「彼女はキレイだった」2話のネタバレ&感想【あらすじ】

TV番組・映画
スポンサーリンク

中島健人と小芝風花の「彼女はキレイだった 」第2話のネタバレ感想、あらすじをまとめました。

スポンサーリンク

「彼女はキレイだった」2話のあらすじ

 

今夜放送の第2話では、宗介(中島健人)がライバル誌・ルナに勝つため海外の一流デザイナー ジェームス・テイラーとのタイアップ企画を準備する。ジェームス・テイラーとのアポイントを取ることができた宗介だったが、交渉の時間は帰国前の1時間のみ。交渉に使用するジェームス・テイラーのアーカイブと共に空港へ向かう宗介と愛(小芝風花)。しかし、あるトラブルが発生する…!?

引用https://www.ktv.jp/kanokire/

スポンサーリンク

「彼女はキレイだった」2話のネタバレ

小学校の頃の自分を隠し、初恋の相手とファッションデザイン誌の仕事をする愛。しかし、今までファッションなどに縁がなかったために、専門用語がわからない。持ち前のバイタリティーで猛勉強して、ファッション知識を身につけていくが、宗介からは相変わらず「総務部」と呼ばれている。

 

宗介がイタリアのデザイナーと1時間だけ空港でアポイントが取れて、彼のデザインした衣類などを持って空港に向かう宗介は、荷物持ちに愛を指名しタクシーに乗る。愛は、成田でいいんですよね?と、再三聞くがタブレットに集中している宗介には聞こえていない中、途中で成田に向かっていることに気付いた宗介は、羽田だ!と。

 

愛はタクシーを誘導して羽田に直通で乗り入れている京成線に宗介を乗せて、自分は荷物と共にタクシーで羽田へ。羽田空港のロビーで、タブレットばかり観ていないで人を見て!と、初めて本音を口にする。

 

仕事帰り樋口演じる赤楚衛二さんと飲みに行き、愛は樋口の優しさを知り樋口は愛の人柄を知る。同じころ宗介は、愛の代理を演じている佐久間さんと、幼馴染の時間を共有し、お互いに気持ちが軽くなっていた。その宗介に愛から電話が、酔っぱらった勢いで、自分が同姓同名ではない同じ小学校だった佐藤愛だ!と告げてしまう。4人の感情がもつれ合い、2人の子供の頃からの想いが交錯します。

スポンサーリンク

「彼女はキレイだった」2話の感想

スポンサーリンク

「彼女はキレイだった」を無料で観る方法

「彼女はキレイだった」は、動画配信サービス「U-NEXT」を使えば無料で視聴できるのです。

 

U-NEXTは見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信していますが、動画だけではなくマンガやラノベ、雑誌読み放題の配信をしています(2021年2月時点)。

 

「31日間無料トライアル登録」を利用すると、月額プラン2,189円(税込)が31日間無料で、600円分のU-NEXTポイントがもらえます。

 

「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXTポイントを使って視聴できる作品で、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。

 

無料でもらえる600円分のポイントを使って、マンガの最新作やアニメ、映画を無料で楽しむことができるのです。

 

解約はトライアル期間中ならいつでもOKです。料金は発生しません。

 

こちらが2021年7月現在配信されているドラマの一部です。

 

U-NEXTに登録すれば、今すぐに見放題のアニメや映画、そしてポイントを使えば漫画やラノベなども閲覧できます。

登録には電話番号なども不要で3分あれば終わりますし、1ヶ月以内に解約すれば1円もかからないので、今すぐU-NEXTで視聴してみてください。

 

 

TV番組・映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント