません。

 

こちらが2021年7月現在配信されているドラマの一部です。

 

 

Paraviに登録すれば、今すぐに見放題のドラマやアニメ、映画が視聴できます。

登録には電話番号なども不要で3分あれば終わりますし、2週間以内に解約すれば1円もかからないので、今すぐParaviを視聴してみてください。

 

TV番組・映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント