湖池屋 プレミアム路線がヤバい!カルビーとの違いは?

社会
スポンサーリンク

湖池屋のプレミアム路線が話題になっています。

カルビーと湖池屋の路線の違いが明確になってきました。

スポンサーリンク

湖池屋 プレミアム路線

    引用koikeya.co.jp

湖池屋 プレミアム路線のニュースは、次のように報道されています。

 ポテトチップスの老舗、湖池屋の業績改善が目覚ましい。8月9日に発表した2019年6月期は、売上高339億円(前期比5.4%増)、営業利益6.7億円(同145.8%増)と大幅な増収増益で着地した。

牽引役は、プレミアム化を推し進めてきた商品群だ。旗艦商品は2017年2月に発売した「PRIDE POTATO(プライド ポテト)」。日本産のじゃがいもを100%使用し、揚げ方にもこだわった、文字通り湖池屋の「プライド」をかけて開発した商品だ。味付けも日本を前面に打ち出した「秘伝濃厚のり塩」「松茸香る極みだし塩」「魅惑の炙り和牛」の3種類でスタートした。

出典headlines.yahoo.co.jp

こちらはプライドポテトの発表時の動画です。

スポンサーリンク

湖池屋 プレミアム路線の理由は? カルビーとの違い

    引用koikeya.co.jp

ポテトチップスのシェアを見ると、

カルビーが2011年度に63%だったものを、

2018年度には72%にしています。

シェア拡大するために低価格路線を打ち出して、

徐々にシェアを奪っています。

 

そのため湖池屋の業績は低迷していましたが、

キリン出身の佐藤章社長が就任すると、

低価格路線を取らず、

プレミアム商品を出すことで利益確保を狙う路線を進めました。

 

「プライドポテト」はポテトチップスとしては高価格で、

フレーバーに高級食材を使ったことで、

品切れ、販売中止をしたほどです。

 

 「魅惑の炙り和牛」味は一時販売休止に追いこまれるなど、計画を大幅に上回る売れ行きを記録した。折しも2016年の夏に北海道を襲った台風の影響でじゃがいもの収穫量が減少し、商品が欠品する「ポテチショック」も重なったが、「湖池屋の新商品は売れる」という認知が小売店に広がった。

「プライドポテトがヒットしたことで、スーパーなどの小売りが湖池屋に売り場の(どこにどのような商品を並べるかという)棚割り提案を任せてくれることが増えた」(湖池屋のマーケティング担当者)。1袋100円以下で安売りされることも多い定番のポテチに比べ、150円程度(オープン価格のため、小売店によって異なる)と、ややプレミアムな価格帯で、収益をしっかり確保できるプライドポテトは小売店側にとって好材料に映った。

プライドポテトは発売後約5カ月で初年度売り上げ目標の20億円をクリア。初年度は結果的に倍の40億円を売り上げるヒット商品となった。

その後もプライドポテトは2018年10月にはうまみ調味料・香料無添加の商品にリニューアル、日本食材にこだわった商品もシリーズ展開した。さらに、2018年9月にはじゃがいもの素材本来の味わいにこだわった厚切りのポテトチップス「PURE POTATO じゃがいも心地」を発売した。

「プレミアムポテチ」という地位を築きつつある。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

プライドポテト 湖池屋

湖池屋を救ったプライドポテト、

現在はどんな商品が並んでいるのでしょうか?

    引用koikeya.co.jp

現在8種類もあるのですね。

黒毛和牛や重ね茶塩など

変わったフレーバーがありますが、

「本格濃厚のり塩」が気になります。

湖池屋と言えば「のり塩」ですからね!

   引用koikeya.co.jp

スポンサーリンク

PURE POTATO じゃがいも心地

プライドポテトだけではなく、

「PURE POTATO じゃがいも心地」も人気です。

   引用koikeya.co.jp

「じゃがいも心地 オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味」は食べたことがありますが、

旨味があってお酒のつまみにも良い味でした。

スポンサーリンク

湖池屋 プレミアム路線 おわりに

湖池屋のり塩味のファンは多いですね。

カルビーならうす塩、

湖池屋ならのり塩ファンが多いと思います。

 

既存の定番商品とプレミアム商品の構成比は現在約1対1で、

社長は今後、定番商品も安売りはしない路線で行くと言っています。

 

消費者としては、

美味しいポテトチップスをカルビーも湖池屋も供給し続けて、

味で競って欲しいと思います。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント