古賀稔彦 なぜ死因が公表されないのか?

スポーツ
スポンサーリンク

柔道の金メダリスト古賀稔彦さんがお亡くなりになりました。53歳という若さでの死去に驚きが走りましたが、死因が公表されていません。死因が公表されていない理由はまだ一報であり、これから死因が公表されると思われます。

スポンサーリンク

古賀稔彦 死去のニュース

1992年(平4)バルセロナ五輪柔道男子71キロ級金メダルの「平成の三四郎」こと古賀稔彦氏が死去した。ニュース記事や、動画、ツイッターでも古賀稔彦の死去を報じています。

スポンサーリンク

古賀稔彦 死因はガン?

古賀稔彦さんを検索すると、「病気」「ガン」というワードが目立ちます。

 

なぜ古賀稔彦さんに病気というワードが結びつくかと言うと、古賀稔彦さんは幼少期は病弱な子供だったからです。気管支が弱く、年中病院通いをしていた子供でした。何かするとすぐに熱を出してしまい、寝込んでしまう子供時代でした。

 

ただ、子供時代に体が弱いエピソードは屈強なアスリートにもよくある話です。

 

もうひとつ、古賀稔彦さんの死因がガンという説です。これはすでにウィキペディアが死因をガンとしてます。今のところ公式の発表はありませんが、ガンであったというのが大方の見方です。

スポンサーリンク

古賀稔彦 痩せたという声

古賀稔彦さんの最近のメディア出演では、ツイッターの声として「古賀稔彦さんが痩せた」というものがありました。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント