軽自動車 ナンバー 色がヤバい!黄色の理由は?白ナンバーって?優遇措置撤廃?

社会
スポンサーリンク

軽自動車のナンバーの色はなぜ黄色?

最近、どうして白ナンバーの軽が増えたの?

軽の白ナンバー化は、優遇措置の撤廃につながる?

スポンサーリンク

軽自動車 ナンバー 色

軽自動車 ナンバー 色のニュースは、次のように報道されています。

 

 自家用軽自動車には、黄色地に黒い文字のナンバープレートが使われます。2019年現在、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」として、軽自動車でも白地のものが取得できますが、そもそも、かつて軽自動車のナンバープレートは白地でした。

1975(昭和50)年以前における自家用軽自動車のナンバープレートは、白地に緑の文字で、「小板」と呼ばれる現在よりひと回り小さなものが使われていました。国土交通省 自動車情報課によると、軽自動車ナンバーにおける分類番号(いまのナンバープレートでいう地名の右側の小さな数字で、自動車の種類を示す)の2ケタ化にともない、現在のサイズの黄色いナンバープレートに変更されたといいます。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

軽自動車 ナンバー 黄色の理由

軽自動車は黄色ですが、

なぜ黄色になったのでしょうか?

元々は白でした。

プレートが黄色になったのは、高速道路などにおける視認性が考慮されたようです。ナンバープレートの業界団体である全標協(全国自動車標板協議会)は、次のように話します。

軽自動車は高速道路料金が普通車よりも安いうえ、当時は最高速度も普通車より20km/h低い80km/hに制限されていたため、料金所などでわかりやすいよう、ナンバープレートで普通車と区別すべきだ、となったそうです。普通車ナンバープレートの『白と緑』という組み合わせも、目視しやすい色として使われていましたが、その次によいとされたのが『黄色と黒』の組み合わせだったと聞いています」(全標協)

スポンサーリンク

軽自動車 ナンバー 白

しかし最近、

ETCの普及や、

軽自動車の性能向上で、

軽自動車を区別する必要がなくなってきたため、

白地のバージョンも出てきました。

どうやったら白地になるの?

「オリンピックナンバー」や、それに先立ち交付された「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」(現在は申し込み受付終了)で「軽自動車の白ナンバー」が登場した背景には、普通車と軽自動車の区別をしやすくする必要性が低くなったことが挙げられます。

「ラグビーナンバー」で初めて「軽自動車の白ナンバー」が登場した当時、国土交通省 自動車情報課は「軽自動車用はあくまで黄色が標準」と話していました。普通車と同じように白地になったことについては、「デザインがたまたま白地だったから」とのこと。現在のところ、「オリンピックナンバー」の終了後に「軽自動車の白ナンバー」が交付される予定はありません。

ちなみに、「オリンピックナンバー」における「軽自動車の白ナンバー」(自家用軽自動車用「図柄なし」ナンバープレート)の申し込み件数は、国土交通省 自動車情報課によると、2019年11月末時点で118万6547件に達しているそうです。申し込みは2020年9月まで受け付けられます。

出典headlines.yahoo.co.jp

軽自動車の白ナンバーは期間限定で、

2020年9月まで受付しているので、

軽自動車を購入する方は、

白にしたい旨を申し込む必要があります。

スポンサーリンク

軽自動車 ナンバー 色に世間の反応は?

ひき逃げや当て逃げなどの場面を目撃した人が車に疎かったら、メーカーや車種まで分からないかもしれない。でも、ナンバーが白だったか黄色だったかだけでも記憶にあれば、その後の捜査に大きな影響を与えられると思うが、軽自動車まで白ナンバーが増えてしまってはそれも期待できなくなる。軽自動車は黄色ナンバーのままの方が良い。

 

ラグビー、オリンピックで白ナンバーにできるなら、もう白ナンバーに統一すればいいじゃないかな。

 

新しい軽自動車はデザインが良くなって白ナンバーだと普通車と変わりないと思います。
それって軽自動車税をもっと上げたいが為に普通車とあまり変わらないですよって国の施策なんですかね。
期間限定のようですが、軽自動車税増税の見返りに白ナンバー交付にならなければ良いのですが。。。

 

視認性の悪いご当地ナンバーを考え直したほうがいい。
イラストを入れていい部分とダメな部分を明確にするべき。

 

もしかしたら、軽と普通の区別が付きにくくなったとか言って軽自動車の通行料値上げする為の前振りでは?
首都高ではバイクを区別しにくいと軽と同じ料金だった時代もあるし。

 

話がズレるが、ご当地ナンバーや記念ナンバーの中には、番号の瞬間的な判読性を著しく阻害するデザインのものがある。
あれは「逃走車両の判別のために軽は黄色ナンバーのままがよい」という意見と同じくらい、大切だし改善されるべき問題だと思う。

 

軽自動車の枠をなくして、重量だけで税金決めるようにするべきだと思う。道路にかける負担という点で公平だろ。
でかいエンジンでも燃費がいいものがあるし、電気自動車なんてものもあるんだから、環境負荷に対する燃費云々はガソリン代で反映させればよい。

 

そろそろ登録車と軽自動車の棲み分けはやめるべき。
排気量と重量で税額を決めるシンプルな方法にすればよい。
軽自動車協会と軽自動車検査協会がいらなくなって、行政のムダが減る。

 

軽自動車は小さい分実際より距離が遠く見えてしまう。事故防止の観点から、ナンバープレートの色を普通車とは変えてほしい。

 

それにしても今の軽自動車は性能が上がりましたね
高速道路のきつめの登板路でも
法定最高速度で上がっているのを
普通に見かけますね
昭和ではありえなかった話ですかね
ナンバーは今の制度のままで
良いと思います

スポンサーリンク

軽自動車 ナンバー 色 優遇措置撤廃の第一歩?

もう黄色である理由がなければ、

色も統一で良いと思いますが、

軽自動車の高速料金の優遇措置の撤廃にもつながるのでは?

という見方も浮かびます。

 

これだけ軽自動車が増えて、

性能も上がれば、

登録車と同じ扱いでも良いのでは?

という意見ですね。

まさかナンバーの色でそこまで?

とも思いますが・・・どうでしょうか?

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント